【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-45

山     名:綱附森
探  検  日:2005年5月3日
標     高:1643.07m
登山標高差:407m
累積  標高:756m
三  角  点:三等三角点「安野山」(行政:高知県香美郡物部村)
登山時間データ 時刻 時間  
矢筈峠出発 10:28 0:00 登り
1:45
1421mピーク 11:15 0:47
1460mピーク 11:44 1:16
綱附森到着 12:13 1:45
綱附森出発 12:48 2:20 下り
1:30
矢筈峠着 14:18 3:50

1.転勤決定、目標決定
さてさて、世間はゴールデンなウィーク突入中。
ところが、ところがである!休み直前に、なんと!なんとやましん隊長!静岡へ転勤命令発動!!
あと1ヶ月で地元徳島県から離脱となる。ぎょへぇぇぇぇ〜〜。なんてこった!!
やましん探検隊の財政は、副隊長が大黒柱。自動的にやましん隊長は単身赴任!!
隊員1号2号とも別居となる。
ぎょへぇぇ〜〜。副隊長はすこぶる機嫌が悪い。これがサラリーマンの厳しい宿命か・・・・・

とりあえず、富士山に登りに・・・・いやいや、仕事をしに行かざるを得ない。
近場に乱立する日本百名山に期待しつつ・・・・いやいや、新しい仕事に不安を覚えつつ、転勤までの1ヶ月を過ごすことになる。

さて、こうなってしまったら、せっかくの五月晴れの続くこのゴールデンウィーク。
この先いつ登れるか解らない四国の山を思い残すことの無いように登っておくか!
ということで、やましん隊長、単身赴任直前企画第1弾!目標は笹原が綺麗な徳島との県境にある高知県の綱附森に決定!

2.登山開始
もたもたし、朝7時30分自宅出発。高速道路を池田で降り、国道を高知方面へ南下、大歩危で祖谷方面へはいる。
観光客で混んでいるかずら橋を越え、京上トンネル手前で京柱峠方面に右折。途中で矢筈峠(アリラン峠)への林道に突入。
しかし道が悪い!!。この先峠までは完全未舗装。水たまりはあるし、四輪駆動ならともかく、ファミリーカーのスパシオが悲鳴を上げる。
車体下部から半端でない衝撃を受けること数回。車体破損、パンクに冷や冷やしつつ、なんとか矢筈峠に到着。
(この車で静岡まで行かなくてはならないが、大丈夫か??)

【矢筈峠直前林道】                                【矢筈峠駐車場】


矢筈峠は駐車場が舗装されている!。ほかにお客さんも多そうでほっとする。
この峠は土佐矢筈山と綱附森の両方の登山口(付近)となる。
土佐矢筈山へ向かう夫婦と挨拶を交わしたあと、あわてて足揃えをし、10時28分登山開始。

駐車場から未舗装の林道を南へ2分も進むと閉まったゲートで行き止まり。ここにも広場があり駐車可能。
すぐ脇に綱附森の登山口発見。気合いを入れて登り始める。
30分は結構急な登りが続く。しかし暑い。どんどんお茶が消費される。
道は広く明瞭だが、雑木林で見晴らしはあまりよくない。風もない。

【登山口】                                       【しんどい登り】


登りはじめて40分。1421mピーク手前で、やっと視界が開け笹原の空中散歩になる。
振り返れば土佐矢筈山がデーンと見える。
風が当たって体が冷やされ元気復活!歩行速度がアップする。しっかしええ天気じゃ。極楽極楽。

【雑木林を抜ける】                                  【土佐矢筈山】


さて、これからはアップダウンを繰り返し、笹原と雑木林を進む。
目標の山頂はかなり遠くに見える。なかなか近寄ってこないが景色がいいので、プラプラ進む。
おわぁ!!危うく1m程のヘビを踏みかけ、心臓が止まりそうになる。(やましん隊長は爬虫類が苦手)
登山道でのひなたぼっこはやめて欲しい。

【快適な尾根の笹原道】


山頂近くでは再び登りがきつくなるが、景色も風も気持ちよくぐんぐん登れる。
さぁ、着きましたでぇ。登り始めて1時間45分で綱附森山頂(1643.07m)到着!
傍らに二等三角点「安野山」発見!!

【山頂間近】                                     【綱附森山頂】


北を見れば、ほれこの通り。ずらっと役者の勢揃いである。
ゴールデンウィークのこの好天気。どうせどのピークにも暇な登山客がうようよ登っているはず。(自分のことは棚に上げる。)

一方、この綱附森山頂の先客はつるぎ町からきた夫婦が1組いるだけ。静かなもんである。
矢筈峠に止まっていた車のほとんどは土佐矢筈山ねらいだったか・・・・
この夫婦が下山するに入れ替わり、登り途中で追い抜いた3人組が山頂到着。
登りに3時間かかったとのこと。少しにぎやかになる。

【綱附森から北を見れば・・】


さぁ〜〜てと、腹も空いた!昼食タイム!
いつもの金ちゃんヌードルに梅おにぎり。
そよ風吹く快晴の山頂で、至福の食事に極楽極楽。

【毎度、天狗塚とのコラボレーション】                       【食う隊長】


さあ、食ったら帰るぞ。
駐車場まで1時間30分で下山完了。
その後、林道を避け、高知、物部村方面へ車を進める。・・・・が、やっぱりこの道は徳島方面に帰るのは遠い。
南国インターからも車は多いし、失敗であった。ちゃんちゃん♪

明日は、家族サービスするぞ!

【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】