【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-57
山     名:八ヶ岳(赤岳・横岳・硫黄岳縦走) 日本百名山no,64
探  検  日:2005年9月17日(日帰り)
標     高:2899m
登山標高差:1233m
累積  標高:1810m
三  角  点:一等三角点「八ヶ岳」(行政名:長野県芽野市)
登山時間データ 時刻 時間 備考
やまのこ村駐車場発 5:00 0:00 薄暗い
行者小屋 6:54 1:54  
文三郎尾根頂 8:00 3:00  
赤岳山頂着 8:37 3:37 朝飯休憩
48分間
赤岳山頂発 9:25 4:25
地蔵の頭頂 9:52 4:52 通過
横岳山頂 10:45 5:45 通過
硫黄岳着 11:51 6:51 三角点捜索、昼飯
50分間
硫黄岳発 12:41 7:41
赤岳鉱泉荘通過 13:48 8:48 通過
やまのこ村着 15:20 10:20 へろへろ
 ☆登山口前泊・日帰り突貫モード

地蔵ノ頭より横岳方面へ少し登ったのピークから赤岳を望む

1.目標決定
2005年9月!明日からは敬老の日で三連休!!
天気予報は晴れ!晴れ!晴れ!。こうなったらいくしかないでしょ。
今回の目標は、以前より中央道走行中、よだれを垂らしながら眺めていた八ヶ岳!
車で3時間足らずで登山口まで行けるし、登山時間もそれほど長くない。
百名山の本などでは「さぁかかってこい」と言わんばかりのかっこいい山容が気に入った。

ここでやましん隊長考える。
せっかくの3連休初日。明日の登山は縦走にしてみたい。
マイカー登山ではなかなか縦走はできず、今まではピストン中心。
他の先輩方の山行記録を拝見すると、最高峰の赤岳から中岳、阿弥陀岳へ行くコース。
または横岳、硫黄岳経由で赤岳鉱泉へ降りるコースなどがよさそう。

ここで予定決定。
朝できるだけ早い時間で登山を開始し、9時前までに赤岳山頂に登れたら、横岳、硫黄岳に行くぞ!

2.出発
金曜夜19時30分。ベースキャンプ三島(社宅)出発。
諏訪南ICでおりて、八ヶ岳の裾野の樹林の高原を進む。
やがて、美濃戸口に到着。別荘地ですなぁ。優雅な暮らししとるやつが住んどるんやろうなぁと、しばしねたむ。
ここからカーナビの地図にも入っていない美濃戸への林道に突入。
さすが、情報通りのダート道。パジェロではすれ違い無理の細い道。一般車なら底を擦るだろう。
夜遅いため対向車はゼロ。よかった。
22時12分、美濃戸到着。山小屋は寝静まっています。駐車場もまだまだ空いている。
この三連休。明日の朝には満杯になるんだろうなと思いつつ、明日の備えて早めの就寝
・・・・・・・・・・うーん眠れん!。結局1時頃寝付く。

【美濃戸 やまのこ村】


3.登山開始
6月に比べ日の出も1時間遅くなっている。プロトレックのアラームが4時15分に鳴るが外は未だ暗い。
しかし、9時までに赤岳山頂に到着したいので、足揃えを開始する。すると、誰かが動くのを待っていたかのように
他の車からも徐々に人が出てきて準備を始めた。

なんだかんだで朝5時ジャスト、駐車場出発!。しかしまだ薄暗い・・・・・
10分もかからず美濃戸山荘前の北沢南沢分岐点に到着。しかし薄暗い!!
行者小屋を目指し、南沢方面へ進路をとるが、沢横の樹林の中で、かなり暗い!!うーん、道が解りづらい。
と、そこへ後からもうひとりと初老の男性登山客登場。慣れているらしく進んでゆくので、後について行く。
だんだん明るくなり、暑くもなってくるのでTシャツになる。
しかし、南沢添いの道は結構、長い!!(適度な登りが延々と・・・・)

【北沢・南沢分岐点】                                 【沢沿いの樹林道】


登り初めて1時間30分。登りが緩くなったと思ったら、やっと涸沢に到着。
広々した明るい場所でほっとするが・・・・すぐまた樹林の中へ・・・

・・・・・・・・遠くにエンジン音が聞こえる。ヘリポート発見!。
6時54分、登り初めて1時54分で、やっと、・・・やっと行者小屋到着。一息入れる。
空は快晴!雲ひとつ無い!。そして・・・前に立ちはだかるは八ヶ岳連峰!まさに・・・まさに壁!
体はこの時点で結構疲れが・・・・・(^_^;)

【行者小屋】                                      【見上げる赤岳】


さて、こんなところでお茶している暇はない!
同じルートは通りたくないので、赤岳と中岳との間へ登る文三郎道へ突入!!

・・・・・・スタートしたものの・・・・・この登りは・・・・・・・し・しんどいでんなぁ!
急角度のほぼ直登。道はざれるし、金網階段はふにゃふにゃ。ストックは使えないし・・
20歩登って30秒休む状態が続く。ゼィゼィゼィ。鎖を持つ手もだるい。
この苦闘を行者小屋より1時間3分続けた結果、なんとか尾根へ登り切る!

【急登!文三郎道】                                 【文三郎道尾根頂上】


標高2700mの尾根!汗びっしょりに吹き付ける冷風!寒い!冷たい!こりゃあかんわぁ〜〜
あわててヤッケを着込む。
しかし、ここからの景色は最高!!先日、霧の中で不完全燃焼の蓼科山がはっきり見える!
横岳、硫黄岳が近くに見えまぁーす!(ってことは、この疲労困憊下でも縦走は決行決定か(^^;))

【北へ続く八ヶ岳連峰】


さて、山頂を見上げると・・・・まだまだあるなぁ。・・・・壁じゃ・・・・ここからが最後の勝負!
しかしこれは危ない道。やましん隊長おしっこちびりそう。
急な岩の斜面を鎖頼りに山頂方向へよじ登ってゆく。ここでめまいでも起こそうもんならあの世行き〜〜

【文三郎尾根分岐より赤岳山頂を見上げる】                          【赤岳山頂直下】


やけくそで岩山を登ること15分!とうとうやってきたぞ!

8時37分。登り初めて3時間37分。八ヶ岳最高峰 赤岳(2899.17m)山頂到着!
にぎやかな山頂の中央に一等三角点「八ヶ岳」発見!!

【赤岳山頂】                                      【三角点、赤岳頂上小屋】


さぁて、この快晴!ぐるり360度。絶景かな絶景かな!
富士山、南アルプス、中央アルプス、浅間山の噴煙までごらんの通り。こりゃたまりまへんなぁ。

【東→南方面】→→右スクロールしてね

【北〜東方向パノラマ】


さぁ、それでは、八ヶ岳最高峰で・・・お約束、金ちゃんヌードルターイム!
先日デビューのPRIMUSバーナー、赤岳でもあっとゆうまにぐらぐら。いっただっきまぁす!

【湯沸かし中】                                     【食う隊長】


4.縦走開始
さて、赤岳山頂到着は9時前だった!と言うことは横岳、硫黄岳!行くぞ!!
頂上小屋をすぎ、これから登る横岳を見る。険しそうやなぁ(ちょっとびびる)
とにかく、赤岳を地蔵の頭方面へ滑り落ちるように下る。危ない危ない。また鎖場。
山頂より22分で赤岳天望荘を通過、さらに5分でお地蔵さん到着。
ここで、これからの岩場で落ちないようにお参りする。

【迫る横岳】                                       【地蔵の頭のお地蔵さん】


さて、そこから先は難所と言われていたが、文三郎道から赤岳への岩場を登ったことで多少慣れたせいか
それほどの恐怖感もなく、ぐんぐん進む。

後ろを振り返ると、感動!今回のベストショット!赤岳、中岳、阿弥陀岳のお見送り。

【見返り絶景】


しかし、直射日光と無風状態でまたまた汗だく状態。汗で手が滑るとあの世行きなので軍手をつける。
岩山のピークに次ぐピーク。そして、10時45分、赤岳より1時間20分で横岳山頂(2829m)到着。

【横岳への縦走路】                                 【横岳山頂】


少し曇ってきましたぞ。先を急ぐか・・・・
おぉーっと、来ました。なかなかの難所!手をはなせばこの世とのおさらばですな。
ここを歩けときたか・・・・・行きましょう・・・・・

【難所1】                                          【難所2】


ここを越えると、急になだらかな道。生き返えった気分。
鞍部へ下ると硫黄岳山荘のお出迎え。結構にぎわっている。さすが三連休。
ここの山荘は、なんと、なんとウォシュレット。電気も水もままならない山で・・・・・
天の助け。利用させてもらいます。(1回100円。安い!)

【硫黄岳へ】                                       【硫黄岳山荘】


遠目で見たよりも結構急な坂を登り切ると、
11時51分。横岳より1時間6分で硫黄岳山頂(2760m)到着!
やっと縦走完了。後は下るのみと思うと余裕が出てくる。
もう一度地図を見ると、少し離れたところに三角点がある。準備はしていなかったが探してみる。
遠くから見ると近寄りたくないような火口沿いの縁を反時計回りに進んでいく。
見あたらないのであきらめて少し戻ったところで、やっと三等三角点「箕冠」(2741.69m)発見。

【硫黄岳山頂】                                     【三角点】


振り返ると硫黄岳山頂も結構やばい場所にあるのが解る。
この火口の縁は、足元に地割れだらけで、近寄りすぎると一緒に崩落しそう。怖いぞこの場所!
ロープより火口側に行くと命の保証は無いですよ。



5.下山
さて、カロリーメイトで昼食もすませ、時刻も12時41分。そろそろ下山するといたしましょう。
遠くからも目立つ白く変色した鞍部からつづら折りの樹林道を赤岳鉱泉を目指して下る。下る。・・・・・下る。
なかなか着かない。縦走をこなした足はもう既にふらふら。熱海から来ている人と話ながら下るが、
それにしても遠い。13時48分。1時間7分かけてやっと赤岳鉱泉に到着。

【オーレン小屋と赤岳鉱泉への分岐点】                     【赤岳鉱泉】


熱海の人は、赤岳鉱泉にお泊まり。ええなぁ〜〜
わたしゃこれから美濃戸までさらに下る。もう疲れたよ〜〜

愚痴を言っても仕方ないので、すぐに出発する。今度は群馬の人と話ながら下る。
元気ならば感動するような気持ちのよい沢沿いの道を下る。・・・・下る。・・・・・下る・・・・。
疲れたよ〜〜

なかなか着かない。
道は沢沿いの道から車も通れそうな林道になる。この道を進む。・・・・進む・・・・
わしゃほんまに疲れたよ〜〜

【赤岳鉱泉からの下山道1】                            【赤岳鉱泉からの下山道2】 


やっと帰り着いたぞ!美濃戸!
15時20分。下山開始より2時間39分。登山開始より10時間20分で八ヶ岳縦走完了。
歩行距離20km!。長い下りは堪えるわ。もうへろへろです。

疲労の権化のやましん隊長。帰りには八ヶ岳高原の「もみの湯」でボロボロの体を浸す。
かすかに甘い香りのする濁ったお湯で、木々に囲まれた露天風呂で落ち着けるいい温泉。
これで500円〜〜♪♪。この湯はありがたい。あぁ〜極楽極楽。

【美濃戸山荘前分岐に到着】                             【もみの湯】


さすが長野の八ヶ岳。天気も最高!気分も最高!疲労も最大・・・

今回の散財
登山食料代 ¥931円 飲み物、おにぎり等
高速道路代 ¥7980円 ETC前払い割引前
やまのこ村駐車場代 ¥1000円 未舗装
ガソリン代(推定) ¥5000円 byパジェロ3000
日帰り入浴代 ¥500円 もみの湯
合   計 ¥16342円
この前の御嶽山の時よりはリーズナブル。

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】