【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-58
山     名:瑞牆山 日本百名山no,69
探  検  日:2005年10月1日(日帰り)
標     高:2230m
登山標高差:715m
累積  標高:854m
三  角  点:亡失により未発見
登山時間データ 時刻 時間 備考
瑞牆山荘発 5:55 0:00 登り
1:55
富士見平小屋 6:27 0:33
天鳥川 6:49 0:54
瑞牆山山頂着 7:50 1:55
瑞牆山山頂発 8:58 3:03 下り
1:33
天鳥川 9:41 3:46
富士見平小屋 10:02 4:07
瑞牆山荘着 10:31 4:36
 ☆登山口前泊・お気楽日帰りモード

瑞牆ヘルシーランド付近より望む

1.目標決定
さぁ2005年もはや10月!ひしひしと雪山シーズンが近づいて来ている・・・・
雪山いやいや症のやましん隊長、登山可能期間もあとわずか。
2000m級に登れるのはこの1ヶ月!
しかし、この週末の土曜日、天気予報が芳しくない!!
低気圧が近づいてくる影響で甲信越は全般的に曇りになる予報・・・・
本当は焼岳に行きたかった・・・・でもこの山は是非晴れた日に行きたい。
次の候補の瑞牆山も景色がいいとのこと・・・・もったいない。
かっといって近場の大菩薩嶺は11月でもOKなので、この10月の季節がもったいない!

うーーん、30秒考えたあげく、この際、金峰山からすぐ下に見えた瑞牆山は既に景色を見たと言うことにして
今回は曇り覚悟で瑞牆山(みずがきやま)に決定!!

2.出発
瑞牆山はベースキャンプ三島(社宅)よりさほど遠くない。
夜19時に出発し、食料を買い込んだ後、22時には瑞牆山荘前に到着!
案内に従い100mほど富士見平小屋方面への林道を進むとだだっ広い駐車場に到着。
到着時は先に3台のみ。静かである。騒いでいると怒られそうなので、おとなしく23時に就寝・・・・

さて朝の5時起床
見るとだいぶん車が増えている。後からも続々と入ってくる。
今日は2時間ちょいの山だからやましん隊長のんびりと朝食を取ってから朝6時に登山開始!
(先日の八ヶ岳に比べればだいぶ楽勝なのでなめてかかっている。)

【広大な無料駐車場】                                【瑞牆山荘向かいの登山口】


さて、ぼちぼちと自然林の中を登って行く。
まだまだ標高1500m程度。いくら10月で涼しくなってきたとはいえ・・・・やっぱり汗だく。長袖のシャツを脱ぐ。
登り初めて33分で富士見平小屋へ到着。周辺にいくつか幕営している。隊長もテント欲し〜ぃ。

富士見平小屋手前を左手に進み、天鳥川沿いの斜面の道を緩やかに登る。
瑞牆山の岩が樹林の間からちらほら見える。
しかし、天気が絶好調!!曇りの予報はどうなったのか!?
雲がかぶってこないうちに山頂へ着きたくて自然に足並みが早くなる。曇るなよ〜〜!!

【富士見平小屋】                                  【天鳥川沿いの緩やかな道】


道はそのうち緩やかな下りへ・・・。ほんでもって急勾配で下る。
富士見平より21分で天鳥川の水の無い河原を渡る。雨が降った後はどうなるんだ??

渡ってすぐに出迎えてくれるのが桃太郎岩。なぜ桃太郎なのかはわからんが・・・・
こりゃどう見てもモスラの卵の残骸でしょう!!縞模様が欲しい!
やましん隊長「モスラ〜〜っや、モスラ〜〜」とつい口ずさみながら進む。

【天鳥川の渡り】                                    【モスラの卵の殻】


などと馬鹿なことを言っているが、道は急に急勾配!!
でかい岩がゴロゴロ状態で、さらに倒木が行く手をふさぐ。(中には倒木が橋になっているところもある。)
なんだ坂こんな坂ゼイゼイゼイ!!急に息が上がる。当然汗はつゆだく。
この登りが1時間近く続く。なめてかかっていたが、この山頂直下の登りはあなどれんぞ!!
滑りやすい巨岩がゴロゴロ。ロープ、階段も登場。気が抜けない。

やっと巨石が見えてきた。あともう少しで頂上じゃ!

【山頂直下の登り】                                  【山頂付近の巨石】


着いたぞ〜〜!!登り始めてから1時間55分。瑞牆山(2230m)山頂到着!!
ここの三角点は亡失してありませんとのこと。少し探してみるがやはり無い・・・・さびしい。
先客がひとりいたが、すぐに降りてしまい、この空中に突き出た岩山てっぺんにやましん隊長ひとりっきり!!

【瑞牆山山頂】                                     【突き出た岩の上で・・・・怖い】


曇りの天気予報したのは誰じゃぁ???見よ!!この快晴!!
山頂より見るこの絶景に、やましん隊長、目眩で岩山より転落しそうである。
先日登った金峰山の五丈岩もはっきり見える。富士山、南アルプス、八ヶ岳まで雲海から浮かび上がっている。

【金峰山〜〜富士山】


【南アルプス〜〜八ヶ岳】


下を見るとチンポコ岩で有名な大ヤスリ岩がにょきっとそびえ立っている。立派である。馬並、いや山並みである。
山頂をうろうろ移動しているが、気がつくと結構危ない所にいたりする。
当然落ちたら一巻の終わり!はいそれまでよ〜〜!!

【男にとってまさにご神体(女にとってか??)】                 【断崖絶壁】


人がいないのをいいことにいつものやつがお出ましです。

【金ちゃんヌードルと八ヶ岳連峰】                         【南アルプスと・・・・】


3.下山
さて、その後続々と登山客が山頂到着。だいぶ混雑してきた。
1時間以上山頂でうろうろし、写真も撮ったし、飯も食ったし・・・・それではそろそろ帰りましょうか!!

天鳥川までの急坂はいろんな物にしがみつきながら転げるように??慎重に降りる。
引っかかったり、滑ったり、この道悪すぎ!
なんとか富士見平までたどり着き、行きがけに気になっていた里宮神社の看板方向へ進んでみる。
数分でたどり着くと、いわゆる山岳巨石信仰の祠発見。お賽銭を入れバチが当たらないようにとりあえず拝む。

ほんでもって下り初めて1時間33分。登山口である瑞牆山荘へ到着!!
よく見ると、この山荘、結構普通の喫茶店ぽいです。

【里宮神社】                                      【瑞牆山荘へ下山完了】


お帰りにはお約束のお風呂!

気になっていた非常に渋くて味のある増富温泉街に「増富の湯」発見。
結構新しい施設で入浴料700円。

浴場中央に茶色に濁った30℃と35℃の源泉の湯(水??)がある。
そこに目をつぶったじいさんの一団が修行のごとく浸かっており異様な雰囲気であった。
我慢大会にも見えるが体には良いのであろう。
やましん隊長、1回だけ浸かったが、全然気持ちよくないので早々に避難。透明で暖かい湯の浴槽でのんびり〜〜。

【増富の湯】


気象庁の天気予報はずれに大感謝!
次からもこの調子でたのんまっせ!
(逆パターンはあかんよ!)

今回の散財
登山食料代 ¥812円 飲み物、おにぎり等
高速道路代 ¥6680円 ETC前払い割引前
ガソリン代(推定) ¥6000円 byパジェロ3000
日帰り入浴代 ¥700円 増富の湯
お漬け物代 ¥997円 胡麻生姜、行者にんにく
合   計 ¥15189円
節約に心がけたが「お酒のおつまみに合う漬け物」に魅了されてしまった。


【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】