【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-65
山     名:雲取山 日本百名山no,66
探  検  日:2005年11月3日(日帰り)
標     高:2017m
登山標高差:1054m
累積  標高:1341m
三  角  点:一等三角点「雲取山」(行政:東京都奥多摩町)
登山時間データ 時刻 時間 備考
後山林道最奥駐車場発 6:23 0:00 登り
2:28
三条の湯 6:47 0:24
三条ダルミ 8:20 1:57
雲取山山頂着 8:51 2:28
雲取山山頂発 9:46 3:23 下り
2:37
雲取山荘 10:02 3:39
三条ダルミ 10:35 4:12
三条の湯 11:52 5:29
後山林道最奥駐車場 12:23 6:00

1.目標決定
さあ、2005年もはや11月。気温の低下に従って、やましん隊長の登山目標も標高が下がってきた。
(寒いの大嫌いじゃ)
11月3日は翌日出勤と言うこともあり、今回の目標は近場の2000m級、簡単そうな雲取山決定!
しかし、簡単そうと言っても歩行距離15km以上。標高差も1000m以上ある標準登山時間が3時間半の結構しんどい山。
ただ、やましん隊長、この夏の山行で鍛えられたと言うか、完全に麻痺してますので、お気楽モードでいってきま〜す♪。

2.出発
三島ベースキャンプより3時間ぐらいで登山口まで行けそうなので、夜中の2時頃出発すればいいかと思い、
夜20時頃から寝始めたが・・・・・・・・・・・・・・・・・・副隊長の電話で起こされ、それから眠れない・・・・・・。
いらいらして、酒を飲みたくなってきた。うーーん、これは困った。
仕方ないので、22時、とりあえず登山口へ向けて出発することにする。

お金がもったいないので、今回は一般道を進む。山中湖畔を通り、河口湖畔を通り、・・・・・・観光地ですなぁ。
山梨県勝沼から大菩薩ラインを進み、後山林道の長い山道をくねくね進んで、深夜1時、林道終点100m手前の
バリケード横駐車場に到着。5台程度駐車可能。先客2台有り。
ビール2本を飲み干し、就寝・・・・・・。

3.登山開始
5時40分起床。天気予報は曇りだったが、やはり実際曇りである。
登山準備をするが、GPSユニットがなかなか電波を補足してくれない。なんでじゃぁ!!
結局、電波測位に30分以上かかり、6時23分駐車場を出発。バリケード横を抜け、3分歩くと、
よく紹介されている林道終点に到着。ここから登山道となる。

【最奥の駐車場】                                  【林道終点】


しっかし、この登山道は整備されとるのう。なだらかだし、幅は広いし、遊歩道やな。
沢沿いの道をゆるゆる進むこと24分。朝食の用意をしているのか、煙が似合う三条の湯に到着。
風情のある宿である。いずれ人生がゆっくり進むようになったら一泊したいものである

【沢沿いの登山道:三条の湯へ向けて】                    【三条の湯】


三条に湯をすぎても、登山道は至ってなだらか。
この登山道は尾根はあまり通らず、ほとんどが斜面をアップダウンがないように作られている。
これはこれで紅葉を愛でながら快適な登りなのだが・・・・・
雲取山は登山標高差1000m以上。と言うことは・・・・・なかなか高度が上がらないではないか!!
実際、歩いても、歩いても、歩いても!!なかなかプロトレックの高度計が伸びて行かない!!

綺麗な紅葉も、ええ加減飽きてきた頃、三条の湯より1時間23分で三条ダルミに到着。
ちょっとした広場があるだけで、山頂手前の休憩所にぴったりである。

【ゆるゆる登る登山道】                               【三条ダルミ】


さぁ、山頂までもう少し!三条ダルミより急坂を登る。
今までゆるゆる登りで温存していた体力を一気に使う。
三条ダルミより30分で避難小屋のある見晴らしのよいピークに出る。
ここからの小雲取山への尾根道は、よくガイドブックで見た構図である。

【山頂直下の急登】                                  【小雲取山への稜線】


さぁて、やってきましたぞ!駐車場より2時間28分。雲取山(2017m)山頂到着!
傍らに、一等三角点「雲取山」発見!!
おおっ!恵那山で食わなかった金ちゃんヌードルが早くもお出ましです。

【雲取山山頂】                                   【一等三角点】


さて、この雲取山には、一等三角点よりも以前、明治時代に設置された原三角点が現存している。
いまや日本で3カ所しか残っていないお宝である。さすがでかい!!
おおっ!ここでも金ちゃんヌードルがフライング!。
この歴史的重要な史跡をテーブルにし、やましん隊長、金ちゃんヌードルを喰う!!うまいぞ!!




お腹もふくれたし、周囲の展望を見てみるが、天頂は青空だが、
周囲の山々は・・・・もやがかかって・・・・まったり〜〜状態。はっきり見えましぇん。
富士山も、裾の稜線だけ見えるが、全形ははっきりしない。
他のお客さんも、いまいち不完全燃焼気味。

【上空は晴れ】                                    【周囲の山々はモヤ】


このまま帰るのももったいない。そういや山頂であった青年が雲取山荘経由で帰ると言っていたな。
やましん隊長もそのコースで帰ることにする。
登ってきた西からの尾根とは違う、北への尾根を下る。
下ること16分、2階建てのまだ新しい建屋が輝く雲取山荘に到着。
この山荘すぐ上の百葉箱を左に入ると三条ダルミへの巻道になる。
巻道は、さすがに本線よりはやや細いものの、結構歩かれているようではっきりしている。
静かな自然散策道をこれまたゆるゆる進んで行く。

【雲取山荘】                                     【雲取山荘から三条ダルミへの巻道】


雲取山荘より33分で三条ダルミへ到着。そのまま三条の湯へ向けて紅葉の登山道をゆるゆる下って行く。
三条ダルミより1時間17分下って、三条の湯到着。便所を借りる。(維持管理費としてチップ必要)

そのまま駐車場まで下り、山頂より2時間37分で下山完了!!
下山途中、多数の登山客とすれ違い、駐車場がどんな惨状になっているか心配していたが、
案の定、林道は所々の駐車可能スペースに車が寿司詰め状態。1kmほど下まで駐車していた。
やっぱり、百名山は前泊に限りますな!!

【紅葉の下山道】                                  【林道満車】


帰りはカーナビ任せ。小菅村から松姫峠経由で帰ることにする。
途中にある小菅の湯で汗を流すが、紅葉目当ての客で満員状態。
各種ある1人用湯船には結局入れず、これまた不完全燃焼。
しゃあない!今夜も焼肉か??

【大混雑の小菅の湯】


今回の散財
高速道路代 ¥1290円 ETC前払い割引前
ガソリン代(推定) ¥3500円 byパジェロ3000
登山食料 ¥700円 飲料水、ビール他
小菅の湯 ¥600円 入浴代
合   計 ¥6090円  

今回は10月の浪費を反省し、節約しました。

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】