【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-21

山名:八王子山
探検日:2004年9月25日

標高:149.1m
登山標高差:145m

山頂:一等三角点(行政:徳島県鳴門市)
登山時間データ 時刻 時間
大島田集落出発 13:38 0:00 登り
0:35
八王子大権現 13:57 0:19
一等三角点到着 14:13 0:35
一等三角点出発 14:13 0:35 下り
0:34
八王子大権現 14:25 0:47
大島田駐車箇所 14:47 1:09

1.出発
さてさてまたまた来ました一般民間人の楽しみ、週末のお休み。
明日の日曜日は雨の天気予報から、今日は是非ともひとつ山登りをしておきたい。
ここで、目標は・・・・・・・既に二回挫折している天神丸!!(結構しつこい!)
今回は副隊長が仕事のため、隊員一号二号を引き連れての山行となった。

朝7時45分。自宅出発。土須峠が通行不可のため、神山より柴小屋経由で剣山スーパー林道へ入る。
周囲は結構ガスが立ちこめており、(はっきり言って濃霧状態)先が思いやられる。
隊員1号2号は後ろの席で爆睡中。

先週登った雲早山登山口は既に車が2台駐車し出発準備中の登山者数名確認。がんばって鹿見てこい!
その横を軽やかに通り抜け、車は天神丸を目指し進む。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここまでは予定通り・・・・・・・・・・・・・・だった・・・・・・
土須峠の雲早隧道出口を越え、剣山スーパー林道への分岐点で・・・・・・・・・・
どひょーーん!はらひれほれはら。通行止めのバー!!!!!


なんじゃこりゃー!!(太陽にほえろのジーパン刑事状態)
ここまで
ここまでここまできて帰れってかい!
(自宅から2時間の運転が・・・・・・・・無駄に・・・・・)

仕方がないので木沢方面の通行止め状態を確認に行く。

【土須峠から県道を木沢村役場方面へ少し下った崩落現場】

・・・・・こりゃ当分通れんなぁ
平成16年度の台風でぇ登山道はどえりゃー致命傷を負っとるぎゃぁ(名古屋バージョン?)


2.目標変更
天神丸も行けない。高城山も行けない。高丸山も行けない。
いったいどこへ行けとおぎゃんは言うとですかい(薩摩バージョン?)

隊員1号2号としばし考える。

しかたがない。鳴門の一等三角点の八王子山でも行くか・・・・・(結局、やましん隊長の独断)
と言うことで、目標変更完了。

さて、えっちらおっちら鳴門まで下る進む走る。
途中で昼食もすませ鳴門スカイラインを進み、13時40分鳴門市島田島大島田集落到着!


3.登山開始
島田島の大島田集落は海まで続く道と、家沿いに進む旧道が並行して進む。
旧道を歩くと紫色のシャッターがある家の横の三叉路が登山口への進入口。
この道を山側へみちなりに進むと、くねくね登った最上部の家の山側の畑の横の竹藪が登山口。
【紫色のシャッター】                                    【八王子山登山口】



登山口から3m進むとすぐ八王子山へは右へ曲がれと竹に書いてある。
【竹に書かれた案内】


登山道は最初の1/3は竹林。
次の1/3は八王子大権現山頂までの樹林。
最後の1/3は八王子大権現山頂から一旦下り、一等八王子山までの登りの樹林帯尾根道となる。

竹林道は3分ほど進むと分岐があり看板に従い左折する。
【最初の竹林登山道】                                 【分岐案内】


竹林を終え、さらに樹林を2分ほど進むと八王子大権現への鳥居が見える。
このあたりからヤブ蚊の攻撃を食らう。カイカイカイ!
登山口の竹林入り口より17分で目先の山頂直下の八王子大権現の祠に到着。
【鳥居】                                          【八王子大権現】


大権現を越え、ピークをなめる道を進むとまた祠があり、その先下ると岩が意味ありげに鎮座する。
【ピークの祠】                                      【意味ありげな岩】



しかし、このピークは八王子山ではないらしい(不正確)。
ここからさらに約50mほどへ下り、旧ホテル南海のテニスコートを右に見つつ
左の山の尾根をさらに突き進むと八王子山一等三角点がある(らしい)
【テニスコートへの出口】                                【テニスコート】



最後の1/3の登りにかかる。
この季節。蚊と蜘蛛の攻撃に耐えつつ進むこと5分
やっと一等三角点(八王子山)到着!!
しかし腕を蚊に噛まれまくり。カイカイカイ!!!!

【最後の尾根道                                     【一等三角点】】


下りは同じ道を帰る。
蚊の攻撃はすさまじい。やましん隊長も30カ所以上噛まれ、既に日本脳炎準備完了状態。
一等三角点より30分で這々の体で登山口まで下山完了。
この山は蚊のいない季節に登るべし。(もしくは万全の防蚊対策が必要)

下山すると、紫色のシャッター向かいでウサギのお出迎え、こころが和む
【登山口への進入口付近のウサギ小屋】                     【駐車箇所付近】



その後、鳴門グランドホテルで入浴。汗を流す。
しかし、ここはええでっせぇーーーー
特に屋上の露天風呂が最高!!!!!
大鳴門橋、鳴門海峡が障害物なしで目前に広がる大展望!!!!
思わずやましん隊長フリチンダンスでエイサッサ!ここはお気に入り!

【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】