【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-26

山名:高丸山
探検日:2004年10月24日
標高:1438.6m
登山標高差:400m
山頂:三等三角点「高丸」(行政:徳島県勝浦郡上勝町)

登山時間データ 時刻 時間
高丸山登山口 8:41 0:00 登り
0:53
水場 8:52 0:11
山頂南鞍部 9:02 0:21
高丸山山頂到着 9:34 0:53
高丸山山頂出発 10:23 1:42 下り
0:47
山頂東鞍部 10:41 2:00
高丸山荘 10:53 2:12
登山口帰着 11:10 2:29

1.目標決定
しかし、体調が悪い。
先週は地元の祭りで全身ぼろぼろ、筋肉断絶、関節破壊のやましん隊長。
それに加え、疲れからか、風邪気味でのどが痛い。
さらに、今週前半の台風23号で日本中の山あいの道、登山道は山腹崩壊、土砂崩れで交通の便がしこたま悪い。
その上、新潟では震度6強の地震襲来と、すべての条件がやましん隊長の登山を阻んでいる。

しかし、しかし!天気がいい!!
土曜日は、医者へ行き、抗生物質をもらい1日養生完了。元気回復(半分程度だが・・・)
日曜の朝も雲ひとつない晴天!!。
これはやっぱり行くしかない。それも山頂からの見晴らしの特別いい山へ行くべ行くべ。
ということで、以前から快晴時のためにとっておいた上勝の高丸山へ目標決定!!

2.出発
出発準備完了で、自宅を6時30分に出発。徳島市を経由し、県道16号線をひたすら西方面を目指し進む。
勝浦を通過、上勝の最奥部へ。8時16分。「県立高丸山千年の森」への林道分岐点へ到着。
コンクリートの林道を車で6分進むと、千年の森の案内所、トイレ、広大な駐車場、絶景の見晴らし台に到着。

【林道への分岐】                                    【千年の森の施設】


さすがに台風直後の日曜日。二の足を踏んでいるのかこの快晴にもかかわらず、ほかに車はない。
広い駐車場の真ん中に駐車する。この施設のすぐ上が登山口である。
ぴかぴかの便所で用も済ませ、身軽になったところで、8時41分登山開始。
と思ったところに他の登山客到着。やっぱり混みそう。先を急ぐ。

【高丸山登山口】


10分ほど整備された道を進むと水場到着。
まだのども渇いていないし、ペットボトルも多量に持っているので素通りする。
水場のすぐ先に高丸山荘への分岐点発見。とりあえず、距離の短い左のルートで山頂を目指す。

【水場】                                         【分岐点】


分岐から10分で山頂から南方面への尾根の鞍部に着く。
ここから、一気に山頂へ北上する。

【山頂南の鞍部】                                   【鞍部の標識】


鞍部からは結構急なつづら折れの坂が続く。道は綺麗に整備されており、一本道で明瞭。
さすがに10月末とはいえ、この快晴。汗が噴き出す。
長袖のシャツを脱ぎ、Tシャツ1枚になる。(風邪が悪化するぞぉ)

【山頂直下の急な登り】


鞍部から28分。登山口より53分で高丸山(1438.6m)山頂到着!!
さすが人気のある山。どれが本物かわからないぐらい山頂らしき標識が乱立する。
その中に、ひっそりとある、三等三角点「高丸」発見!!

【高丸山山頂】                                     【三角点】


しかし、雲ひとつない快晴!!絶景である。


西を見れば、高丸山から剣山、次郎笈がはっきり見える。
南を見れば高知の山が幾重にも見える。
ぐるり360度〜♪♪あぁ絶景かな絶景かな。この遮るものない見晴らしはお宝物。

こんなに文句の付けようのない天気は、今年の6月に塔丸に登ったとき以来である。
できれば隊員1号もつれてきたかったが、今日は剣道の試合があり、やましん隊長ロンリー登山。もったいない。

【西方面:剣山等】                                   【南、高知方面】


山頂はやましん隊長ただ一人。もうすぐ後から来た登山客がうようよ押し寄せてくるはずなので、
それまで静かなこの絶景を独り占めで堪能しまくる。
ついでに、先日仕入れたコンロの登場。(最近小道具が増殖中)
お湯を沸かし、我が生涯の友、金ちゃんヌードルを作る。
至福の時。静かで快晴の山頂ですするラーメンとおにぎり。最高の朝食であった。

【やましん隊長、金ちゃんヌードルを作るの図】


3.下山
ラーメンを食い終わらないうちにやはり他の登山客集団到着。
にぎやかになったので早々に下山準備。
山頂を南から登ってきたので、東の別ルートから下ることにする。

10時23分下山開始。見通しのよい尾根部を下る。
ブナ林は台風でほとんど葉が吹き飛ばされたのか、異様に明るい林である。
明るすぎて広いので、赤テープを見ながら行かないと、逆にルートを見失いそう。
山頂から18分で鞍部到着。右に折れさらに下ると杉林に変わる。

【下りはじめのブナ林】                                【その先の杉林】


下りきると、なだらかなブナ林のハイキングコース出現。
非常に気持ちのいい道。あと2〜3週間遅ければ、紅葉が綺麗だろうに・・・(残念!)
下山開始後30分で高丸山荘到着。このあたりは結構広場があり、キャンプに最適かも。

【ブナ林ハイキングコース】                              【高丸山荘】


下山開始後47分で駐車場に到着。
うーーんこの快晴。帰り難い。
おもわず、案内所前の木板のベランダで寝っ転がってゴロゴロしてしまった。(ゴロゴロゴロゴロ)

【駐車場】                                        【ゴロゴロしたベランダ?】


【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】