【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-63
山     名:大菩薩嶺 日本百名山no,70
探  検  日:2005年10月22日(日帰り)
標     高:2057m
登山標高差: 568m
累積  標高: 627m
三  角  点:三等三角点「大菩薩」(行政:山梨県丹波山村)
登山時間データ 時刻 時間 備考
上日川峠駐車場発 14:05 0:00 登り
1:03
福ちゃん荘 14:20 0:15
雷岩 15:01 0:56
大菩薩嶺山頂着 15:08 1:03
大菩薩嶺山頂発 15:10 1:05 下り
1:21
大菩薩峠 15:46 1:41
上日川峠駐車場着 16:31 2:26

1.移動
さて、午前中の甲武ヶ信岳をこなし、毛木平駐車場へ戻ってきたやましん隊長。
冬の到来を甲武信岳山頂で身をもって体感し、慌てて大菩薩峠登山を計画した。
まずはラジオで天気予報を確認。・・・・・山梨は夕方から晴れ??・・・なんとかなるか??
取り急ぎ、高速道路経由で大菩薩嶺の登山口である上日川峠へ急行する。

しかし、下山に予想より時間を食われた上、道路も混んでおり結構時間がかかる。
裂石からの林道では下山のタクシーとの対向がうっとおしい。結局、ロッジ長兵衛前に到着したのは14時。
紅葉目当ての登山客がうじゃうじゃ下山してきている。すごい数である。

うう・・それにしても時間的にやばい、いくらお手軽な大菩薩嶺とはいえ、日没までの行動時間3時間弱は余裕がなさ過ぎである。
ましてや、やましん隊長、午前中の甲武信岳登山で結構ばてている。(これがでかい)
登山道の看板には「遭難しない心得:無理な行動は厳禁」とわざわざ書いてある。これは困った。
とりあえず、行けるところまで行くか!!ということで、14時5分、上日川峠、ロッジ長兵衛前を出発。(結局無理な行動決行!)

【上日川峠】


2.登山開始
まず、車道を上り、15分で福ちゃん荘へ到着する。ここからは時間を節約するために唐松尾根を登ることにする。
ここでやましん隊長、いざというときのために準備していたヘッドライトを車に忘れてきたことに気づく!
オーマイガッ!これはやばすぎ。これで絶対17時までに降りてこなくてはならなくなった。
仕方がない。15時30分をすぎても山頂に着かなければ引き返そう。
逆に15時20分までに山頂まで到着すれば大菩薩峠経由で降りてこようと決める。

唐松尾根は結構急な直登尾根。登り始めてすぐに汗が吹き出す。息も切れてくる。
こんな事では日没に間に合わないではないか!!!(気持ちは焦る)
よくよく考えると、やましん隊長、今日は朝からオニギリ1個しか食べてなかった。
加えて、甲武信岳からの移動で体がクールダウンしてしまっている。
ここでカップラーメンを作ると時間がかかるので、非常食のカロリーメイトを食べながら登る。

唐松尾根を半分登った頃からやっと血糖値が上がり始め、暖機運転モードになる。
こうなったらもう大丈夫。早くはないが、安定したピッチで登り続ける。
しかし、このルート選択は間違いであった。この時間帯、大菩薩峠から登った登山客ご一行様の団体が
細い尾根道をひっきりなしに降りてくる。道の譲り合いと挨拶で大変。(こちらは時間がないっちゅうねん!)

なんとか福ちゃん荘より41分で雷岩到着!時間的に見て十分間に合いそうでありほっとする。
雷岩という割には地味な岩山である。天候は回復してきているものの、まだ見晴らしはそれほど良くない。

【直登 唐松尾根!】                                 【雷岩】


雷岩から左手に折れ大菩薩嶺に向かう。
そして登り始めて1時間3分、15時8分に大菩薩嶺山頂(2057m)到着!!
傍らに三等三角点「大菩薩」発見!!!!
学生らしきグループに写真を撮ってもらう。

【大菩薩嶺山頂】                                   【三角点】


さて、ロッジ長兵衛から1時間3分か・・・ばてた体の割にはなんとか時間的に余裕で到着できた。
これなら大菩薩峠経由でも十分日没までに駐車場まで戻れるな♪♪(俄然余裕のやましん隊長)

雷岩まで戻ると、年配者の団体がのんびりしている。やはり登山はこうありたい。
みると、なんと富士山が!!!今日の2山山行で始めて見える富士山!!なんかうれしい。
さて、これでも思い残すことはない。大菩薩峠まで下るとするか・・・

【夕焼けに浮かぶ富士山】                              【大菩薩峠への尾根道】


緩やかな尾根道を散歩間隔で下る。甲武信だけよりは若干紅葉の色づきがいいかも・・
雷岩から約15分で賽の河原到着。ただ石ころを積んでいるだけ。つまらん。

【尾根道よりの紅葉】                               【賽の河原】


さらに進むと、やっとかの有名な大菩薩峠が見えてきた。
そして山頂から35分ほどで大菩薩峠到着!!
良く写真で見るお約束ポイントである。

【大菩薩峠が見えてきた】                              【大菩薩峠到着!】


しかし介山荘の発電用エンジン音がうるさい。土産物屋に立派なトイレまである。カッターシャツのサラリーマンまでいる。
あまりに俗っぽいので早々に下る事にする。小型の四駆なら登ってこれそうな立派な林道を紅葉見物しながら下る。
うーーん、上日川峠から大菩薩峠までは公園の遊歩道と言った感じですな。
途中、山頂で一緒だった学生さんと話しながら下る。彼らは今日、福ちゃん荘で一泊し明日もまた大菩薩へ登るらしい。
余裕を持ったスケジュール、やましん隊長とは大違いである。

【土産物店】                                     【下りの林道】


福ちゃん荘も過ぎ、やっと降りてきました。ロッジ長兵衛!!
時刻は16時31分。登山開始から2時間26分で下山完了。
終わってみれば余裕でしたな・・・・・。慌てること無かったのに・・・・・・。

【ロッジ長兵衛、帰着完了】


いやぁーさすが大菩薩峠。すごい人でしたな。夕方であの状態だと、午前中は芋こぎかも・・・

しかし、今回の登山では反省点が多かった。
確実な準備と計画の重要性を痛感する。せっかくの山の魅力を味わえないまま下山する事になってしまう。
反省、反省・・

今回の散財
高速道路代 ¥3290円 甲武信岳ヶ分と折半
ガソリン代(推定) ¥3500円 甲武信岳ヶ分と折半
合   計 ¥6790円

さて、やましん隊長、今回おろした登山靴・・・・やっぱり痛いです。
小指に豆ができてます。もう少し慣らしに時間がかかるな。
さぁ、帰って焼肉食うぞ!

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】