【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-38

山名:眉山
探検日:2005年3月13日
標高:290m
登山標高差:287m
一等三角点「眉山」(行政:徳島県徳島市)
四等三角点「長谷」(行政:徳島県徳島市)
四等三角点「三谷」(行政:徳島県徳島市)
四等三角点「二軒家」(行政:徳島県徳島市)
登山時間データ 時刻 時間  
地蔵峠出発 10:39 0:00 登り
四等三角点(長谷) 10:53 0:14
眉山山頂(最高点) 11:08 0:29
四等三角点(三谷) 11:24 0:45
車道へ出る 11:35 0:56
眉山山頂(パゴダ塔) 12:05 1:26
勢見山山頂 12:43 2:04 下り
国道438号線到着 12:55 2:16

【吉野川、名田橋付近北岸堤防より望む眉山】

1.登山開始
さて今日は日曜日。やましん隊長は久しぶりの休日。
しかし、今日は寒い!。外は雪花が散っている。こんな日は家でゴロゴロがいいのだが、
ストレス解消も重要。低山で、以前から冬場に行くべと決めていた眉山にでも行くか!

眉山は確か昔のおっさんが「この山は眉のようだ」とか何とか言ったため付いた名前とか(不正確・・・)
たしかに横に長く、ピークも不明確。このため山頂も2通りある。
いわゆる最高高度の国土地理院の地図に示す山頂。もう一つは、パゴダの塔脇にある一等三角点で
一般に普及している山頂。どっちだぁ????????

しゃあない。どっちもいくべ!
ということで名東の地蔵院から地蔵峠へ到着。道路脇に駐車し、登山開始。
徳島の市街地にあり、ハイキングがてら散歩する地元の衆が多数通るため、登山道(というより遊歩道)は明瞭。

【地蔵峠】                                        【遊歩道】


最初の三角点までは結構急な坂が続く。
送電鉄塔の下なんかもくぐって、登り始めて14分で、四等三角点「長谷」標高234.2mに到着!
三角点は遊歩道すぐ脇にある。

【送電鉄塔下遊歩道】                                【三角点「長谷」】


このあと、あまり急な坂もなくなり緩やかなアップダウンが続く。
この遊歩道、市街地の山にもかかわらず適度な雑木林のおかげで周囲があまり見えず、
逆に自然に没頭できる感じ。(多少、車とかの音が聞こえるが・・・・・)

とかなんとかしているうちに、登り始めて29分。
眉山の最高点。国土地理院推奨眉山山頂290m到着!!
やっと展望が開けた。沖浜、論田方面がよく見える。

【眉山最高高度山頂】                                【展望よし!】


引き続き歩く歩く
歩き始めて45分。本日2つめの四等三角点「三谷」282.88m発見!
すぐ横に金山彦神社あり。

【三角点「三谷」】                                   【横の祠】


さらにさらに歩くこと、計56分で車道へ飛び出す。
ここからはアスファルト道路をメインに歩く。

【遊歩道出口】                                     【車道】


かんぽの宿も通り過ぎ、見晴らしのいい広場に到着。
西郷隆盛モドキの銅像のお出迎え。だれじゃこいつは?
しかし久しぶりに来たが綺麗に整備されとるのう。
さらに進むと電波塔などの乱立するいわゆる一般的眉山山頂が見える

【広場】                                          【アンテナ群】


と言うことで、やっと到着しました。
登り始めて1時間26分。本日のメインイベント、パゴダの塔到着。
お約束の一等三角点「眉山」276.72m発見!!

【パゴダの塔】                                     【一等三角点「眉山」】


さて、眉山は徳島平野のどこからでもみえる山。反対に山頂からの見晴らしも絶景かな絶景かな。
びろーーーんと横スクロール(してね)

【山頂からの眺め】


さて、同じ道を帰るのも、車道を帰るのもいやじゃ!
と言うことで、もう一つ三角点を攻めることも含め、NHK無線とパゴダの塔の間の登山道を南東方面へ下ることにする。
山頂の周囲はやたら遊歩道が多いので、迷いそう。GPSと地図と案内板で確認しつつ進む。
目指すは四等三角点「二軒家」のある勢見山

とりあえず、眉山より尾根道を下る下る。
この道は自然の岩が多数出ている結構急な坂。これは遊歩道ではなく登山道っぽいです。はい。
足ががくがくなりながらも20分ほど降りると行き止まりになり、仕方ないので少し戻って横道に入り
車道(眉山パークウェイ)へ出る。

忌部神社方面へ曲がり、眉山病院の南裏手の山、勢見山を目指す。

【急な下りの登山道:二軒屋方面へ】                       【忌部神社への曲がり角】


眉山病院裏に勢見山への取り付き発見。
しっかし、この道は細いのう・・・・・というより、あまりはっきりしない。

【勢見山登山口?】                                  【細い踏み跡】


何とか踏み跡をたどり、急な坂を登ること3分。
勢見山山頂、四等三角点「二軒家」109.35m発見。

【勢見山山頂】                                     【三角点「二軒家」】


さぁ、後は帰るだけ。さて、この勢見山。登りに道が不明確だったので、同じ道は帰りたくない。
見ると山頂から南方面に踏み跡がついている。
では、南に下りましょう。
(・・・・・・・この安易な決断が失敗。)

下るにつれ、踏み跡は消え、坂は急になり、もう大変。
木にしがみつき、道なき道を転げるように下る。
はっきり言って山頂まで戻って元の道を下ろうかと思うこと3回。
目の前には、国道438号線が見えているのに、なかなか高度が下がらない。

なんとか、なんとか(といっても10分間程度だったが)人の住む下界へ到着。
着いたのは・・・・・・墓場・・・・・・・
何でもええ。とにかく無事下山!OK!

【あるようでない踏み跡】                               【墓場でダバダ】


いやー、結構疲れた。
峠から登ったので、登りは少なかったが、結局、標高3mまで降りてきたし、7km歩いたし・・・・
勢見山は失敗だったが、眉山は遊歩道の距離も結構あり、パゴダの展望もいいし、思ったよりよっかた、よかった。
年寄りの老化防止トレーニングコースでんな。(実際、年寄り登山客多数)

【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】