【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-39

山名:胴切山
探検日:2005年3月19日
標高:883.6m
登山標高差:84m+α
一等三角点「胴截山」(行政:徳島県海部郡海南町)
登山時間データ 時刻 時間  
林道登山口出発 9:30 0:00 登り
1:07
鞍部 9:37 0:07
840mピーク 9:40 0:10
胴切越 9:49 0:19
胴切山直下取り付き 10:06 0:36
胴切山山頂到着 10:37 1:07
胴切山山頂出発 10:38 1:08 下り
0:41
林道登山道帰着 11:19 1:49

中央奥(胴切山):牟岐町辺川芝ノ原より望む

1.登山開始
さて今日はストレス発散日。まだ1000m以上の山は雪があるといやなので、まだ行っていない県南の低山を目標とする。
それも、残っていた一等三角点に行くぞ!!
先週は眉山に行き、山頂にある未到達一等三角点はあと、旭の丸、中津山、それと今回目標の胴切山
残り三つ!。今日はひとつ減らすべぇ!。

と言うことで、自宅を6時30分に出発し、えっちらおっちら県南まで車を飛ばす。・・・・・・遠い。さすがに遠い。
日和佐のローソンで食料、水分を調達し、このローソンの角を西へ続く県道36号日和佐上那賀線長安口ダム方面へ入る。
細い道をかなり進む。落石をどかしつつ、やっと大越峠に到着。

ここから、林道谷山霧越線に左折する。未舗装だが結構整備された道を1.2km進むと左手に登山口発見!。
これが、鳴門岳友会監修の「徳島145山」に書かれてある@の登山口に違いない。

道脇に駐車し、9時30分、登山開始!!

【大越峠:林道分岐点】                                【林道登山口】


7分ほど登り、ちょっと下ると鞍部へ到着。その後、急な登り3分で840mのピーク。
ここまではしつこいくらいに赤テープの誘導があり、超楽勝。これは果たしていい山か???

【急な登り】                                       【840mのピーク】


その後、坂を下る下る。これは帰りが大変と思う。
登り始めて19分で馬道に合流し、胴切越へ到着。すぐ隣に石仏のお出迎え。

ここからは快適な馬道のはず・・・・・・だったが・・・・・・
この馬道。若干幅広いものの、部分的に崩れてるし、灌木は成長して道に被さってきているし・・・・・・
馬なんかはとんでもない。人が通れるのがやっと。
この道を、胴切山を巻くように進んでいく。

この胴切越から胴切山山頂方向(真南)へ直登する山道があるとのことだったが、発見できず・・・・
仕方ないので、巻き道の馬道を進む。

【胴切越の石仏】                                    【崩れる馬道】


うーーん、この馬道は進みにくい。
GPSは切れまくりだし、どこまで来ているか不安が募る。
こんな状態では迷ってしまうかも・・・・・。やばいかも・・・・・・
「徳島145山」では、この巻き道を山頂から見て東の位置まで進み、そこから尾根を西へ登るとある。
しかし、なかなかこの尾根へ到着しない。目印になる看板も出てこない。
それどころか、どんどん細くなり馬道が途絶えてしまった・・・(と言うように見えた)(これが誤認かも・・・)

うーむ、どうしたものか。無理してまだ奥まで進むか?。道は緩やかな下り道でもうかなり高度が下がっているはず。

2.迷いはじめ
と、さきほど上へ進む山道への分岐があったのを思い出す。
100m程戻って分岐をみると、結構広く踏跡明瞭!。若干位置は違うがここからでも登れるはず。
絶対行ける!!(これが失敗であった。)

意気揚々とこの登りに突入し、何回かの折り返しを過ぎ、登り続け・・・・・最後は・・・道が消える・・・・・
オーマイガッ!!!
どうすればいいのか????・・・・・・・・(胴切山麓迷い道・・・・)
正規の登山道からはかなりはずれているのは確かである。引き返すしかないのか・・・・・

と、最終到達点は枯れた沢でとぎれている。
この沢は、山頂方面へ続いている!!GPSによると山頂までは距離80m!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・行くべぇ!!!行くべぇ!!
(やましん隊長、既に正常な判断不能状態)
もうやましん隊長の記憶容量は枯渇寸前。今までのルートもあまり覚えていない。

仕方ないので、この沢横の道にリュックを目印に置き、身軽になって山頂を攻めることにする。
滑りながら道なき枯れ沢を直登する!(馬鹿か俺は!)

【現れた山頂方面への山道:間違い】                       【行き止まり部の枯れ沢】


沢を登ること5分。あまりにしんどいので、横の小さな尾根へ逃げる。でもここで明瞭な沢をはずれると帰り道が解らなくなる。
と言うことで、ここで帽子を目印に置く。(もう既に遭難寸前か???)
この道なき斜面を登ること5分、やっと山頂手前の尾根へ出る!!!!

尾根は明るい!。道は明瞭!。この道は山頂へ真東から登ってきている!
やはりもう少し馬道を進めば正解の尾根道が見つかっていたはず。(残念!!)
ここに目印のストックを置く。(やましん隊長、あとはGPSとデジカメしか持ってましぇん。そろそろ服でも脱ぐか?)

【真東から続く尾根道】


尾根道合流点から2分で・・・・たった2分で山頂到着・・・・・
10時37分。登り始めて1時間7分で胴切山(883.6m)山頂到着!!
そして、最大の目的であった一等三角点「胴截山」発見!!

【山頂部】                                        【一等三角点】


さて、・・・・さてさて記憶の残っているうちに、赤テープもない間違いの登山道を下ることにする。
(ストック、帽子およびリュックを回収するために・・・・・・・・・・・・)
山頂滞在時間1分。飯も食わずにUターン。

何とかGPS、地形図、方位磁石を頼りに同じルートを帰り、各地点の目印回収。
帰りもよく似た山道で迷いそうになり、840mピークからは別の尾根を降りそうになったりと四苦八苦。
しかし何とか無事、無事林道登山口まで帰着!!!

帰ってからGPSの軌跡を見ると、あと150mほど馬道を進めば正規の登山道から登れたのは一目瞭然。
せっかく等高線の出るGPSを持っていたのに、全く使いこなしていない。
この山は、雑木で終始見通しがきかない。GPSの電波も切れまくり。
迷っても助けてくれる他の登山者は皆無という不安が判断を誤らせた模様。
登山未熟、技術不足、経験不足を痛感する

この山は、一度登った経験者と来ることをお奨めします。道は消えるし、脇道多いし・・・・

ふぅ〜〜〜疲れた。このままでは気分悪いのでお口直しに玉厨子山でも行ってみる??

【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】