【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-64
山     名:恵那山 日本百名山no,76
探  検  日:2005年10月30日(日帰り)
標     高:2191m
登山標高差:1065m
累積  標高:1210m
三  角  点:一等三角点「恵那山」(行政:岐阜県中津川市)
登山時間データ 時刻 時間 備考
広河原駐車場発 6:01 0:00 登り
2:52
恵那山登山口 6:23 0:22
偽1716m標識 7:19 1:18
三角点 8:37 2:36
恵那山最高地点着 8:53 2:52
恵那山最高地点発 9:02 3:01 下り
2:22
三角点 9:15 3:14
偽1716m標識 10:15 4:14
恵那山登山口 10:57 4:56
広河原駐車場着 11:24 5:23

空木岳山頂より(最奥)

1.目標決定
さて、秋深まる10月末、やましん隊長、天気予報にうなる・・・・・。天気が良くない!
10月29日土曜日は本州全域、雨ばっかり!。いくら山キチガイのやましん隊長でも躊躇する。
うーーん、やはり天気の良い日に登りたい。見ると、日曜日は東海地方が晴れマーク。
本来なら、登山の翌日はゆっくり休んで、月曜の出勤に備えたかったが、やむおえない。
ということで、お天気の都合により、30日の日曜日に岐阜の恵那山登山決定!!

2.移動
土曜日が空いてしまったので、ゆっくり移動する。といっても落ち着きのないやましん隊長、午前10時に三島を出発。
途中、静岡市でやましん隊長大好物のキッチンきねやのポークステーキ(1050円)を堪能する。
このポークステーキは、やましん隊長が大学時代、よく食べた思い出のメニュー。(20年前は600円だった気がするが・・・)
オニオンソースが何とも絶妙で、10年前これを食べるためにわざわざ徳島から2泊旅行した記憶がある。
今回の単身赴任でまた思う存分食べられるようになった。(これだけはラッキーである。)

【キッチンきねやのポークステーキ:】


おなかも一杯になったし、車は一路恵那山へ・・・・
園原ICを降り、昼神温泉近くの肉屋でビールを買い込む。馬刺しがうまそうであった(買っていないが・・・)。
その後、広河原へ林道を進み、通行止め横の駐車場へ到着。
時刻は16時。雨がぽつぽつ降っていて、だんだん薄暗くなってきている。先客は車4台。

【広河原駐車場】


・・・・・と、そこへ登山を終えた人達が帰着。全員雨合羽でびしょびしょである。
一気に騒がしくなるが、30分後、みーんな帰ってしまい、駐車場はやましん隊長のパジェロ1台のみとなる。さびしー!
さて、買い込んだビールを飲みつつ、晩飯を食べ、夜は更けて行く。
350mlを5本飲んだところで20時、就寝。ぐーぐーぐー。

3.登山開始
朝、5時30分、車のエンジン音で目が覚める。途中でトイレにも数回起きたが、結局9時間半も寝ていた。
さすが百名山、昨晩の寂しさが嘘のようにつぎつぎと車が入ってくる。
こりゃいかん。明日は仕事だから、早く帰るために早く登らねば!
ということで、6時1分駐車場出発!!

舗装道路を歩くこと22分、登山口と慰霊碑のポストに到着。ここで沢を渡り、山腹に取り付く。
ここから標高300m分は結構しんどい登りが続く。岩がゴロゴロした急坂で下りでは難儀しそうである。

【登山口とポスト】                                  【登り始め】


標高1400mを越えるあたりから若干緩い登りになる。
駐車場より1時間18分で1716mの標識に到着する。
しかし、この標識は実際間違いで、本来の1716m位置のピークは距離で200m先である。
とは言ってもここの標高も約1710m、地図上の1716mピークはもう少し高いはずである。
いったい何が正解なのか??まぁどうでもいいので先を急ぐ。

この先、県境尾根までは見晴らしの良い緩い登りの尾根道が続く。
振り返れば、遠くの山並みが綺麗に見える。

【偽1716mピーク】                                  【快適な笹原】


駐車場から2時間12分で県境尾根にたどり着く。
ここまでもいくつかあったが、この登山道は水はけの悪い場所がいっぱいである。
県境尾根では特に多く、今回のように、昨日たっぷり雨が降った翌日は、水たまりだらけである。
それを登山靴で踏みまくってあるので、もうぐっちょんぐっちょんである。
最初はよけて歩いていたが、そのうちどうしようもなくなり、中央を突っ切って歩く。どろどろである。

その後もやけくそで登り続け、駐車場から2時間36分、一般的な恵那山山頂(2190m)到着!
そして一等三角点「恵那山」(2189.81m)発見!!

【ドロドロの登山道】                                 【三角点ポイント】


さて、この三角点ポイントは恵那山の標識が立っているが、実際の最高点はまだ先である。
さらに尾根道を進む。みると、水たまりが凍り付いている。寒いはずである。

途中避難小屋を見ながらさらに進み、三角点から16分.
真新しい神社が鎮座する恵那山最高点(2191m)到着!!
こちらが国土地理院での山頂である。

【山頂付近の凍り付いた水たまり】                        【恵那山最高地点(本来の山頂?)】


恵那山は見晴らしが悪くつまらないとの山行報告が数多いが、この最高地点からみると
ほれ!この通り!
南西から北東方面の大パノラマである。御嶽、乗鞍まで丸見えじゃぁ!

【最高地点のパノラマ】→→スクロールしてね!!


絶景を楽しんだ後、下山開始。2191m最高点と2190mピークの鞍部にある避難小屋をのぞいてみる。
ストーブもあり、隣の居室も綺麗である。最近の避難小屋はどれも整備されてますなぁ。

【恵那山避難小屋】                                【避難小屋内部】


この避難小屋前に綺麗そうなトイレがある。中をのぞいてびっくり!小はまともだが、大は・・・・・すさまじい状態で
使用不可能であった。あまりに汚いので食欲喪失。今回金ちゃんヌードルは記念撮影だけでおしまい。
今度別の山で食ってやるから・・・。食事抜きで早々に下山する。

【恵那山一等三角点と金ちゃんヌードル】


県境尾根から広河原への尾根へ入ると、登るとき背中で見ていた絶景が広がる。
御嶽、乗鞍、穂高、中央アルプス、南アルプス。大展望を満喫しながら気持ちの良い尾根を下っていく。

【下山時の絶景パノラマ】→→スクロールしてね


紅葉を楽しみつつ、下山始めて1時間55分で登山口の沢の橋に到着。
舗装林道を下りつつ、全山紅葉の山肌に感動する。派手じゃのう。

【登山口の沢橋】                                  【紅葉の山肌】


下り始めて2時間22分で駐車場到着!
車が大増殖している。下山中にかなりの登山者とすれ違ったもんなぁ。
路上駐車もいっぱいである。

横の沢でドロドロのスパッツと、靴を洗い、その後は昼神温泉「湯ったりーな昼神」でゆったりゆったり。
単純硫黄泉で、お肌すべすべじゃ。

【満車状態の駐車場】                               【湯ったりーな昼神】


その後、やましん隊長は一路静岡へ高速道を飛ばす。
そこで、一大事発生!!
やましん隊長、なんと富士吉田料金所でETCゲートのバーに激突!!
見ると、なんとカードが刺さっていない!!(そら、開かんわな・・・)
運転中に足下でごぞごぞした時にEJECTボタンを押してしまったらしい。
やましん隊長ドキドキの平謝り。しかし、職員も慣れているようで、簡単に処理してくれた。(・・・ほっと一安心)
いやぁーびっくりしました。ゲートバーは案外やわらかい材質でできている感じでしたな。
(車も傷ひとつ無く安心安心)

今回の散財
高速道路代 ¥11740円 ETC前払い割引前
ガソリン代(推定) ¥10000円 byパジェロ3000
登山食料 ¥2900円 飲料水、ビール他
湯ったりーな昼神 ¥500円 入浴代
漬け物、ふりかけ ¥1160円  
合   計 ¥26300円  

やはり距離が遠いと交通費が・・・・・・
この10月、あほいきに登りまくったので、今月の登山散財合計、なんと!¥128,946円!
(登山用品購入代は含まれておりまへん・・・・)
やばい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・さぁ、それでは帰って焼肉食うぞ!(金のことは忘れて飲むぞ!!)

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】