【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-60
山     名:空木岳 日本百名山no,75
探  検  日:2005年10月13日(日帰り)
標     高:2863.71m
登山標高差:1510m
累積  標高:1846m
三  角  点:二等三角点「駒ヶ岳」(行政:長野県木曽郡大桑村)
登山時間データ 時刻 時間 備考
登山口出発 5:40 0:00 登り
4:14
池山分岐(水場) 6:29 0:49
空木岳避難小屋分岐 8:50 3:10
空木岳山頂着 9:54 4:14
空木岳山頂発 11:05 5:25 下り
3:18
空木岳避難小屋 11:36 5:56
遊歩道分岐 13:18 7:38
登山口着 14:23 8:43
 ☆登山口前泊・日帰りモード

1.目標決定
やましん隊長はなんとこの週末4連休!と言うのも、勤め先の操業の関係で出勤してもあまり仕事にならないため
休暇を入れても良いとのこと。ラッキー!徳島に帰省しよう!・・・・と思いきや、なんと隊員1号の習い事の関係で
帰ってもあまり相手にしてもらえないとのこと・・・・・仕方がない・・・やむおえずやむおえず山に登るか!

さて、木曜日の天気予報は・・・・快晴マーク!これまたラッキー!!
気温もかなり高くなるとのことで、これなら3000m級クラスも寒くないか???
こんな時のために考えていたのが中央アルプスの空木岳(うつぎだけ)!
ここは、アルプスの中でも登山口までマイカーが入れる百名山。山頂に奇岩がまったりと並ぶ魅力的な山。
逆に山頂までの登山時間が結構長いことでも知られている。夏山トレーニングで鍛えられたこの時期しか
たぶん登れないだろう・・・。(来年春には体がなまってまた一から鍛え直し)

2.登山開始
夜18時、三島出発、中央高速で駒ヶ根ICを目指す。3時間でICを降り、食料の買い出しをすませ、22時には
登山口である池山林道の終点に到着。10台くらい駐車場と東屋、簡易便所が整備されている。
先客は車1台のみ。空は満天の星空!。ビールとつまみでほろ酔い気分。23時に就寝・・・・

さて、今日の長丁場の登山に備え、夜まだ明けやらぬ5時に起床。5時間での山頂到着を目標に5時40分登山開始!
空は快晴!足取りも軽い。が・・・登山口には現在標高1365mとある。あと1500mか・・・・。行くぞ!!

【池山林道終点】                                   【登山口】


登山道は、最初、池山へのハイキング遊歩道でしっかり整備されている。左右に大きく蛇行するが、その分登りは
緩やか。気持ちよくハイキングハイキング。そろそろ体も汗ばみ始め、暖機運転モードに入る。

途中何カ所か池山山頂への分岐があるが、空木岳の案内に従い進む。
旧池山避難小屋分岐も越え、新しい避難小屋への分岐点に綺麗な水場がある。
ここで名古屋から来た人に追いつく。しばらく話し込むが先を急ぐので先発する。

【池山ハイキング遊歩道】                              【水場:名古屋の人】


このあと、登山道は木の根っこ階段が多くなるが、やはり登りは緩やか。歩いていて気持ちのいいコースではある。
岩場や谷にはきちんとワイヤー、橋が架けられ危ないところはほとんど無い。
しかし、・・・・しっかしこのコースは・・・・・長い!
池山分岐の水場から2時間以上!登ってはダラダラ歩き、なかなか標高が上がらない。同じような景色にだんだん
飽きてくる。

【緩やかな登山道】                                  【途中の岩場】


途中、木々の間から木曽駒が岳方向が見える。今日のこの天気なら、あちらにはさぞかし登山客がうじゃうじゃ
押し寄せているだろう。(こちら(空木岳)にはたぶん10人ぐらいしか来ていないが・・・・)

さて登り始めて2時間47分でやっと空木岳避難小屋への分岐に到着する。
このあたりが森林限界で、やっと視界が開ける。振り返ると霞の奥に南アルプスが浮かんでいる。
すんごい快晴である!!

【木曽駒が岳方面】                                  【南アルプス方面】


ここでやっと空木岳の登場。ここからはハイマツの中を奇岩を見ながらの空中散歩になる。
これはええ気持ちやねぇ。もうたまりましぇん!

しかし、それでも登りは続く。空気も薄いのか結構しんどいなぁ。5分登っては休憩するを繰り返す。

【空木岳の登場】                                  【山頂付近の奇岩】


山頂直下、最後の登りの前に駒峰ヒュッテで休憩しようと思ったのに・・・・・・・・・閉まってます。(-_-;)
仕方ないので、そのまま最終の急坂へアタック!!

3.山頂到着
やっと来ました。登り始めて4時間14分で空木岳(2863.71m)山頂到着!
そして、二等三角点「駒ヶ岳」も発見!(オイオイ、駒ヶ岳って隣じゃねえのか??)

【駒峰ヒュッテ(休業)】                               【山頂到着】


あいやぁ〜〜。しんどかったでんなぁ〜〜
しかし、苦労した甲斐がありました。
この快晴、この絶景。文句ひとつございません。

【木曽駒が岳への稜線:御嶽山、乗鞍岳】


東を見れば、南アルプスの大パノラマ。塩見岳の上に富士山も見えます。

【南アルプス、八ヶ岳】


南を見れば南駒に恵那山も見えます

【南駒ヶ岳】


この状況下、やましん隊長はいつものでございます。ラーメンタァーイム!
名古屋の人も遅れて登頂し、コーヒーらしき物をすすってます。(上品です)

【食う隊長】                                       【名古屋の人】


4.下山開始

この絶景に、山頂を去りがたし・・・・1時間以上山頂でゴロゴロダラダラして、11時6分下山開始。
この後、3時間以上の下山があると思うと気が重い・・・・・

帰りは来た道とできるだけ違うコースを取ることにする。まず山頂より空木岳避難小屋方面へガレ場を下る。
長時間歩いてきた足にこの急降下は堪える。
30分で避難小屋到着。宿泊、一時利用とも1000円也。中はとっても綺麗。これなら一度使ってみたい気もする。

【空木岳避難小屋】                                 【小屋の中:綺麗】


この後、下山道は若干の緩い登りがあり、尾根道に合流。
さらに下り続ける。

5.下山時にイベント発生

ここでである!!標高2300m付近で、急に目の前に青い半袖Tシャツと薄いズボンの30才台(?)とおぼしき
女性とすれ違う。なんだ?あの軽装は!?リュックはもとよりペットボトル1本持っていない。手ぶらである。
どこまで行くか訪ねると、見晴らしのいいところまで・・・との返事。ここからだと見晴らしの良い尾根まで1時間。
そこから降りるのに3時間。無茶だ!と注意しようと思ったとき。「10年前に一度来たけど忘れちゃった!」とのこと。
やましん隊長より遙かに登山の大先輩である。これで何も言えなくなってしまった。
たしかにここまで登って来るまでに2時間はかかるはず。水もなしで息ひとつ乱れていない。
すごい人なのかもしれない。
「小地獄に犬をつないでるけど何もしないから安心して・・・・。そこから動かなくなったから・・・・・」と言われた。
犬と来たのか・・・・・犬もいやがる道をこの普段着で手ぶらで・・・・・・・

この女性と別れた後、下山しながら考えた。あの人はいったい何だったんだろう????
もしかして、・・・・・・もしかして実在の人間だったんだろうか???やましん隊長、幻を見たか??
遭難した登山者の幽霊かもしれないとびくびくしながら降りる。

そうだ!犬がいるといったな・・・・。犬が現実にいれば、あの人も現実の人だ。たしか少地獄と言えば、あの岩場の
事である。犬を確認するためにやましん隊長、下山を急ぐ。しかし、女性と別れてから少地獄までも結構かかる。
・・・・・・この距離を犬をほったらかしにして登るだろうか・・・・・・・・
そして少地獄到着・・・・・・・・・
いません・・・・いないんですよ・・・・・犬が・・・・・・ギャァ〜〜〜
やましん隊長、おしっこちびりそうである!!
あのぉ〜この時の女性の方、もしこのページをご覧になったのなら、実在の方か、幽霊さんかメールください。
やましん隊長、夜眠れなくなってます。


さて、下山を続けるやましん隊長。2000m付近の分岐で遊歩道へ進む。
このルートは池山登山道分岐(水場)で国有林コースと合流する。
こちらにはあまり人が入らないみたいで、落ち葉があまり踏まれていないが、なだらかな階段状で歩きやすい。
気持ちよく進んでいると・・・・・。急にガサガサと音がし、見ると・・・ニホンカモシカ!???
目を疑った。相手も少しびっくりして、少し逃げたが、そこで一旦停止。こちらをにらんでいる。
あわててシャッターを切る。この遊歩道を選んで大正解である。

【おぉー!ニホンカモシカ??】


14時23分、下山を始めて3時間17分で下山完了。
さて、このあとはいつものお風呂。近場のこぶしの湯が行ってみるとなんと休業日!!ショック〜〜!
しかたないので、木曽駒が岳のバス停付近まで探し回り、こまくさの湯で疲れた足をマッサージする。

【下山完了】                                      【こまくさの湯】


いやぁ〜さすがに堪えましたな。行動時間7時間以上。快晴の絶景にニホンカモシカときたもんだ!!
この空木岳の池山尾根はルート自体に危ない場所はあまり無いので、必要なのはまさに体力!!

追伸:
その後、やましん隊長は明日の登山目標を決めるため、携帯で天気予報を確認するが、この付近はあまり良くない。
山梨も雨とのこと。うーーむ、せっかくの有給休暇、連休が残念である。しかし天気も悪いし、体もボロボロだし、今日は帰るか!
しかし、その後一波乱有り 続く・・・・・

今回の散財
登山食料代 ¥1100円 飲み物、おにぎり等
高速道路代 ¥13040円 ETC前払い割引前
ガソリン代(推定) ¥10000円 byパジェロ3000
日帰り入浴代 ¥500円 こまくさの湯
合   計 ¥24640円

やましん隊長 一句
空木岳(うつぎだけ) うつつをぬかす やましん隊長
仕事棚上げ そろそろクビか?
(字余り)

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】