【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-28

山名:三嶺
探検日:2004年11月6日
標高:1893.44m
登山標高差:911m
山頂:二等三角点「三嶺」(行政:高知県物部村)
近傍:四等三角点「三嶺東」(行政:徳島県東祖谷山村)
登山時間データ 時刻 時間  
林道土砂崩れ現場 7:20 0:00 登り
2:29
林道登山口 7:44 0:24
1517mコブ付近合流点 8:33 1:13
三嶺山頂到着 9:49 2:29
三嶺山頂出発 11:17 3:57 下り
1:40
四等三角点 11:47 4:27
1517mコブ付近合流点 12:02 4:42
林道登山口 12:34 5:14
林道土砂崩れ現場 12:57 5:37

【塔丸より三嶺を望む】

1.決断
やましん隊長。インターネットで土曜日の天気とにらめっこ。
いい。すごくいい。快晴の予感がする。
これは待ちに待った三嶺へのチャレンジに最適の日か?
そうと決まれば決行あるのみ。前夜に登山準備を完了し、早々に寝る。

2.出発
朝4時15分起床。4時40分自宅出発。
高速経由で美馬ICを降り、貞光、見越経由で名頃へと進む。
見残しでは朝焼けに剣山がシルエットで浮かぶ。本日の快晴を確信する。

【朝焼けに浮かぶ剣山】



名頃ダム横を通過し、三嶺林道へ突入する。
路面はダートで超悪い。なんじゃこりゃ。スパシオでは底に岩が当たりまくり。パンクも怖い。慎重に進む。
んっ!?行き止まり???道を間違えたか????
もう一度林道入り口まで戻り、違う道を進んでみるが、やはり行き止まり。
再度、案内板を確認し、最初に進んだ道を分岐がないか確認しながら慎重に進む。
やはり同じ行き止まりで終点。
んっ!?んっ!?んんんっ〜ん!?
な・な・なんじゃこりゃー!!!!土砂崩れぇーーーー!
林道の終点かと思いきや、山が樹木ごと崩れてきて道を完全にふさいでいる。

【土砂崩れ現場】


がーーん!!
この快晴、待ちに待った三嶺登山をあきらめて帰れってかい!!

やましん隊長、しばしボーゼン。
あきらめきれず、落石を蹴ってみる。
と、みると落石の横になんと踏み跡が・・・・・・

川沿いの樹林をかき分け乗り越え、跡をたどってみると土砂崩れを迂回すること40mほどで林道の向こう側へ抜けた。
いいじゃなぁーーい。こりゃいけるかも。
あわてて車までとって返し、GPS、ガイドブック、地図、パソコン等で距離、標高を確認する。

現在地点の標高は約950m。最初考えていた奥の登山口に比べ350mも低い。
距離もかなり長くなる。今まで一番標高差があったのは石鎚山の500m程度。
今回、ここから歩いて登れば標高差950mにもなる。

はたして行けるか????
なーーんて考えるわけないやましん隊長!!
早速、登山準備開始!!


3.登山開始
今日は長くなるぞ。気を引き締めてスタートする。
駐車場に車を止められなければ困るからと早く家を出たのが幸いした。
7時20分。土砂崩れの100m下の駐車場を出発。

土砂崩れを迂回し林道を進むこと24分。やっと手前の登山口に到着する。
奥の登山口まではまだまだ林道を歩かなくてはならないので、
予定変更でこの標高約1100mの登山口から登ることにする。

【土砂崩れの先の林道】                               【手前の登山口】


登山道は結構急で、すぐに息があがる。この晩秋の早朝でも汗が噴き出す。
これからまだ800m以上登らなくてはならないのに先が思いやられる。
また、樹林が広々しているので、赤テープを確認しながら進まなくては踏み跡を見失いそうになる。
まずは標高1517mのコブ付近の稜線を目標にひたすら登る。
汗をかきかき登山口から49分登ると、やっと稜線へでる。奥の登山口からの登山道と合流する。
(くっそー。奥の登山口からなら楽勝なのに・・・・・)

【結構急な登山道】                                   【1517mコブ付近の合流地点】


ここから植生がかわり、モミ林になる。
今までの急坂に比べればなだらかなハイキングコースになる。
こりゃええで。空は快晴。塔丸もくっきり見える。
この道を40分進むとモミ林を抜け見晴らしがよくなる。
山頂が近づき、大きな岩が見え始める。

【快適なモミ林】                                    【もみ林を抜けた】


ここからは見晴らしもいいが、とっても急な
一気に息が上がる。ゼィゼィゼィ。しんどい。がんばって一気に高度を上げる。

【山頂下の急坂】


山頂が近づくと、斜面が急になる。
道も狭い。
はっきり言ってやましん隊長怖ーーい!!
目がくらむ。しかし絶景!絶景!

【山頂直下、絶景の笹斜面】


ゼーゼーゼー。
モミ林を抜けてから23分。急坂を登り切ると・・・・・・
やっと、やっといわゆる山頂部分(正確には山頂ではないが・・・)
笹に囲まれた池が目の前に現れる。
ここまで来れば後はしめたもの。左の山頂方向へ細い登山道を稜線沿いに進む。
振り返れば避難小屋と便所が見える。

【山頂部の池】                                     【避難小屋、便所方向】


尾根を10分ほど進むと、
来ました・・・・・三嶺山頂・・・・・・山頂の標識が見える。
この快晴の下、えもいわれぬ満足感に包まれ山頂へ到着。

【山頂手前の尾根道】                                 【山頂部】


9時49分、登り始めて2時間29分で三嶺(1893.44m)山頂到着!
そしてど真ん中に二等三角点「三嶺」発見!

【山頂、三角点】


360度の大展望!!やましん隊長独り占め!。
やはり時間が早いせいか他の登山客がいないので、この雄大な景色をたぁっぷり堪能しまくる。
西を見れば天狗塚、牛の背、東を見れば塔丸、丸笹、剣山、次郎笈
こりゃぁ気持ちええわぁ

【西方面:天狗塚、牛の背】                              【東方面:剣山等】


【山頂360℃パノラマァー、超横長、要横スクロール!】−−−−−−→ −−−−−→ −−−−−→まだまだスクロール−−−−−→

さぁて他の登山客の来る前にラーメンタイムと行きましょか!
最高の天気、最高の山で金ちゃんヌードルをすする喜び・・・
お湯を入れて3分間、カップをおいたのは三嶺の三角点ときたもんだ!(贅沢ー。というか罰当たりか?)

【湯沸かし中】                                     【3分間待つのじゃぞ】


うーーーん。金ちゃんヌードル最高。(ズルズル)
贅沢なシチュエーションに酔いしれる。

(これだけ宣伝すれば、徳島製粉からなんかもらえないかな?)

【至福の時のやましん隊長】


この後、しじみのみそ汁まで食し、おなかも心も満腹のやましん隊長。
笹原の探索へ赴く。池を周回し避難小屋へ到着。
これまた絶景の1枚。

【避難小屋裏より山頂を望む】


勉強のため、避難小屋をのぞいてみる。
最近立て直されたので、中は異様に綺麗。ロフトまである。これなら利用者も多そう。

【避難小屋内部】


4.下山
11時17分、下山開始
まだ時間も早いので、ちょっと寄り道してみる。
途中まで下り、モミ林の登山道から少し入ったところに四等三角点があるらしい。
国土地理院から入手したデーターとGPSを頼りに道なき笹藪を100mほど下りながら進む。
ありました・・・・四等三角点「三嶺東」(1544.18m)発見!

【四等三角点への下り斜面:笹藪(道なし)】                   【三角点】


さて、登山道へ戻るぞ。
しかし笹藪の登りはきつい。思ったより時間がかかる。
と、見ると、ゲゲッ!!これは熊の爪研ぎ跡か!
これは大急ぎでこの場を立ち去れねば・・・・・

【爪痕??】


下り初めて1時間40分。
ひざなど足の関節はがくがく状態。
なんとか無事下山完了。

【土砂崩れ(逆方向より)】                              【駐車場】


いやー疲れた疲れた。
でも三嶺は最高。天気も最高!
今度は家族全員で来るぞ!!(林道が直ってから来るぞ!!)


【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】