【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-52

山     名:霧ヶ峰(車山)日本百名山no,62
探  検  日:2005年7月9日
標     高:1924.95m
登山標高差:下山のみ360m
累積  標高:下山のみ−375m
三  角  点:現況不明。発見できず
登山時間データ 時刻 時間  
リフト山頂駅 11:28 0:00 登り
0:05
車山山頂到着 11:33 0:05
車山山頂出発 11:53 0:25 下り
0:46
駐車場帰着 12:39 1:11

1.下山開始
さて、早朝から蓼科山へアタックし、濃霧で不完全燃焼のやましん隊長。
蓼科山から10kmも離れていない日本百名山「霧ヶ峰」を放っておくはずがない。
とりあえず、蓼科山の大川原峠から白樺湖経由で霧ヶ峰へ向かう。

あっという間に霧ヶ峰到着。
な・なんだぁ?この人出は?・・・・・
当初、車山西の霧ヶ峰ロイヤルインの駐車場に止め、歩いて登る予定であったが・・・・
駐車場は大渋滞。・・・・なに?ニッコウキスゲ?
やましん隊長はピークハンターで、花は管轄外。全くわかりましぇん。
何で日光が車山に生えてるんだ????

【ニッコウキスゲ】


そのニッコウキスゲとやらがなだらかな草原の山の至る所に咲きまくっている。皆の衆はこれを見に来ているのか??
まずはどこかに車を止めたいが、スキーのリフト乗り場と、ロイヤルインの駐車場はどちらも満車で行ったり来たり。
でも駐車場は空かない。時間が過ぎてゆく・・・・・・やばい・・・・・・・

見ると、ロイヤルインの駐車場はニッコウキスゲ目的の客と、登山目当ての客に対し駐車場は100台しか無く大渋滞。
一方、リフト乗り場は、ほとんど花目当ての客が多く駐車場が200台と広い。待っていれば入れそう。
しかし、リフト乗り場から登ると標高差350m以上!ロイヤルインから登るに比べ3倍以上!距離も長い。

蓼科山登山をこなしてきた体が、この登山をいやがっている!(案外情けない)

と言うことで!やむを得ず、あくまでやむを得ず、リフトで上がります!
(一応、やましん隊長は楽して登るピークハンターですから・・・・・・)

と言うことで、駐車場入り口で待つこと10分。無事リフト乗り場に駐車完了。
山頂往復リフト券(1700円)も購入。(おいおい往復かよ!)
山頂は見えているが、風があると冷えるので、ウインドブレーカーを羽織る。
待つこともなくリフト2機を乗り継いで、労せずして霧ヶ峰(車山)山頂へ向かう。

【リフト乗り場より車山を望む】                           【楽チンのリフト】


山頂駅を降りると・・・・・なんじゃ?
また霧が・・・

霧が西側より流れてきており、山頂全体がまたもや濃霧状態・・・・
とりあえず、整備された遊歩道を少しだけ上る

【山頂間近の遊歩道】


おーっと、お約束の宗教的設備。やっぱり山には祠がつきものか???
でもこの山頂は人がうじゃうじゃいるので、不気味感は全くありません。
その横に、ありました。車山山頂(1925m)のポール発見。とりあえず記念写真。

【山頂の祠】                                       【山頂のポール】


さて、目的は達した・・・・(ほとんど歩かずに・・・・)
おや?、さらに西に何か巨大な物が見える。モスクか???
近寄ってみると、気象庁のレーダードーム。なんかかっこいい。中を見てみたい。

そして、さらにその西にまたもや車山山頂(1925m)の表示発見!!
その奥にもまたまた車山の木製表示発見!!
いったいどれが本物の山頂表示なんだぁ!????(山頂が広すぎ)

【気象庁レーダードーム】                               【山頂の表示】


この車山(霧ヶ峰)には二等三角点「車沢」があるはずだが・・・・見つからない。
GPSで緯度経度を確認しつつ、20分以上捜索したが、やはり見つからない。
場所的には、右上写真の山頂表示板の足下付近のはずであるが、それらしい物は見あたらない。
こんなに簡単に到達できる山頂なのに、国土地理院のおっさんが来られないはずはない。

もう一度、ネットで調べた三角点情報を見ると・・・・・・ 現況  不明:1996:05/03・・・・・
なんじゃぁ!9年も前から無くなっとんかい!はよ復活させてよ!

さて、やましん隊長。これから下山するに当たってしばし考えた。
手元には往復のリフト券がある。(1700円)
しかし、仮にも日本百名山。ほとんど歩かず終わるのももったいない。
そして、リフトで登ってくる途中も、山の斜面はニッコウキスゲが満開状態。多くの人が散策している。
よし!。下りだけでも歩きましょか!。ということで、駐車場方面へ下山開始。

うーーん。しかし、さすがこれだけカメラを持った夫婦、カップル、花マニアがうじゃうじゃ寄ってくるだけのことはある。
このニッコウキスゲのお花畑はすごい。やましん隊長、グットタイミングに感謝!
気分はすでにロッテンマイヤーさん。(ハイジでもペーターでもないところがやましん隊長、感性の違い)

【ニッコウキスゲ】                                   【近寄ってのニッコウキスゲ】


【今回のベストショット:】


いやー見応えありました。
しかし、下山遊歩道。標高差350m以上、4km弱。お花畑をぐるーっと回るように設定されているため
45分もかかってしまった。

さて、帰りに白樺湖半のすずらんの湯で汗を流し、静岡までかえりましょか

【すずらんの湯】


あまり花に興味のないやましん隊長でも
ここまで強烈に咲きまくっていると感動する。
いやぁすごかったですな


【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】