【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】
DATA No.tz-19

山名:矢筈山
探検日:2004年9月11日

標高:1848m
登山標高差:358.2m

山頂:二等三角点(行政:徳島県三好郡東祖谷山村)

登山時間データ 時刻 時間
落合峠 11:07 0:00 登り
1:48
サガリハゲ分岐 12:21 1:14
矢筈山山頂到着 12:55 1:48
矢筈山下山開始 13:10 2:03 下り
1:35
サガリハゲ分岐 13:36 2:29
落合峠 14:45 3:38

1.出発
9/11の土曜日は数日前では天気予報が曇り時々雨だったが、当日朝確認すると曇りのち晴れに変更。うれしい。
早速、以前から計画していた天神丸へ向けて出発。
これは、冬に入れない剣山スーパー林道に沿った山を早めに登ってしまおうという考え。
美郷から倉羅峠を越え神山へ。その後、雲早隧道経由で剣山スーパー林道へ・・・・・・・・・・・・のはずだったが、
がびょーーーん

道がない・・・・・

雲早隧道手前でまさかの崩落。
ここまで、ここまで来て行き止まりとは・・・・・・(恨むぜ台風18号!!)
(単なる確認不足だが・・・・・)

迂回路を探すも、かなりの大回りとなる。
すっかりやる気のなくなったやましん隊長。神山から石井へ抜けて、お帰りモード。
しかしである。急に天気が回復してきている。青空が俺を呼んでいる。山が呼んでいる。
でも、石井で朝9時。今から他候補の山へ行くには完全に出遅れ状態。

そこで思いついたのが、今後のために、いっぺん東祖谷山村の落合峠を見に行ってみようかと言うこと。
矢筈山を攻める場合、この落合峠から登る。しかしここへの道が非常に悪いらしい。
旅行時間と途中の風呂塔への道も確認するということで、とりあえず落合峠を目指す。

2.落合峠
別に山に登る訳じゃないから、ゆっくり一般道を進む。三加茂から県道44号線を南下。
しかしやっぱり細い。1車線のくねくね山道が続く。
桟敷峠を越え、深淵キャンプ場を越える。いい加減細い道も飽きてくる。
おーーーっと来た来た。ダート道

やましん隊長。今日も2WDのスパシオだが、ものともせず、この1kmほどのダートへ突入。
途中、ゴトーンと底をすること数回。
だが、既に90000km走っているスパシオ。少々底をこすろうが惜しくない。
さらに進む。(実は早く壊れて4WDに買い換えたいのが本音)
落合峠直下の登りからは舗装道路も復活。11時に落合峠到着。

3.登山開始
思ったより早くついてしまった。11時か・・・・・・・
【落合峠】                                          【矢筈山登山口】

矢筈山の登山口がおいでおいでしている。

まだ行けるかも・・・・・・・・。ガイドを見ると矢筈山への登山時間は2.5時間程度か。
往復5時間???
今11時だから4時には降りてこれる。行くべきかやめるべきか・・・・・・・
峠には登山へ出かけた人の車が残っている。うらやましい。昼から天気はよくなる予報・・・・
行くべきか、行くべきか、行くべきか・・・・・・
やっぱり行くべ!!
仮に2時間登ったところで引き返せば3時には帰ってこれるはず。
(などと、後で考えれば、絶対途中で引き返さない性格のやましん隊長。安易な決断)

大急ぎで支度をすませ、11時7分矢筈山へ登山開始。
上空は雲がある。山にはガスもかかっている。まぁそのうちよくなるべ。いこいこ。
目の前の気持ちのよい笹原を登る。結構きつい。振り返ると、あのダートを越えてきたスパシオがかわいく見える。
登り切った笹山から矢筈山を望む。ガスで見えない。(真ん中の一番奥の山が矢筈山。遠い)
笹も深く、腰まである。
【笹山より落合峠を見る】                                 【笹山頂上より登山経路を見る】


ずっと笹原かと思いきや、だまされた。
笹山はすぐに樹林に変わる。見通しが悪くなる。道もくねくね曲がっている。
笹は相変わらず深く、足下が見えない。前日の雨で足下の根っこが濡れ、滑りまくる。
スパッツをはいていたが、すぐにズボンがドロドロ。気持ち悪い。


深い笹、滑る根、急な坂に苦労しつつも12時21分。登り始めて1時間14分。サガリハゲ山への分岐点到着。
やましん隊長。やはりいつものごとく、汗まみれのぼとぼと状態。はっきり言って引き返したい。
【急登で既設ロープのお世話になる】                          【サガリハゲ山分岐の道標】


惰性で登り続ける。
分岐点をすぎると矢筈山がよく見える。矢筈岩も見える。もう少しか????


矢筈山山頂手前20分の地点付近で、下山する年配者3人のパーティーとすれ違う。
やましん隊長と比べ、明らかにズボンが、キレイ。汚れていない。
やましん隊長のズボンは特にサガリハゲ分岐から少し進んだところの斜面で滑りまくりでどろどろ
老人。さすが年の功である。ご教授願いたい。

4.山頂到着
山頂直下もルートがぐにゃぐにゃ曲がっており、赤テープを追いかけるのに一苦労。
それでもなんとか矢筈岩を越え、12時55分。登り始めて1時間48分で矢筈山山頂(1848.48m)到着!!
その傍らに二等三角点(矢筈山)も発見!!
【矢筈山山頂】                                        【二等三角点】


疲れた。
やっと、ガスも晴れてきて、視界が開けてきた。青空も見える。
落合峠から登ってきたルートが確認できる。
【山頂南西のこぶより落合峠を望む】


汗まみれだが、さすがに山頂は風が強く寒い。震える。
大急ぎでおにぎりを詰め込み、矢筈岩へ下る。
ちょっと登ってみよう(オイオイ)
【矢筈岩】                                          【矢筈岩てっぺんの岩へ手をかけるの図】

やっぱり怖ぇーよー
大急ぎで降りて、ここで今回のベストショット。青空に映える矢筈岩!!



5.下山
急速に天候が回復。青空が気持ちいい。
【青空の下の矢筈山頂】                                   【落合峠方面】


こうなると、下りの道も登りとは全然雰囲気が違う。明るくさわやかである。
登りは修行道。下りはピクニックコースである。ランランラン


しかし、思い出した。今日は雨の次の日。滑る滑る。
特に、腰までの笹原を進むときは、足で見えない道を探りつつ歩く。
そして、根っこに滑り、根っこ引っかかり、岩に滑り、穴などのトラップをことごとくヒットしてゆく。
やはり下りもズボンはどろどろさを増してゆく。
【笹が深く足下が見えない登山道:トラップ多し】                   【道はどこだ???】


やっと、やっと帰ってきた。
んっ????車が増えている。


14時45分、何度も滑って、転んだが、何とか無事に下山完了。
笹が深いので、ここは子供連れでは無理かも・・・・・
数日晴れていることを確認し、当日も快晴を確認してから来るととってもいい山です。(どこの山でも一緒じゃ!)



【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】