【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-50

山     名:天城山(万三郎岳)日本百名山no,73
探  検  日:2005年6月26日
標     高:1405.32m
登山標高差:357m
累積  標高:516m
三  角  点:一等三角点「万城岳」(行政:静岡県伊豆市)
登山時間データ 時刻 時間  
天城山登山口出発 11:33 0:00 登り
1:46
万二郎岳山頂 12:22 0:49
石楠立 12:52 1:29
万三郎岳山頂着 13:19 1:46
万三郎岳出発 13:44 2:11 下り
1:17
登山口着 15:01 3:28

1.登山開始
やましん隊長、飲み過ぎです。
新生活も始まり、ストレスは10万トンタンカー満杯状態で台風直撃、座礁、沈没、駿河湾全域汚染状態か??
うーーーー。このままでは脳みそが沸いてしまう。
ということで、静岡転勤後、やっと山らしい?山への登山です。
とはいっても日本百名山のなかで比較的お手軽な山。伊豆半島にある天城山(万三郎岳)に目標決定!!

やましん隊長、以前より我が足となって車体の底を擦りまくってくれたスパシオはこのたび勇退し、
なんと、新車購入!!。それもあの三菱自動車!!今を騒がす三菱自動車のパジェロロングじゃぁ!!
なぜ、この時期パジェロか??それはやましん隊長はあまのじゃく。みんなが乗らない車をあえて乗る。
ということで、今日はパジェ君初出勤!!いざ行かん!伊豆半島へ!!!(単身赴任の状態で7人乗り買うか??)

【新規導入!!パジェロ、ロング】


さてさて到着、天城高原ゴルフ場横の天城山登山口の登山者専用駐車場!!
2週間前下見に来たときは満杯だったのに、石楠花の時期も過ぎ、かなり寂しい状態。
時は既に11時30分。大急ぎで足揃えをし、出発じゃぁ!!

【登山者用駐車場】                                 【天城山登山口】


さすが百名山。登山道はえぐれるほど歩きこまれ、明瞭。間違いようがない。
とは言っても分岐点が多いが、そこはロープできちんと行き止まりにしてある。
涸沢方面への分岐点の休憩所も緊縛状態!

【最初のなだらかな登山道】                            【涸沢方面の分岐点】


しかし、今日は三島は30度を超える天気予報。湿度も高く暑い!!
最初はなだらかなものの、汗が噴き出す。
ストレスも一緒に流れ出せとばかり茶を飲みまくる。あぁ気持ちええわぁ。この汗ぼと状態。久しぶりじゃぁ。
2年前の台風で流れた沢も横切り、山頂直下の坂を登り切ると、
まずは第1目標の万二郎岳(1299m)到着。

【被害の激しい沢】                                  【万二郎岳山頂】


万二郎岳を通り過ぎ、今度は下る下る。せっかく登ってきたのに・・・・
ここからは登ぼってぇ、下ってぇが繰り返す。
鞍部は広くて気持ちいい。

【万二郎岳直下の急な下り】                             【鞍部】


先へどんどん進むと石楠立(はなだて)とよばれる鞍部到着。
万三郎岳へ向けて最後の休憩をとる。(と言ってもたいした標高差ではないが・・・)

【石楠立】


さて、高い湿度に汗ぼとになり到着しました。登り始めて1時間46分。
日本百名山no,53、天城山(万三郎岳)1405.32m山頂到着!!
ラーメン準備を進める先には一等三角点「万城岳」発見!!
昼食はお約束の金ちゃんヌードルときたもんだ!!

【万三郎岳山頂】                                    【金ちゃんヌードルと一等三角点】


結局、山頂まではほとんどが林の中を歩く展望のないコースであった。
山頂も、富士山方面が開けているが、今日はガスってこれもだめ・・・・・この標高では仕方ないか・・・
その分、思いっきり森林浴を満喫するか

山頂には、休憩する男性1名。この人、ほぼ毎週、天城山に登っている天城の達人。
下りは、この先人にいろいろご指導を仰ぎつつ、けもの道で下山完了。

あとはお約束のお風呂!!伊豆ですよ伊豆!国民宿舎の中伊豆荘の万天の湯でさっぱり!
ええ気持ち。ストレスもだいぶん汗とともに流れました。山はええなぁ

【万天の湯】


やっぱり汗かかんと体に悪いわ!


【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】