【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-34

山名:伊笠山
探検日:2005年2月12日
標高:704.78m
登山標高差:150m
四等三角点「伊笠山」(行政:徳島県阿波郡市場町)
登山時間データ 時刻 時間  
がけ崩れ手前出発地点 12:05 0:00 登り
0:22
鳥居 12:15 0:10
伊笠神社 12:24 0:19
伊笠山山頂 12:27 0:22
昼食休憩 12:30-12:58 休憩28分
鳥居 13:06 0:08 下り
0:18
がけ崩れ手前出発地点 13:16 0:18

【阿波病院付近より伊笠山を望む】

1.登山開始
世の中やっぱり三連休。
多忙のやましん隊長も三日連続休日出勤では病気になる。
土曜日は・・・・・休む!
しかし、もう二ヶ月以上まともな山には登っていない。たぶん体がなまりきっている。
と言うことで、今回もほとんど車で行ける近場の伊笠山に決定。

車にて一路、阿波郡市場町犬の墓へ向かう。
目印は犬の墓時計台。(時計台と言うよりは・・・・石碑時計!)。ここから林道「ヤカエ線」へ突入。

【犬の墓時計台】


部分的に未舗装があるものの、しっかりした林道が続いており、やたらくさい豚舎などを通過し、
大規模な養豚センターも越え、落石多数な道を登る登る
ん?んんんっ〜!!!
やっぱり来たか・・・・・がけ崩れぇ〜〜〜!!残念!
しばし呆然。
しかし、去年、三嶺でがけ崩れ越えした経験がここで生きる!
土砂を乗り越えてみると、その先は大丈夫そう。
ここから歩きに切り替えましょ。(山頂までもうちょっとだし・・・)
12時5分登山開始。

【がけ崩れ】                                       【その先の林道】


とりあえず、目先の土砂を越えてと・・・・・・
舗装道、ダートの林道をテクテク登る。楽チン楽チン
10分も歩くと、鳥居へ到着。その100mほど先で分岐があり、左の未舗装参道へ入る。

【鳥居】                                         【参道への分岐】


分岐後、5〜6分で伊笠神社へ到着。
鳴門岳友会編集「徳島145山」に神社の六角形の石組みが見事と書いてあるが
神社の奥社の土台がそうらしい。
ふむふむ、これはなかなか。

【伊笠神社】                                      【六角形の石組み】


さて、神社左側から裏山へ駆け上がると、1分で伊笠山山頂到着。
狭い山頂中央に四等三角点「伊笠山」発見!
雑木でやや見晴らしは悪い。

【伊笠山山頂】                                      【三角点】


その後30分神社の石垣でラーメンタイム。
日差しもあり風もなく、小春日和で気持ちいい。
さすがに土砂崩れのせいか、ほかにだーれも来ない。
腹もふくれたので、12時58分下山開始。

登ってきた林道(車道)を同じように下るのでは芸がない。
せめて神社の直下だけでも徒歩の登山道を下ってみるか。
しっかし、小枝が倒れまくっとるのぉ。歩きにくい。

2分で参道への分岐点近くへ出る。
その後10分ちょっとで、駐車地点まで帰着完了。

【神社直下の徒歩参道】                               【駐車地点】


がけ崩れのおかげで、すこし登山ができた。(ストレス発散)
まだ時間も早いので、引き続き台ヶ丸山でも行ってみる?

【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】