【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-22

山名:国見山
探検日:2004年10月2日

標高:1409m
登山標高差:379m
山頂:二等三角点(行政:徳島県三好郡西祖谷山村)

登山時間データ 時刻 時間
新登山口出発 8:27 0:00 登り
1:04
1370m手前地点 9:10 0:43
祠と小屋 9:26 0:59
国見山山頂到着 9:31 1:04
国見山山頂出発 9:42 1:15 下り
0:41
登山口到着 10:23 1:56
右写真:祖谷渓展望台より国見山方面を望む

1.出発
さて、昨夜の天気予報では、9時から12時が晴れの予報。
体調も芳しくないので、登りで2時間を超える山はちょっと無理かも。
と言うことで、台風でがたがたの県中央部は避け、大歩危の国見山に決定!

朝6時半に自宅を出発。高速道路を使い、井川池田ICで降り、国道を大歩危まで。
その後、祖谷トンネル手前から登山口を目指して進む。

後山地区を越え、林道へ突入。行き止まり付近の新しい登山口前の駐車場(標高1030m)に8時10分に到着。
上空は青空が見えるもののガスが流れてきて景色はあまり見えない。しばらくすると1組のカップルが到着。
てきぱきと準備をすませ早々に出発してしまったので、こちらもあわてて準備開始。
8時27分登山口へ突入。

【駐車場】                                         【登山口】


最初は自然林の中を結構急な登りが10分程度
その後、人工林の防火帯を斜面に対してほぼ垂直に登ってゆく。これまた結構急斜面。
しんどいかわりにどんどん高度が稼げる。

【最初の自然林登り】                                   【防火帯】


防火帯を30分ほど登りきると、リスの看板がお出迎え。
やっと自然林のなだらかな道になる。(標高1370m地点手前)
ここからは楽勝の快適なハイキングコース。

【1370m地点手前】                                    【なだらかな道】


なだらかな道を15分ほど進めば祠と小屋(屋根に大穴があいている)が出現。
ここまで来れば山頂はもう一息。

【祠】                                            【祠横の小屋】


小屋から2分ほどで最後の登りにかかる。
この坂は急だが短く、3分間の辛抱。すぐに山頂へ到着。
さほど広くない山頂に頂上のポール(国見山頂上1409m)発見!
その1m横に二等三角点(国見山)発見!!

【山頂】                                          【三角点】


空の雲もだいぶ晴れ、青空出現!気持ちいい!

山頂には登山口を先に出発した夫婦らしきカップルがコーヒーで乾杯中。
やましん隊長も先日新装備したコンロを出そうかと思ったが、まだ10時前。
金ちゃんヌードルの出番はまだ早い。

もういっちょ行くかぁ??と言うわけで、少々物足りなかった国見山を早々に下山開始。

【山頂よりの青空】                                    【山頂より西方面】


登りは1時間ちょっとかかったが、下りは40分程度で登山口到着。
急な下りにちょっと足が笑っている。


この国見山は登山道は広く、迷う心配はほとんどない。
歩行距離は片道2kmと短く初心者向きでお手軽。
ただ380m登るので上り坂は結構急坂。下りは慎重に・・・・・(尻餅つきまっせ)

【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】