【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】
DATA No.tz-20

山名:雲早山
探検日:2004年9月18日

標高:1495.9m
登山標高差:375m

山頂:二等三角点(行政:徳島県名西郡神山町)

登山時間データ 時刻 時間
雲早山登山口出発 9:07 0:00 登り
1:24
尾根のコル 10:13 1:06
山頂到着 10:31 1:24
山頂出発 11:18 2:11 下り
0:53
雲早山登山口到着 12:11 3:04

1.出発
さてさて今日は三連休初日。
明日は雨の予報なので、曇りの今日は是非とも登山をしておきたい。
小一時間悩んだ末、目標を先日到達できなかった天神丸に定め、朝7時出発
土須峠は先日確認したとおり、崩落で通行止め状態。
それでは、神山町神領より柴小屋経由で行きまひょ

進むにつれ、青空も見えてくる。今回は予定通り剣山スーパー林道へ突入。

【柴小屋休憩所より見る青空】                            【剣山スーパー林道入り口】


ダートのスーパー林道を進むこと15分。雲早山の登山口を確認し通り過ぎる。
数分進んだところで一時停止し地図を確認。

うーーむ。遠い。天神丸はまだ遙か彼方。時刻はもうすぐ9時。うーむ。
このまま進むと天神丸登山口到着は10時頃になりそう。
確か天気予報は今日の天気は不安定とのこと。
青空の見えている今のうちに雲早山に登ってしまうか・・・・・・
と言うことで、急遽予定変更。少し引き返して雲早山へアタック決定。

2.登山開始
さっき通り過ぎた登山口。車3台ほど停められる空き地がある。
ほかに車もなく、今日の雲早山は貸し切りじゃ!ひょっひょっひょ
(しかしさびしぃー。そんなに人気のない山かぁ?)
準備を整え、9時7分登山開始。

【雲早山登山口】


登り始めて最初のうちは、下流で神通の滝となる沢の右側を登る。
結構な斜面で滑るとそのまま沢に落ち込むところもあり、慎重に進む。
10分ほど進んだあたりで、沢がいくつかに分岐しており、2回ほど沢をわたる。
その先は結構ひろい斜面で、登山道がはっきりしない。立ち止まっては赤テープを探し、確認しつつ進む

【登山開始直後の沢沿いの道】                              【1回沢を渡った所::両側に沢】


このあたりでやましん隊長、首の後ろに激痛発生。急な斜面で赤テープを探し、足下を確認しと、
過激な首の上下運動でとうとう頸椎が破断したか????(イテテテテ・・・・・)

痛みをこらえつつ、赤テープを探しまくり、ルートを探索しつつ登る。
ここで鹿発見!!鹿1!鹿2!鹿3!気分は奈良公園。
お父さん鹿、お母さん鹿、子鹿の家族らしい。うーむ野生の王国。

【鹿:こっちを見ている】


さらに進むと、紫色の綺麗な花の密生地発見。
これは・・・・・トリカブト・・・・・根にアルカロイドの毒がある。(不正確)
昔、なんか事件がありましたなぁ。奥さん奥さん、持って帰ったらあきまへんでぇ。
登山道はトリカブトのお花畑の中央を進みます。少々不気味

【トリカブトのお花畑♪♪】           


登り始めて1時間と6分。10時13分に尾根のコルに到着。
ガイドでは40分で登れると書いてあったが、首の激痛と、イベントの写真撮影が多かったので、
結構かかってしまった。ここからは緩やかな尾根道。
おーっと、不気味な鳥居。だから怖いんだってば。斜めに傾いて倒壊寸前だし・・・・

【尾根部到着】                                      【不気味な鳥居】


その先は快適な尾根道なんだが、ガスが・・・・・視界不良。
コルより17分。10時30分にやっと山頂の祠が視界に入る

【快適な尾根道】                                     【山頂目前】


10時31分。登り始めて1時間24分で雲早山(1495.9m)山頂到着!!
神社のすぐ裏に山頂ポールあり。その傍らに二等三角点(雲早山)発見!!

【山頂】                                           【三角点】


周囲の眺望はガスで全くだめだが、ほとんど風がなく、ほんわか暖かくて、
のんびりムードの静かな空間。妙に落ち着く。
もしかしたらガスが晴れるかもと、50分ほどぽけーっと待っていたが一瞬部分的に晴れた程度。

11時18分、下山することにする。
下りは結構滑るところもあり、気をつけて降りたが、3回ほど尻餅。
53分間で下山完了。

帰りに神山温泉で汗を流し、さっぱり。
しかし、首が痛い。これは困った。

【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】