【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-23

山名:風呂塔
探検日:2004年10月2日

標高:1401.5m
登山標高差:190m

山頂:三等三角点(行政:徳島県三好郡東祖谷山村)

登山時間データ 時刻 時間
キャンプ場駐車場登山口 13:54 0:00 登り
0:23
風呂塔山頂到着 14:17 0:23
風呂塔山頂出発 14:22 0:28 下り
0:27
展望台 14:31 0:37
キャンプ場駐車場到着 14:49 0:55

1.パンク
さて、午前中に国見山登山を終え、まだまだ余力のやましん隊長
次の目標として、」国見山からも見えていた中津山へと進む。

実は、やましん隊長は2週間前、一度中津山へとチャレンジしていた。
ガイドでは山頂直下まで車で行けるとのことで、一等三角点まであるおいしいポイント
気楽なつもりで準備を整え西祖谷集落から中津山の山肌道を登っていたところ、
光明寺直上でなんとタイヤから軽やかなパーーンという響き!!
車を止めてみてみると、な・なんとパンク!!!
その上、タイヤ交換時、ジャッキまで壊れていることを発見。がーーん
仕方がないのでお寺でジャッキを借りてタイヤを交換し、帰ってきたまだ新しい記憶がある。

今日こそ、先日のリベンジ!!
光明寺を越え、先日パンクしたポイントも超え、さらに上に上がる。(快調快調!)
が、しかし、その先はとてもスパシオでは踏み込めそうにない超悪路・・・・・・

泣く泣くあきらめ、引き返して、先日のパンクポイントまで降りてきた時・・・・・
パーーン!!!と軽やかな音・・・・・どひょーーーん
な、なんとまたもや同じ場所でパンク発生!!(サイドがパックリ避けている)
これは・・・・まさに・・・・・中津山麓呪い村・・・・・
2週続けて全く同じ場所でパンクするとは、あの道にはきっと何かがいる・・・・・・・・・・・・きゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!

仕方ないので応急タイヤに交換し、国道のガソリンスタンドで新タイヤを購入
またもや1万円弱の出費。痛い。

30分で出発するも、この割り切れない気持ちはどうしてくれる・・・

と言うことで、中津山は悪路を走破できる車を買ってから来ると言うことで(オイオイ)
帰り道の途中の風呂塔に目標再設定完了。

2.登山再開
一般国道を大歩危よりひたすら三加茂へ・・・・
矢筈山登山の時に向かった道を思い出しつつ桟敷峠を目指す。
途中、秋祭りか??七夕を彷彿とさせる短冊の笹飾りのお出迎え。結構血が騒ぐ。

【秋祭り??】


13時30分、風呂塔キャンプ場の駐車場到着。
このキャンプ場は9月末で営業終了。10月に入っている今日は人っ子一人いない。
寂しい。無人の駐車場は当然やましん隊長のスパシオ1台きり
キャンプ場もシャッターが閉まり既に冬を迎える準備完了。

【風呂塔キャンプ場駐車場】                              【既に冬眠準備完了のキャンプ場】


キャンプ場の奥に沿って続く道を登る
最初は結構広い道だが、途中で分岐し、標識の通り人工林の間の登山道を進む。
3分ほど進むと人工林から天然林に変わる。ご丁寧に境目の看板まである。(見りゃ解るだろ)

【キャンプ場奥の作業道】                               【天然、人工の境目】


キャンプ場から北へひたすら進んでいたが、左へ巻いてしばらく登ると山頂直下の登りに入る。(と、言うほどの登りでもないが・・・・)
登り始めてから20分足らずで階段出現。
道は広いし、整備してあるし、「マムシに注意」の看板さえなければ極楽なのだが。

【山頂手前の階段】  


階段を2回ほど折り返し登り切るとまもなく山頂。
登り始めて23分。1401m風呂塔山頂到着!!
すぐそばの草むらに三等三角点(不論)発見!
しかし、残念ながらガスで周囲の眺望は全くだめ。周囲の雑木も結構茂っている。
登山道が整備されている割には山頂がちとしょぼいか??
(草刈って〜、木刈って〜)

【山頂】                                           【三角点】


仕方がないので、早々に下山開始。
下りは途中の分岐を左手に進み、東屋のある展望台を経由して下る。
さすがに今日2つめの山なので、足が笑い始める。(ケタケタケタ)

【展望台、座るところが結構広い】


27分で下山完了。やはり誰もいないが、白と黒の犬が出迎えてくれた。
かなり腹減ってそうで、かわいそう。


【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】