【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-55

山     名:金峰山日本百名山no,68
探  検  日:2005年8月19〜20日
標     高:2599m
登山標高差:239m
累積  標高:650m
三  角  点:三等三角点「金峰」(行政:山梨県甲府市)
登山時間データ 時刻 時間   
大弛峠出発 5:14 0:00 登り
2:00
朝日岳 6:15 1:01
金峰山山頂着 7:14 2:00
金峰山山頂発 8:09 2:55 下り
1:59
朝日岳 9:14 4:00
大弛峠帰着 10:08 4:54
 ☆登山口前泊モード

瑞牆山山頂より望む

1.目標決定
さて、転勤先地元原住民の夏祭りも終わった。盆休みの帰省も終わった。
十分ストレス発散されてよいはずなのだが・・・・・
富士登山で抜け殻状態になって3週間。そろそろ山中毒の禁断症状か・・・・・

ということで、8月20日は登りに行くぞ!
目標はやはり百名山!残り少ない夏に、できれば標高の高い山を登りたい。
しかし、天気が今ひとつ。岐阜方面は雨の予報。うーーん
しばし悩み、天気予報で午前中晴れという山梨県に絞る。
今回の目標は標高2599mの金峰山に決定!!
午前中に下山するため、登山口に前泊するぞ!

2.出発
さて、金曜日の19時30分三島社宅のベースキャンプ出発。食料買い込み、給油完了。いざ山梨県へ!。
高速道路は順調。途中、山梨県勝沼町で工事による通行止めで迂回を余儀なくされたが、21時過ぎに
林道へ突入。杣口林道(クリスタルライン)、川上牧丘林道をぐんぐん進む。
しかしこの山は鹿が多い。途中で3回遭遇。いきなり目前に出てきて轢きそうになったりもする。(ドキドキ)

22時30分、目的地の大弛峠(標高2360m)に到着。ここは車道峠では日本一の高さらしい。
峠には便所もあり、20台以上の駐車場がある。すでに3台の先客有り。
ごぞごぞ寝る準備をしているとあとから3台到着。今日は寂しくない。夜空は満月、雲無し!。

しかし、なぜか1時間おきに目が覚める。2時以降はやたら寒くて毛布にくるまり蓑虫状態。
さすが2360m。やはり、寝袋とマットを買うか・・・・・

3.登山開始
4時20分。起床。ごそごそ準備をする。徐々に明るくなり、5時に出発する組もありこちらも急ぐ。
結構車が増えている。5時15分。大弛峠金峰山登山口出発!!

【早朝の大弛峠駐車場】                               【大弛峠金峰山登山口】


登り初めは木道。登りにくい。道もぬかるみが結構ある。
すぐに汗が吹き出し、長袖を脱ぎTシャツになる。
登って下って30分、鞍部の朝日峠到着。ここからは朝日岳への登り返しとなる。

【木道の登山道】                                   【朝日峠】


ゼィゼイ。暑い。何が2500m級だ。やっぱり夏。暑いぞコラァ!!
とひとりぼやきながら登ってゆくと、登山開始からちょうど1時間で朝日岳山頂到着。
その後、急な下りをこなし、またまた登って進む。(このルートの累積標高差は結構ある。)

鉄山のトラバース分岐では、倒れた案内板が道をふさいでいたが、わざわざ鉄山山頂経由方面へ進む。
登山開始後1時間30分で鉄山山頂到着。
標識ひとつもない寂しい山頂。見晴らしもよくない。登りがいのない山頂である。

【朝日岳山頂】                                     【鉄山山頂】


鉄山からははっきりしない登山道を金峰山方面に下る。道が解りづらい。
あまり歩かれていない模様で灌木をかき分けかき分け進む。5分ほど下ってやっとトラバース道と合流。

ここまではほとんど樹林の中での道であったが、標高2530m付近になって、やっと森林限界を超える。
振り返ると、登ってきた尾根が朝日と青空に映える。
こりゃぁええ天気になってきましたなぁ!!

この先は低木の中を山頂へ進む。もうちょっと・・・

【大弛峠方面を振り返る】                              【山頂5分前】


右下を見ると、瑞牆山が見える。次の目標はあそこか???

【瑞牆山】


山頂の大岩をよじ登り、登山開始後、ちょうど2時間、朝7時14分に
金峰山(2599m)山頂到着!!
傍らに三等三角点「金峰」発見!!

実際はこの山頂標識横に小高い岩積みがあり、そちらが最高地点。
しかし、危なっかしく、どこが正確な山頂か結局解らずじまい。ともかく、あちこち登りまくる。
山頂からは下界の建物、畑等が望めるので、2600mもの標高がある感じはしない。

【金峰山山頂】                                     【三角点】


このあと、山頂からさらに奥(西)へ下る。
すぐ目の前に金峰山のシンボル、五丈岩がでぇーんと鎮座する。
よくまぁこんなてっぺんにこんなもんが・・・・・
五丈岩まで下って山頂を振り返る。岩がゴロゴロ。

【五丈岩】                                        【五丈岩より金峰山山頂を見る】


さぁてやってきました。朝食タイム。
お約束の金ちゃんヌードル!
今回は五丈岩とのツーショット、金峰山山頂標識と富士山とのコラボレーションと贅沢なシチュエーション
(周りの登山客は犯罪者でも見るような目つきで眺めるが、やましん隊長は平気平気!悪のり状態!)

【五丈岩と・・・・】                                   【富士山と・・・・】


約一時間、山頂を十分に堪能し、8時9分下山開始。
10時8分、大弛峠へ下山完了。

下山途中、数多くの登山客とすれ違ったが、案の定、峠の駐車場はもとより、路上駐車も含め満車状態。
タクシーで乗り付ける登山者も多い。瑞牆山への縦走客であろう。さすが百名山である。

【大弛峠山梨県側】                                 【大弛峠長野県側】


パジェロにて撤退。ゆっくりと林道を下る。しかしこの林道はよく整備されている。(昼間は鹿はいません)
その後、牧丘町営「花かげの湯」で汗を流し、さっぱり!でも下界は暑い!!

【林道(下り)】                                    【花かげの湯】


いやぁ天気もよくてよかったよかった。
やっといい季節になってきました。青空最高!!
でもちょっと雷怖い・・・

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】