【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-61
山     名:焼岳 日本百名山no,58
探  検  日:2005年10月14日(日帰り)
標     高:2444m(北峰)
登山標高差: 855m
累積  標高: 988m
三  角  点:二等三角点「焼岳」(行政:岐阜県高山市)
登山時間データ 時刻 時間 備考
新中ノ湯登山口発 6:00 0:00 登り
2:07
下堀沢出合 7:19 1:19
火口尾根 8:07 2:07
焼岳北峰着 8:19 2:19
焼岳北峰発 9:51 3:51 下り
1:57
下堀沢出合 10:45 4:45
新中ノ湯登山口着 11:48 5:48
 ☆登山口前泊・日帰りモード

1.目標決定
さて、昨日の10月13日、空木岳は快晴に恵まれ、ニホンカモシカも見ることができて最高であった。
やましん隊長は明日も休暇。当初はもう一晩車泊し、どこか1山登る予定であった。
長野で風呂後、携帯でチェックした明日の天気予報は・・・・ダメ〜〜。どこも良くない・・・・・
できれば山梨県の百名山に登りたかったが、一日中雨模様、長野県も曇りらしい。残念!
空木岳での疲れもあるし、明日の登山は中止し、今日はおとなしく帰る事に決定する。
ドライブがてら、名古屋に出て東名経由で帰るか!
てなわけで太平洋を眺めながら静岡の三島ベースキャンプ(社宅)へ20時に到着。へろへろである。

さて、あさって以降の天気予報でも見るかな。
ん?んんっ!?なんじゃこりゃ!!!
明日の天気予報が変わっているではないか!!(T_T)
さすがに山梨はあまり良くないが、なんと長野県は午前中晴れ!
・・・・・そんなのありかよ〜〜。今その長野県から帰ってきたばっかりやでぇ〜〜

やましん隊長考える。もし今から長野に戻れば往復8時間と高速代、燃料代が無駄だったことになる。
しかし、もし行かなければ、次の機会に長野の1山登るのには前泊も含め24時間必要。
金は・・・金は天下の回り物じゃい!!
それに明日の有給休暇を社宅でゴロゴロするのは精神衛生上良くない!!
ということで、大馬鹿まるだしのやましん隊長、今戻ってきたばかりの長野県へ再度出発!!
そして目標は、案外お手軽そうな焼岳(北アルプス)に決定!!

うーん、眠いよぅ。目をこすりつつ、一路高速道路を松本へ・・・・・・・
確か昨日も同じようなことをしていたような・・・・・・・
ただ、違うのは、今のやましん隊長は今日の空木岳登山で体はボロボロ、財布の中身は2万3千円少ない事である。
眠気に襲われつつも、なんとか午前1時、新中ノ湯ルート、焼岳登山口へ無事到着!
先客2台有り。速攻でビールをあおり、爆睡!!

2.登山開始
朝5時30分、起床。車は4台増えている。
他の客が続々と出発して行く。まだ眠っていたいが、今日はゆっくり登る事にしたため、やはり早めに出発することにする。

足揃えをし、6時ちょうどに出発進行!
登山道の前半は樹林に囲まれた笹原間の木の根っこ階段をよじ登って行く感じである。
登り始めて5分ほどで結構な急坂が始まり30分ほどあえぎながら登ると少し緩やかな登りとなる。

【新中ノ湯登山口駐車場】                             【前半の登山道】


1時間ほど登ると、樹林帯を抜け、見晴らしが良くなる。木々の紅葉を見ながら進むと中ノ湯からのコースと合流する。
ここが下堀沢出合と言う場所らしい。
今年の紅葉はあまりはっきりしていないらしいが、それでもなかなかのもんですな。

【中ノ湯コースとの分岐点】                             【紅葉】


さて、この後ルートは下堀沢に沿ってほぼ直登となる。といってもこのガレ場、丸太階段があちこちに設置され、
足元を見ながらゆっくり登れば危ないことはない。
下堀沢出合より50分で火口縁の尾根へ到着。ここまで来れば登りはやっつけたも同然である。
 
【ガレ場の登り:上半分は岩場】                           【火口縁より】


ここからは右折して北峰を目指す。最高峰の南峰は北峰より11m高いが、登山禁止である。
しかし・・・・・安全なはずの北峰方向を見るとですね・・・硫黄性ガスの蒸気がモウモウとしてます。大丈夫か??
危なっかしい岩場でルート案内を探しつつ進むと北峰を右から巻くようにして山頂南に出る。もう少しで山頂じゃ!

【火口縁より南峰へのルート:噴煙モクモク】                   【山頂までわずか】


ふぅ〜〜やっと着いたぞ!ボロボロの足でよく頑張った。
8時19分、登り始めて2時間19分で焼岳(南峰:2444m)山頂到着

【焼岳山頂(南峰)】                                 【左右は崖・・・怖い:やましん隊長中央にいます】


そして、出迎えてくれるのがこの景観!北アルプスの大パノラマ!
さぁ、文句があったらかかってこいと言わんばかりの穂高連峰ド迫力!絶景かな絶景かな!

【笠ヶ岳、穂高連峰】


うう・・・槍が見えるぅ・・・。おお・・乗鞍まで・・・・・
やましん隊長、この絶景に酔いしれ、どんどん登ってくる登山者共々ナチュラルハイのトリップ状態。
ラーメン食ったり、何度もパノラマ写真を撮り、山頂で1時間半を過ごす。

【あこがれの槍ヶ岳】                                【乗鞍岳】


いつまでたっても見飽きないが、そろそろ下山しましょうか・・・・
(ホームページも作くんなくちゃいけないし)

ガレ場を滑らないように注意しつつ・・・・、木の根っこに足を引っかけないように注意しつつ・・・・
おおっ泥たまりに足をつっこんじまったぜい!
足をかばいつつ、1時間57分で無事、登山口へ帰着完了。

【登山口:車がかなり増えている】


さて、それではお風呂!!ワーイワーイ!
コースの名前にも出てくるすぐ近くの温泉「中の湯」へ直行。5分で着く。
ここは「日本秘湯を守る会」に入っている。まだ早いので貸し切り状態。
入浴料700円で湯ノ花の浮く源泉で極楽極楽(*^_^*)。露天風呂からは穂高連峰がどどーんと見えまっせ!

【中の湯温泉】                                     【露天風呂】


風呂上がりに壁を見ると・・・・・なになに、秘湯の会限定「秘湯ビール」とな???
怪しい・・・、これは是非入手しなくては!
売店に行くと、「このビールは温度管理が大変ですので、お持ち帰り販売はしていません」とのこと。
ここの食堂で飲んでしまったら、静岡まで帰れましぇん。頼み込んでなんとか1本購入。
フムフム、日本で唯一、ブナの樹から抽出した酵母使用とな。ますます怪しい。
まだ飲んでません。いつ飲もうかな♪♪(賞味期限3ヶ月)

【秘湯ビール】


今回は一旦帰った静岡(三島)からのとんぼ返りでバテバテ。
しかし、天気予報が快晴に変わってくれて超ラッキー!!戻ってきた甲斐がありました。
さぁ、帰って寝るぞ!!

今回の散財
登山食料代 ¥2800円 飲み物、おにぎり、ビール等
高速道路代 ¥9880円 ETC前払い割引前
ガソリン代(推定) ¥9500円 byパジェロ3000
日帰り入浴代 ¥700円 中ノ湯
秘湯ビール ¥630円  
合   計 ¥23510円

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】