【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-47

山     名:八面山
探  検  日:2005年5月27日
標     高:1312m
登山標高差:499m
累積  標高:606m
三  角  点:二等三角点「八面山」(行政:徳島県つるぎ町)
登山時間データ 時刻 時間  
奥大野登山口発 7:32 0:00 登り
1:12
1200m付近 8:05 0:33
九藤中ルート合流点 8:26 0:54
八面神社 8:32 1:00
八面山山頂到着 8:44 1:12
八面山山頂発 8:52 1:20 下り
1:20
八面神社発(朝食後) 9:20 1:48
赤松巨樹 9:58 2:26
奥大野登山口帰着 10:12 2:40

1.登山開始
さて、あと5日で静岡へ転勤転籍単身赴任。やましん隊長は代休処理で本日お休み!
天気も快晴。副隊長も仕事、隊員1号2号も学校なので、やむ終えず、隊長は山に登る。(単身赴任準備しろよ!)
と言うことで、やましん隊長転勤直前企画第3弾!
登り残していた八面山に登山決定!!

朝5時50分自宅出発。美馬ICを降り貞光から奥大野へ向かう。
しかし、剣山への道から外れると道幅が細くなる。地図、GPSを頼りに登山口への進入路を探す。
やっと案内板発見。超細くて急な生活道を登る。タイヤから焦げた臭いが漂う。
何カ所か分岐があるが、とにかく上に登る道にハンドルを切る。
かなり上に上がると八面山の案内板が増え始めほっとする。

こんなところで住むには大変だろうなと思う民家を通りすぎたところが奥大野の登山口。
車は三台程度駐車可能だが、2台以上駐車すれば切り返しは不可能。
今日が平日でよかった。一応この八面山も四国百名山に名を連ねる名山。
ほかに客はいないが、この季節、土日はもしかして車も多いかも・・・

かなり早く自宅を出たので、まだ7時30分。いそいそと支度を完了し登山開始

最初の30分は、ここ最近の運動不足、登山不足を反省するがごとくのしんどい登り一辺倒。
暑い。しんどい。ぜぇーぜぇー。
一汗かくまでの辛抱。ペットボトルのお茶を1リットル消費する。

【奥大野登山口】                                    【なかなかの急坂が続く】


30分登り続け、Tシャツが汗でぐっしょりし、やっとスローペースが安定した頃
1200m付近で急になだらかになり、多少のアップダウンがあるが、ほぼ水平に東へ進む斜面の細い巻道になる
こりゃ快適快適!。ハイキングコースに早変わり。気持ちよくブナ林を進む。

と、急に景色が広がり、前に山頂手前の岩山が登場!。ちょっとびっくり。思わず写真!

【1200m付近、ここから緩い】                           【岩山登場】


さらに巻道を進むと九藤中からの登山道と合流する。
ん???。国土地理院の位置よりも少し山頂よりで合流しているのかな??
あまり使われていないようで、枯れ枝が積もっている。
と、すぐに、青い鳥居と紹介されている青いトタンを張った鳥居であったであろう残骸に到着。
下を通っているときに崩落するといやなので、急いでくぐる。(見るも無惨な状態)

【九藤中ルート合流点】                                【青い鳥居の残骸】


青い鳥居のすぐ先に、完璧な木の鳥居発見。ほっとするまもなく、八面神社へ到着。
一応、お参りし、神社すぐ右の登山道をさらに上る。
最後の急登を5分も登れば、大きな岩と、傍らに祠発見。もちろんここでもお参りする。(やましん隊長は意外に信心深い)

【八面神社】                                      【山頂直下の大岩と祠】


この大岩を左に巻き、よじ登ると、急に南方面に視界が広がる。赤帽子山がデーンと見える。
高城山から、剣山も一望できる。

【大岩上からの展望】


大岩から1分で、・・・・登り始めて1時間12分で
八面山(1312.31m)山頂到着!!
山頂中央に2等三角点「八面山」発見!!

【八面山山頂】                                    【三角点】


しかし、この山頂は視界が効かない。
南東方向が少し見えるのと、真西に黒笠山が見える程度。
この時期は八面山ではなくて3/8面山と言える!!
この山頂、アブがうるさいので、八面神社まで下って朝食とする。
お約束の金ちゃんヌードルと梅おにぎり。うまい!

これで、徳島の山もしばらくお預けかと思うと、複雑な心境である。
腹もふくれたし、さぁて下山開始。

おっとっと・・・・?
標高約900mまで快調に下ってきたところで、赤松の巨樹への分岐案内発見!!
登りはしんどくてそれどころでなかったが、下りは快調。この先150mとあるので行ってみる。
結構下るが5分ほどで「徳島県天然記念物指定 赤松の巨樹」発見!!!
うーーん、赤い。ほんとに幹が赤い。シャア専用である。変なところに感心する。
さて、帰るか・・・・・・

【赤松の巨樹への分岐】                               【天然記念物】


元の道に戻り10分も下れば、スパシオのお出迎え。
(実はこのスパシオ・・・・今回の山登りで・・・・・・引退となります・・・・・、次車は・・・・こうご期待!!)



いやぁ〜、やっぱり体がなまっとるなぁ。
こんなことでは、静岡、長野の日本百名山は大丈夫か??

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】