【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-54

山     名:富士山(剣ヶ峯)日本百名山no,72
探  検  日:2005年7月29〜30日
標     高:3775.6m
登山標高差:1844m
累積  標高:2171m
三  角  点:二等三角点「富士山」(所有者:静岡県富士宮市 浅間大社)
登山時間データ 時刻 時間  
須走口出発 21:05 0:00 登り
5:30
須走口山頂部到着 02:35 5:30
お鉢巡り開始 05:10 8:05 散策
1:03
お鉢巡り終了 06:13 9:08
須走口下山開始 06:45 9:40 下り
1:58
須走口到着 08:43 11:38
 ☆徹夜突貫モード

山梨側より望む

1.目標決定
さてさて、今まで何度と無く計画し、未だ登れていない一番近い日本百名山と言えば富士山!!
この山の登山に適した期間は7月初めから8月末のわずか2ヶ月間。
週末トレッカーのやましん隊長は本年9回しかチャンスがないが、天候、その他の用事でもうあと2回程度しか
予定を入れられない。
今週末は日本海側の低気圧が近づいてくるとのことで、天気は下り坂。土曜日は曇り・・・・・・
と言うことは・・・・雨は降らないの????(などど都合のいい判断)
(本音を言えば少々の雨でも今年中に富士山に登りたかった。

それでは皆さん。とうとう、とうとう、とうとう今週末(2005/7/29)行きます!!(カッパもザックカバーも準備完了)

と言うことで、金曜日の夜。いそいそとお出かけするのは富士山登山口の中でもマイナーな須走口。
なぜここを選んだかというと、須走口は人気がない!!
富士宮口は標高2400m、吉田口も2300m、一方、須走口は2000m。
そら、皆さん、楽したいわなぁ。
特にこの時期は富士宮口と吉田口では、登山道でも渋滞が発生するそうで、
自分のペースで登りたいやましん隊長は、少々標高差が増えようが人気のない(はず)の須走口からこっそり登ることに決定!
(もちろんぎゅうぎゅう詰めの山小屋泊などは論外。徹夜突貫モードで登るぞ!。
 ・・・・・・これが、後から考えると大失敗であった。)

2.登山開始
社宅から一番近い日本百名山。(というか、富士山(正確には愛鷹山)の麓に住んでます)
車を飛ばし、1時間足らずで富士の真東の須走口へ20時20分到着。
なんじゃこりゃ!既に駐車場はほぼ満杯状態。人気がないルートではなかったのか??
空いたスペースを探し、やっと駐車完了。一安心。

さて、2時頃出発すればいいかと仮眠の準備もしてきたが・・・・・・
なんと、周りの皆々さん、どんどん出発してゆく。

そこでインタビューしてみると
前泊していない登山者はゆっくり登らなければ高山病の危険もあるので7時間以上かけて登りたいとのこと。
うーーん、言われてみれば、やましん隊長も3000m級は昨年の乗鞍のみ。
それでさえ酸素缶を奪い合い、吸いまくった記憶が・・・・・

いかん!やましん隊長も高山病対策を完璧にせねば!
今回はゆっくりゆっくり登るぞぃ!

後で考えれば、ここでもう1時間ほどゆっくりしていれば、もっと楽だったかもしれない
しかしこの時点では、もう行く気満々のやましん隊長。
ほかの皆さんといっしょに21時に出発進行!!

【出発準備完了、やる気満々のやましん隊長】


登りはじめて、改めてこの富士山、須走口登山道の厳しさを実感。
標高差1800m。1800mやて!!!
完璧に未知のゾーンである。それに夜の登山も初めて。3776mの世界も当然初めてである。
うーーん、これはちとやばいか?(でも、ワクワク)

登山道は明瞭で、スポーツ店で買った安物もLEDヘッドランプでも十分。
最初は樹林の中を登ってゆく。風がない。
温度は低いはずだが、汗が吹き出し、長袖を脱いでTシャツのみになる。
22時07分、登り初めて約1時間で6合目「長田山荘」を通過。

空を見れば、満天の星空、月まで出てきた。御殿場、裾野、三島、沼津の夜景が綺麗に見える。

【6合目 長田山荘】                                 【御殿場方面を見る】


普通なら、この小屋は何時に通過して、どんなサービスがあって、なんて言うことを書くんだろうけど、
・・・・・・実は、やましん隊長、暑さと寒さで既にへろへろ・・・・

とりあえず、時間は書きますが・・・・・・
  6合目 長田山荘(2400m) 21時07分(1時間2分)・・・・・・・・・・汗ぼと
 本6合目 瀬戸館(2700m)  22時45分(1時間40分)・・・・・・・・・汗が冷たく寒い。Tシャツ着替える
  7合目 太陽館(2950m)   23時30分(2時間25分)・・・・・・・・寒い。長袖着る
 本7合目 見晴館(3150m)  00時21分(3時間16分)・・・・・・・・・息がだいぶ苦しい。足も重い

ひたすらライトに照らされる足元を見て黙々と登る。

【見晴館】


・・・んっ!?なんか気持ち悪いぞ!。ついに来てしまったか。
8合目(3250m)をすぎた頃から・・・・・・吐き気???頭痛???
これは・・・もしかして高山病!!!!

しかし、やましん隊長、準備万端!。既に勉強済み。
高山病の症状が出たときは、酸欠状態なので、とにかく息を吐いて肺の空気を入れ換える。
ハーハー、フーフー。ほとんど妊婦のラマーズ法である。

そろそろ登山道のあちこちでは、高山病でばてた登山者がばたばた倒れている(休憩している)
その中を、ひとりハーハーフーフー。ラマーズやましん隊長は進んでいく。
(非常に恥ずかしいが、背に腹は替えられない)

しかし、ラマーズ(以後、深呼吸に変更)は最初の内はよく効いて、吐き気も頭痛も治まるのだが、
さらに標高が上がると、歩くとすぐに効果が切れる。少し進んでは止まり、深呼吸の繰り返しになる。
もう既に、周囲の登山客も含め、徹夜突貫組、敗残兵一個中隊はゾンビの大集団と化す。

そこまでして富士山に登る価値があるのか!!と自分に問いかけるが、
ここまで来て今更引き返せるかい!との思いのほうが強い。

ゆっくりゆっくりゾンビは進む。
んっ!?鳥居が見える。でもそんなことはどうでもいい。とにかく山頂に到着すれば、楽になれる。(02時01分)
(あとで確認したら、この鳥居は9合目。ここには山小屋はありましぇん)

さらにへろへろゾンビは進む。もういつ死んでもおかしくない。
んっ!?鳥居が見える。とりあえずくぐる。(02時35分)

【9合目の鳥居】                                     【次の鳥居】


くぐった先には建物が・・・・ん???なんじゃここは!!!
富士山頂上奥宮(の看板)!!????
もしかして、登り切ったのか!!???

やったぁ!5時間30分!やりました。3720m到達!(でもまだまだ続くラマーズ法)
もう登らなくていい・・・・ずらっと並ぶ店前の椅子にへたり込む。

まだ3時前なので店屋は全部閉まっている。

風が強く寒い!!半端でないくらい寒い!!
あわててありったけの服、カッパを着込む。それでも寒い。
みると、建物の陰など風の弱いところに弱った登山客がぶっ倒れている。(凍死しないのだろうか・・)

3時過ぎに店屋が次々OPEN。急に騒々しくなる。這々の体で暖かく風のない店内へ逃げ込む。
暖をとるためラーメンを食うが、またもや酸欠による吐き気がしてくるためラマーズ法。
(しかし、インスタントラーメン1杯800円。想像を絶する物価である。)

【神社】                                         【未明からラーメン】


4時に近づくと、いい位置でご来光を見ようと、復活したゾンビ登山者が群がってくる。
4時40分過ぎ?ご来光。後ろを振り返ると・・・すさまじい数の登山者である。
この太陽は富士山で見ているだけで、べつに日本国中で見えるはずだが、
なぜかみんなこの世の見納めのように写真に撮りまくっている。(というやましん隊長も10枚以上撮りました)

【ご来光】                                       【恍惚の登山集団】


さてさて、ご来光も撮ったし、高山病もなんか知らん間に直ってしまったし、
本業の登山に復帰するぞ!!

お鉢巡りのため左手に進む。いくつか道があり、危うく下山道を下るところだった。(やばいやばい)
まずは富士山最高峰の剣ヶ峯を目指す。残念ながら霧で景色はさっぱり。とりあえず日本で一番高いところへ進む。
時計回りで回ったため、富士宮口の山頂部を通過する。人がいっぱいで郵便局も大混雑。
これは当分は入れまへんなぁ。

【お鉢廻り開始】                                    【富士宮口山頂部】


さらに進むと出ました。
旧富士山測候所!!(レーダードームが消えてます)
その敷地へ階段を上ると、そこにありました!
日本国最高峰、富士山 剣ヶ峯 3775.8m山頂到達!!
(こういった特別事情を記念して、やましん隊長の素顔初公開します。)



山頂標識の脇に二等三角点「富士山」発見!!
さらに奥に電子基準点「富士山」の立派な一物発見!!
しかし、なんで富士山の最高峰が二等三角点なんじゃ????

【二等三角点】                                    【電子基準点】


その後、なんと!なんと天候回復!霧が晴れました!!
ありがたやありがたや。やっぱり山は晴れとらなあきまへん。

ということで、今回のベストショット!
富士山の火口です。(横に長いのでスクロールしてね)
まだ雪が残ってます。中央奥が最高峰剣ヶ峯(富士測候所)です。



約1時間でお鉢巡り終了。その後、山頂の土産物屋、バイオトイレを楽しむ。

たぁーっぷり、富士山頂を堪能したし、雲海も見たし、朝6時45分下山開始(はっ早い!)
徹夜の割には全く眠気は無く元気だが、あとでどっと疲れが来そうなので先を急ぐ。

須走口は基本的に登山道と下山道を分けている。(一部供用もある)
下山口から登山道を見ると・・・・・来てます来てます。新たなるゾンビ軍団が・・・・

さて今からたった1800m下るか!(やっぱり死ぬなぁ)

【登山道を見るとぞろぞろと・・・】                         【雲海】


さて、このコースは砂走りがあり、下りが楽とあるが・・・・・・・
やっぱりきつい!!しかも長い!!

足が痛くて痛くて・・・・・ひざが痛くて・・・・・体ボロボロ・・・・
この苦痛はいつまで続くのか・・・・

【砂走り】                                        【樹林帯の下山道】


ひざがくがくで、やっとやっと下りてきました。
8時43分、下山時間1時間58分。時間以上に長く感じました。

しかし、標高差1800m、歩行距離18.4km、徹夜でよう歩いたわ。ほんまに。

駐車場へ行くと満車で入場規制中!
ふじあざみラインを下ると・・・・・どっひゃぁ!!なんじゃこりゃ!
この須走口でもこの路肩駐車。何キロも続いてます。
この時間でも、まだまだ上ってくる車有り。皆さん好きでんな

その後、「すその美人の湯」でボロボロの体を浸し、
抜け殻状態のやましん隊長、午前中に帰宅完了、爆睡!!!

【下山完了】                                     【延々と続く路駐】


よい子の皆さんは8合目で一泊して体を慣らして、元気いっぱいでご来光を拝みましょう!

まぁ、最大かつ最重要な一山を登り切りました。
とりあえず、2年間は絶対富士山は登りません。以上!
(高山病の特効薬、ないかのぉ。)

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】