【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-62
山     名:甲武信ヶ岳 日本百名山no,67
探  検  日:2005年10月22日(日帰り)
標     高:2475m
登山標高差:1023m
累積  標高:1187m
三  角  点:山頂には三角点なし
登山時間データ 時刻 時間 備考
毛木平駐車場発 6:28 0:00 登り
2:46
ナメ滝 7:48 1:20
千曲川源流の碑 8:39 2:11
甲武信ヶ岳山頂着 9:14 2:46
甲武信ヶ岳山頂発 9:33 3:04 下り
2:24
千曲川源流の碑 10:00 3:32
毛木平駐車場着 11:57 5:29
 ☆登山口当日着・日帰りモード

1.目標決定
うーん、今週末は・・・あまり天気が良くない。寒冷前線が土曜日の早朝に通過するらしい。
天気の回復は昼以降・・・・
やむ終えない、近くてあまり気合いの入らなかった甲武信ヶ岳にでも行くか!!
ここは山頂からの見晴らしは良いには良いが、千曲川の源流沿いのビューポイントがあるので
仮に山頂での展望が得られなくてもよしとしよう。

今回、やましん隊長、いくつかのアイテムを購入。
まず、登山靴。今まで使っていた靴のかかとのソールが剥がれかけているのを先日発見。新たに購入する。
加えて、登山用のウェアなどを買ってみた。これはかいた汗が素早く乾燥するシャツとスウェットらしい。
レジに持って行ってから、値段にびっくりしたが(両方で1万5千円もした。)
これからの季節、汗をかいた綿Tシャツで山頂で凍えるのは避けたい。
このウェアのテストもかねて甲武信ヶ岳へ行くぞ!!

【新購入の乾きやすいウェア(らしい)】


2.登山開始
今日はあまり天気が良くない。回復するのは昼過ぎ。あまり早く行ってもガス中なので、前泊はやめる。
土曜早朝、3時に起床。3時半出発。中央高速を飛ばし、長野県清里を通過して川上村へ突入!
6時10分、毛木平駐車場到着。整備された広い駐車場にトイレも完備。これはええねぇ。
ごぞごぞ準備をし、6時30分に出発!
(この出遅れが、後の大菩薩嶺登山で苦労の元となる・・・・・・)

【毛木平駐車場】


さてと、標高データを見ると・・・・なに!標高差1000m!?。これは気を引き締めてかからねば・・・
駐車場横に登山口がある。最初は広い林道を歩くが、20分ほどで沢沿いの遊歩道になる。
この遊歩道、傾斜もそれほどきつくなく、快適なのだが、なかなか高度が上がらない。
登り始めて1時間20分でナメ滝到着。たしかに岩の表面を滑るように水が流れていますなぁ

【緩やかな遊歩道】                                  【ナメ滝】


その後も緩い登りは続く。上空は雲に覆われて天候の回復は無理かも・・・・
でも逆に、登山道が静かでしっとりした、いい雰囲気になっている。
苔むした岩が幽玄な世界を作っている。これはもののけ姫の世界かも・・・
このゆるゆるした登りに疲労もなく、精神的には なんか・・・なんか癒される感じ・・・

【登山道】                                      【千曲川源流付近】


登山道は前半は上流から見て左岸側を進むがやがて右岸に渡り、再度左岸に戻る。
味のある橋が架かってます。

【いわゆる橋】


登り始めて2時間11分で千曲川源流ポイントに到着。
この碑のすぐ横の沢で沢が湧き出してます。結構出てます。

【千曲川源流の碑】                                  【源流最初の湧水】


さて、この源流の碑をすぎると、やっと登山道らしく急坂となる。
15分、急坂にあえぐと尾根に到着。
ここから20分、尾根をオネオネ進むと・・・着きました!登り始めて2時間46分
甲武信ヶ岳山頂(2475m)山頂到着!!

【山頂間近の尾根道】                                【甲武信岳山頂】


山頂からの絶景は・・・・・・真っ白です・・・・やっぱり・・・・
それどころか、風が急激に冷たく変化したと感じたとたん、山頂手前からぱらぱら降っていた雨が・・・
吹雪になりました・・・・。寒ぶぅ!!!こらたまらん!!
天候が回復するまで待つつもりでいたが、飯も食わずに早々に撤退!!

下山途中、やましん隊長考える。もう2500m付近はいつ冬になってもおかしくない。
今年の百名山登山ももうあと少ししかできへん・・・・・・・急がねば・・・・・・
ということで、急遽決定!甲武信ヶ岳下山完了後、未登頂の大菩薩嶺に行くぞ!!

今回の散財
登山食料代 ¥1036円 飲み物、おにぎり等
高速道路代 ¥3290円 大菩薩峠分と折半
ガソリン代(推定) ¥3500円 大菩薩峠分と折半
合   計 ¥7826円

下山を急ぐやましん隊長、ナメ滝ではあわてて写真を撮ろうとして濡れた岩で滑り、スネを強打する。
激痛にのたうち回る。骨が折れたかと思ったぁ・・・慌てると、ろくなことありまへん。

追伸:
今回購入した速乾シャツですが、調子ええですなぁ。他のおっさん登山客は高湿度のため、汗まみれで
Tシャツ1枚になっていましたが、やましん隊長のスウェットは水分蒸発のためかひんやりして気持ちいい。
汗まみれだったメッシュのTシャツも下山時には完全に乾いてしまいサラサラ状態。
これなら風呂に入らなくても大丈夫なほど。うん!これはお気に入り!!明日買い足しに行くぞ!!
やっぱり高い銭ださな、ええもんは買かえまへんなぁ

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】