【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-42

山名:奥野々山
探検日:2005年4月10日
標高:1159m
累積標高差:211m
三角点 なし
登山時間データ 時刻 時間  
林道分岐、駐車地点発 13:07 0:00 登り
0:25
林道終点 13:15 0:07
奥野々山山頂着 13:32 0:25
奥野々山山頂発 13:35 0:28 下り
0:23
林道終点 13:49 0:42
林道分岐、駐車地点着 13:58 0:51

船窪のツツジ手前大駐車場東端より奥野々山を望む

1.目標決定
時は春・・・・・。桜も各地で満開。しかしやましん隊長は、いまだに仕事に追いまくられ超多忙!!
連日連夜の残業、休日出勤!!体も心のバテバテヘロヘロである。
さすがに、ストレス過多により精神状態破綻、異常行動が目立ち始めたため、日曜日は休むことにする。

とはいっても、前日の休日出勤日は快晴だったものの、今日の天気予報は午前晴れるが、午後雨・・・・・・・
ストレス発散登山日和からはほど遠い。今日は山登りはやめて、肉体疲労を回復させるか!!!

・・・・・・・・・・体を休めて・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・体を休めて・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・体を休めて・・・・・・・・・・・・・・

うーーーーーーーーうーーーーーーーーーーストレスが逆にたまってきた。
あかん、やっぱり山に行ってきましょう。
と言ったものの、時既に12時。近場の山しか行けまへん。(朝一番から動いていれば・・・・・・・残念!)

と言うことで、近場の奥野々山へ行くことに決定!!!(決断遅し!)

2.登山開始
ガイドブックに従い、高越山少年自然の家を越え、船窪のツツジの手前大駐車場に入り、その東奥から、
母衣暮露滝方面へ林道を入る。すぐに分岐があり、未舗装の右林道へ進入する。
この林道行き止まり鞍部が、奥野々山への最短コースのはずである。

しかし、この林道。かなりの悪路。いかん。このままではパンクするかも。
仕方ないので、車を引き返し、先ほどの分岐地点に駐車し、未舗装林道を歩くことにする。

【荒れた林道。鋭角な石多し】                           【林道分岐点:駐車地点】


林道をテクテクと進みつつ、南方を見ると・・・・・・・ぶわぁーと花粉が大量飛散し、黄色い煙のように見える。
これはすごい。花粉症でなくてよかった・・・・・

駐車地点より林道を歩くこと7分。船窪からの尾根の鞍部である林道終点に到着。
ここから杉林の尾根道に入ることになる。

【花粉の飛散は悲惨】                                【鞍部】


さて、やっと登り開始!!
この尾根道は短距離だが、結構急!!!。
4月なのに今日はくそ暑く、いきなり汗が噴き出す。アッチィー
10分ほど登るとやっとなだらかになったかと思うと、今度は下る。
その先、やけに細い尾根を進む。

【杉林の急な登り】                                  【なだらかだが細い尾根】


やっと山頂直下に到着。目の前に岩がむき出しの斜面が登場。
ここをよじ登る。その上はさらに足場が悪く、トラロープのお世話になる。(ありがたい)

【山頂直下の急な岩場】


林道分岐より登ること25分。奥野々山山頂(1159m)到着!!
山頂奥すぐに奥野々神社がある。
見るからにぼろい。鳥居も崩壊。廃屋同然。ちょっと怖い。
恐る恐る写真を撮ったが、変な物が写っていないか???

【奥野々山山頂】                                   【奥野々神社】


その後、山頂より23分で下山完了。
高越山より下山中、見晴らしのいいところから吉野川流域が絶景かな絶景かな!。

・・・・・・・しかし、昼から雨だったのでは??????



【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】