【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-44

山名:野鹿池山
探検日:2005年4月23日
標高:東峰1294.4m
    西峰1303m
累積標高:138m
三角点:三等三角点「糠池」(行政:徳島県三好郡山城町)
登山時間データ 時刻 時間  
駐車場出発 11:20 0:00 登り
0:31
11:27 0:07
東峰山頂 11:35 0:15
西峰山頂 11:51 0:31
駐車場到着 12:09 0:49 下り
0:18

1.登山開始
うーーん。
先週の寒風山・笹ヶ峰は窮屈な登山靴で大変であった。
その後遺症が出ている今日この頃。左足の中指が痛い。
こんな日はやはり自宅でのんびり静養をする・・・・・・・わけ無いやましん隊長。
しかし大事をとって、簡単に登れるらしい野鹿池山へ行くことにする。

高速道路を池田のICで降り、国道を高知方面へ。
「ホテル大歩危峡まんなか」で西方面に県道へはいる。
その後、ほそい道を10kmほど進むと美馬峠隧道があり、さらに進む。
しばらく行くと林道下名栗山線への分岐があり、野鹿池山登山口への案内がある。

この林道は、林業用に整備されているらしく、所々に落石はある物の、広く安心して進める。
ほどなく、木の鳥居と造林小屋があり、さらに進むと、野鹿池山方面と黒滝山方面への分岐があるので、
野鹿池山方面へ鋭角に曲がる。この道は、ガイドには車両通行困難とあるが、綺麗に舗装されており快適。
数分で、行き止まり、石の鳥居、ログハウス前の広い駐車場へ到着。ここから徒歩登山とする。

【木の鳥居】                                     【駐車場】


さて、今日はお手軽登山なのでウエストバックにGPSと軽装で出発。
まず、石の鳥居をくぐる。シャクナゲの植林を見つつ、五分で分岐点に到着。
まず、登山の無事を祈願しに、神社へ向かう。

【登山道】                                      【分岐点】


分岐点より木道が50m程整備されている。かなり痛んでいると聞いていたが、
完璧に補修されており1分で奥の祠到着。(小さい方)。
でかいのは山車らしい。

【湿地帯の木道】                                   【祠と山車】


池の方面を見ると、水は全く見えない。
林へと植生が移行している。ここから西峰へのルートがあるとなっているため、探してみる。よくわからない。
新しい足跡もあったが、さすがに湿地帯。足がめり込み水が滲んでくるため、あきらめて東峰に行くことにする。

【水の見えない野鹿池跡】


分岐まで戻り、東峰方面へ登山道を進む。
最近刈り取られたみたいで、道は快適。
分岐より7分で、たった7分で野鹿池山(東峰)1294.4m山頂到着
三等三角点「糠池」も発見



あまりに、楽勝だったため、西峰にも行ってみることにする。
この道も、笹が刈り取られたばかりで、拍子抜けするほど快適登山道。
8分下り、8分登ればあっというまに野鹿池山(西峰)山頂到着!

【東峰と西峰中間のコル:尾根道】                       【野鹿池山(西峰)山頂】


さて、どうやって帰るかだが・・・・・・
ここから、祠方面へ降りる道があったはずだが、それらしい道が見あたらない。
それに、池跡は湿地帯のため、祠への直下山は避けたい。
かといって、再び東峰まで戻る気はない。

しばらく考え、祠より少し北を目指して、北東方面への尾根道を下ることにする。
尾根には明確な踏み跡はないが、笹も少なく、この時期は見通しもよく快適。
GPSで方向を確認しつつ、どんどん下る。
途中でやっと赤テープ発見。これを頼りにさらに下る下る。
あと50mで、先ほど通った登りの道にでるかなというところで、踏み跡が無くなり笹のブッシュになる。
GPS頼りに突き進む。と、さっき通った祠方面と東峰方面への分岐点へひょっこりと出る。

東峰への登山道と両峰間の尾根道をあれだけ刈り込んであるのだから、西峰への登山道もついでに刈り込んでくれないかな??

そこで愛媛から来た初老の男性と遭遇。午前中、国見山へ登っていたらしい。
少し話し、すぐ別れて下山する。石の鳥居まで降りてくると、塩塚峰、水無山などが綺麗に見渡せる。
さぁ帰って昼飯だぁ!

【西峰から北へ尾根道を下る:道なし】                      【石の鳥居:下山完了】


今日は車の移動はそこそこあったが、登山は超お手軽。
さぁ、足を治すぞぅ!!


【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】