【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-53

山     名:美ヶ原(王ヶ頭)日本百名山no,61
探  検  日:2005年7月17日
標     高:2034.08m
登山標高差:97m
累積  標高:229m
三  角  点:三等三角点「美ヶ原」(行政:長野県松本市)
登山時間データ 時刻 時間  
美ヶ原高原美術館前大駐車場発 11:12 0:00 登り
1:19
牛伏山山頂 11:36 0:24
美しの塔 11:58 0:46
王ヶ頭山頂着 12:31 1:19
王が頭山頂発 13:05 1:53 下り
1:01
美ヶ原高原美術館前大駐車場着 14:06 2:54

1.登山開始
今週末は国民の休日「海の日」のため3連休!!
なんと、やましん探検隊、副隊長、隊員1号2号が静岡へ来る!!(やっぱり久々に会うのはうれしいもんである。)
初日は富士サファリランドなどに連れて行ったが、2日目は・・・2日目は、山・・・・か???
と言うことで、静岡より一路車を飛ばし、家族連れでも大丈夫な、超なだらかな日本百名山「美ヶ原」へ向かう!

長野自動車道、岡谷ICよりビーナスラインを経て美ヶ原へ到着。
しかし、山本小屋へは車いっぱいで入れない・・・・
仕方なく、数百m先の美ヶ原高原美術館前大駐車場へ車を止める。

ここの駐車場からは美ヶ原ハイキングコースへの入り口がわかりにくい。
ほとんどの客が美術館へ吸い込まれてゆく。美術館へ行っても仕方ないので受付のねーちゃんに聞いてみると
歩道橋の下付近に、ハイキングコースの入り口があるとのこと。
うーん、なんじゃこりゃ。この駐車場から見える一帯は美術館の所有で、
美ヶ原登山者は、細いハイキングロードを通るか、遠回りをするしかない。
年配の団体登山客の一行へついて行くことしばし・・・・ハイキングコースの入口を発見。登山開始となる。

【美術館大駐車場】                                  【美術館の狭間のハイキングロード】


さて、駐車場から、なだらかな木道を進むこと24分。
牛伏山山頂へ到着する。ここから美ヶ原最高峰の王ヶ頭がよく見える。
ここから少しバックし、山本小屋へ結構下る。

山本小屋はマイカー、バスがうじゃうじゃ状態。人もいっぱい。
緩い登りの広い砂利道をテクテク進む。

登りはじめて46分で美しの塔へ到着。団体客が過ぎ去るのを待ってから記念写真を撮る。
しかし人が多い

【牛伏山山頂】                                    【美しの塔】


美しの塔をすぎると・・・・・ながい・・・ながい緩い牧場の中の道をゆるゆる進む。
景色に変化がないのでよけいに長く感じる。(隊員2号は嫌気がさしている)
手を引き、クッキーを食わせ、なだめすかして王ヶ頭へ歩を進める。

【なだらかな登山??道】                             【王ヶ頭直下??】


終始なだらかな道を進み、登りはじめて1時間19分。
到着しました美ヶ原最高峰「王ヶ頭」2034.08m山頂到着!!
その傍らに、三等三角点「美ヶ原」発見!!

【山頂】                                         【三角点】


しかし、この山頂。ホテルの裏手の資材置き場の横にひっそりとあり、まったく肩身が狭そうである。
はっきり言ってホテルが威張りすぎている。なんじゃこりゃと憤慨する。
とは言うものの、背に腹は替えられず、やましん探検隊ご一行様、ホテルでうどんに舌鼓を打つ。(節操がない)

【山頂のホテルでうどんを食う】


昼食も終わり、ホテルを出て、帰り道を望む。
今回のベストショット!


下りは牛伏山を登らず、山本小屋より車道を進み、途中から登山道へ戻る楽なコースをとる。
約1時間で駐車場へ帰還完了。
あとで見ると約9kmの道のり。隊員2号は「疲れた・・・疲れた・・・」の連発。
その後、伊豆長岡温泉まで、とんぼ返りのやましん探検隊。休日は続くのであった。

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】