【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-31

山名:笠山
探検日:2004年11月21日
標高:112.16m
登山標高差:10m
山頂:四等三角点「笠山」(行政:山口県萩市)





あまりの短距離にGPS記録なし

1.登山開始
やましん探検隊、山口旅行2日目。朝も早いため、観光施設はまだ開いていない。
と言うことで、日本一低い火山「笠山」登山を試みる。

萩市の中心部より車で10分足らず。笠山の山頂部にある公園の駐車場に到着!
目に前にはこれからの登山の厳しさを物語る28段の階段が行く手を阻む。
昨夜の酒にまみれた体を酷使し登ること15秒。山頂手前の公園に到着。

ここからは壮大な笠山の全容が見渡せる。
遙か彼方にみえる火山口は直径約50m程度か?火口周囲はぐるりと遊歩道が整備されている。
しかしここにも台風の傷跡が・・・・・・・・
火口の一部が崩れ、なんと笠山の火口部分への進入が禁止されているではないか!!

【山頂公園への階段】                                 【笠山山頂部】


まずは正面から近寄ってみる。
火口の奥底をのぞき込むと、奥の崖が崩れており、最下部はさすがに行くのは危ないかも。
階段降り口には進入禁止のロープが張られている。しかたがない。ここはあきらめるとして・・・・
火口周囲の遊歩道へも進入禁止の白いひもが張られているが・・・・・・・
山口くんだりまで来て、はいそうですかと引き返せるかい!!!

ということで、火口に沿って遊歩道を進むこと20秒、到着しました。
笠山山頂(112.16m)と三等三角点「笠山」発見!!

【進入禁止の火口】                                  【遊歩道奥の山頂】


山頂のすぐ横がいわゆる崖崩れ部分。
雨でさらに土砂が流れるのを防ぐためかブルーシートが貼られている。

【火口部分の崖崩れ】


その後、火口遊歩道をさらに進み、くるり一周した所にある展望休憩所より日本海を一望する。
風があり、少し寒いが、なかなかの眺めである。

【笠山より眺める日本海(パノラマ5枚合成)要横スクロール!】


その後、朝早いにもかかわらず続々とほかの観光客がやってきた。
さすが
日本一と言うだけのことはある。
はやめに火口の崖崩れは修復してね!

(お手軽登山はおしまい!!)

【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】