【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-51

山     名:蓼科山日本百名山no,63
探  検  日:2005年7月9日
標     高:2530.31m
登山標高差:448m
累積  標高:583m
三  角  点:一等三角点「蓼科山」(行政:長野県立科町)
登山時間データ 時刻 時間  
大川原高原登山口出発 5:28 0:00 登り
1:33
赤谷分岐 6:23 0:55
蓼科山荘通過 6:33 1:05
蓼科山山頂到着 7:01 1:33
蓼科山山頂出発 7:35 2:07 下り
休憩込み
1:46
蓼科山荘通過 7:57 2:29
休憩・朝食 8:08 2:40
赤谷分岐 8:34 3:06
大川原高原登山口帰着 9:21 3:53

1.移動開始
いやぁー今回は参った参った。
やましん隊長。この週末の目標は実は先週山開きをした日本一の富士山!であった。!
ところがである。夜7時に社宅所出発し、富士宮口新5合目を目指して車を進めると・・・・・・
霧・霧・霧!すさまじい濃霧!
富士スカイラインのお金を払って、「ぐりんぱ」までなんとか車を進めたが、ここでギブアップ。
もう1m先も見えない。ライトで真っ白。道路も溝も全くわからん。このままでは、登山口到着以前に遭難(脱輪)する。
と言うことで、泣く泣く日本一の富士山は次の機会にするとして社宅へ帰宅。

さて!こんなこともあろうかと用意していた第2計画を大急ぎで発動する!
静岡東部より比較的近く、結構登りやすい長野県の日本百名山「蓼科山(たてしなやま)」
車で3時間で登山口、山頂まで2時間足らずで、標高差も400m程度。
天気予報も、静岡は雨でも、長野はなんとか晴れ間が出るとのこと。よっしゃぁ!
夜9時に社宅を再出発し、一路、パジェロは中央道を北上!
諏訪ICで降り、給油後、白樺湖経由で、夜中24時に登山口である大川原峠に到着。
広い駐車場には空のRV車1台のみ。風の音がすごい。星も見えない。暗い。寂しい。怖い。
とにかく、朝5時に目覚ましをセットし、とっとと寝るべ!!うーん眠れない・・・・・


2.登山開始
はっと気がつくと、4時45分。外はもう明るい!!隣に登山客の車が入ってくる。
うーーーんよく寝た。しかしさすが標高2100m。寒い。体が目覚めるまで暖房をかける。
なんとか朝日は輪郭が見える。それほど天気も悪くはない。
もう1台車が入ってくる。あわてて登山準備を始め、5時30分、登山口より出発!!

【大川原峠】                                      【大川原ヒュッテ】


登山道は見通しのきかない樹林帯の中、石がゴロゴロ、歩きづらい。湿気は100%みたいだが、
温度がそれほど高くないので薄手の長袖シャツで登り続ける。
だんだん霧が・・・・・・・濃くなるか??
途中、蓼科山が見通せる場所が何カ所かある。山頂小屋まで見える。早く行きたい。

【狭い、石ゴロの登山道】                               【登山道途中から見た山頂】


前掛山てっぺん付近になると登りも緩くなり、場所によっては水平になる。
ここは水がたまるため、登山道には丸太がゴロゴロ。これまた歩きにくい。
登り始めて1時間足らずで、前掛山、赤谷方面への分岐を通過。

【丸太の通路】                                    【赤谷分岐】


赤松分岐から10分で山頂直下の蓼科山荘到着。
ここから先はでかい岩がゴロゴロの急な登りでやましん隊長ヘロヘロ。
足をどこに置くかで悩みながら登る。
特に山頂5分手前部分は冷や冷やしながら両手両足で岩をよじ登る感じで進む。
崩れてこねぇだろうなぁ!

【山頂アタック手前の蓼科山荘】                           【山頂直下の登り(まだ緩い方)】


急坂と大岩に暑汗と冷や汗をかきつつ、やっと山頂部の蓼科山頂小屋が見えてきた。
ここからやたら広い山頂部となる。でかい岩だらけ!なんじゃこりゃ!!。
足場に気をつけつつ、山頂を探して濃霧の中を進む。
岩の黄色ペンキ矢印を進む。

【山頂小屋】                                      【広い山頂】


やっと、到着しました。
濃厚な霧の中、蓼科山山頂(2530.2m)到着!!
傍らに1等三角点「蓼科山」発見!!!

山頂で途中で追い抜かれた新潟から来た男性に証拠写真を撮ってもらう。
風がある。寒いのでウインドブレーカーを着込む。
しかし・・なぁんも見えへん・・・・寒い・・・・・
私は何でこんな所にいるのか????

【蓼科山山頂】                                     【一等三角点】


うーーん。しかし、この濃霧。どうにかならんか???
雨が降る気配はないが、晴れる気配もなし。
しばらく待っても変化無いので、退屈しのぎにそこら辺を探検する。
(ガイドブックには蓼科山頂は広いので、濃霧の時はうろうろすると危険と書いてあるが・・・・・・)

案内板を頼りに、蓼科神社奥宮を捜す。
・・・・・・・おおよその方角を進むと、霧の中からぼーっと鳥居が浮かび上がる・・・・・・
だから怖いんだってば!!このシチュエーション!変な妖怪が出てきても納得しそう!

濃霧の山頂でうろうろしたり、山頂小屋で200円払って綺麗なトイレを堪能したりして時間をつぶしたが・・・
一向に霧はがれる気配なし!
(朝ご飯でお湯を沸かそうにも、風は強いし、山頂小屋付近はバーナー禁止!飯も食えない!)
こうなったらあきらめが肝心!まだ時間も早いので、この後、霧ヶ峰でも行くぞと自分に言い聞かせ下山を決定する。

・・・・山頂直下のあの岩道をまたしがみつきながら下ると思うと、気が重い・・・・・(実際滑る。)

【霧にとけ込む蓼科神社奥宮(怖い)】                      【下りの岩ゴロ道】


このまま飯を食わずに帰るんでは、せっかく重たい水とストーブを持って登った甲斐がない。
登山道途中で休憩場所を発見し、無理矢理朝食時間とする。
さぁてお約束!長野の2500m級でもやっぱりやましん隊長は金ちゃんヌードル。
(金ちゃんヌードルは静岡東部のコンビニでも売っている。ありがたい)
ここまで書くと、やましん隊長は徳島製粉の関係者と疑われるが、何の関係もありまへん。
ただファンです。粗品1個もらってません。(なんかちょーだい!!)

とかなんとかしてる内に、9時21分、登り始めて3時間53分で無事下山完了!
さすが日本百名山。下山途中で何組ものパーティーとすれ違った。
駐車場の車は20台以上になっている。この霧の中、物好きが多い。
(この駐車場でたった1人で前泊し、5時半から登っている自分のことは棚に上げる)

【蓼科山で金ちゃんヌードルを準備する光景】                   【大川原峠帰着】


さて大川原峠を出発し白樺湖方面に下り始めてすぐ、カーナビにトキンの岩の表示有り
なんじゃこりゃ???注意していると・・・ありました・・・・岩。
てっぺんに祠があります。やましん隊長、まだくすぶってますんで、当然登ります。
大川原峠がよく見えます。

【トキンの岩】                                     【トキンの岩の祠越しに大川原峠を見る】


蓼科山は展望が超すばらしい(はずの)山。残念。
この濃霧状態では不完全燃焼!!
やっぱり次(霧ヶ峰)行ってみる???
(霧ヶ峰だけに霧がついて回りそう・・・チャンチャン)

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】