【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-66
山     名:皇海山 日本百名山no,38
探  検  日:2005年11月13日(日帰り)
標     高:2144m
登山標高差: 791m
累積  標高: 834m
三  角  点:二等三角点「皇海山」(行政:群馬県沼田市)
登山時間データ 時刻 時間 備考
皇海橋登山口出発 6:15 0:00 登り
1:51
不動沢のコル 7:26 1:11
皇海山山頂到着 8:06 1:51
皇海山山頂出発 8:15 2:00 下り
1:39
不動沢のコル 8:43 2:28
皇海橋登山口帰着 9:54 3:39

赤城山山頂より望む。中央奥の山(右のピーク)

1.目標決定
寒いですなぁ・・・・・。季節は11月中旬。ネットでライブカメラを見ても2500m以上の山は完全に冬(雪)景色・・・。
今年もそろそろ閉店ですか・・・・・・。
しかし・・・しかしもう少し粘ってみたい!!
2000m級は先日の雲取山で終わりと思っていたが、まだまだ下界は20℃。
いざとなったら引き返す覚悟で、2000mちょいの皇海山(すかいさん)なんかはどんなもんでっしゃろ!!

2.出発
やましん隊長、今週末は土曜日出勤。なんと月曜日は事業所の創立記念日でお休み!!
火曜日も休暇をもらいの三連休!ウルトラのんびりモードで日曜登山へ突入じゃ!!
三島単身寮(三島ベースキャンプ)を18時出発。東京八王子経由で圏央道を通過し、関越道から沼田ICで降りる。
その後は、悪路で名高い栗原川林道を進む。
この林道、シーズン終わり間近のためか、落石もなく、夜遅いこともあって対向車もなし!快適そのもの!
1時間足らずで最奥の皇海橋へ到着してしまった。(パジェロ君、ちょっと期待していたが、拍子抜け・・・)
時刻は23時。橋前では先客2台有り、橋向かいではライトをつけた車数台がテントの設営の真っ最中。
結構にぎやかでほっとする。(さすが百名山)
途中で買い込んだソーセージおつまみセットとビールでいつものひとり宴会開始!
冷えてきたので2本飲んだ時点で寝る。

3.登山開始
朝5時に目覚める。ユニフレームの寝袋400,800タイプ2枚重ねでぬくぬく寝ていたが、さすがに朝方はちょっと寒い。
(やましん隊長、超寒がりです)
5時20分にエンジンをかけ暖房を入れる。外は0℃。パジェロのシートヒーターで暖まる。
隣の車の人を起こしてしまったようで、着替えているのが見える。
6時15分。外も結構明るくなったので、出発する。皇海橋から皇海山方面を見ると・・・
げげっ!!なんと少し雪が!?
昨日の雨がここでは雪であったか・・・これはやばい!やましん隊長は雪山大嫌い!寒いのも大嫌いである。
この皇海山は終始見晴らしのきかない樹林帯なので、雪はあまり積もっていないことを期待して登山開始!!
(お守りで、先日三島市のアウトドアショップで購入した軽アイゼンをリュックに放り込む)

【皇海山登山口駐車場】                              【山肌に雪??】


皇海橋を渡ったところで沢沿いに林道を進む。
すぐに、沢を渡ることになる。やましん隊長、先日、甲武信岳のナメ滝で濡れた岩で滑って、膝を強打した
いやな記憶がよみがえる。濡れた岩にだけは乗りたくない。渡れそうな部分を探し右往左往する。
登山靴の防水性は結構高いので、結局沢の中をじゃぶじゃぶ進む。

その後は、枯れ松葉の絨毯が敷き詰められた、緩やかな沢沿いの登山道をゆるゆる登って行く。
結構いい雰囲気に気持ちよく登っていたが・・・・・・
この登山道は迷いやすい!所々に立派な道標はあるが、肝心の分岐が不明確。
結局2度ほど道に迷い、道の消えた尾根で途方に暮れ、遙か下の沢の赤テープを見つけたりして、難儀しながら登って行く。

【最初の沢渡り場所】                                【沢(沿い)の登山道】


1時間ほどでこの沢沿いのゆるゆる登りから、不動沢のコルへ直登する急坂へ取り付く。このあたりが標高1700m
付近。あちこち巨大な霜柱が立ち、沢も凍り付いてなかなか登りにくい。
登山靴が滑らないように注意しながら、なんとか不動沢の鞍部まで登る。

ここから右手に鋸山がよく見える。結構鋭いピークにびびる。(今日のような日には絶対行きたくない)
このコルからは素直に皇海山方向へ尾根を進む。

そして・・・周囲は・・・雪じゃ!雪じゃ!なんじゃこりゃ!!
やましん隊長、雪山は絶対登らないと心に誓っていたはず!これはまいった、まいった。
しばらくはなんとか登っていたが、結局、我慢できずに軽アイゼンを装着する。

しかし、生まれて初めてつけたアイゼン!この効果に大感動!!
凍り付いた登山道が苦もなく登れるこの快感。こりゃええわぁ〜〜。癖になりそうじゃ。
ざくざく、登山道を進む。山頂直前は樹林のくねくね登山道。完全に雪山ですなぁ。

【不動沢のコルからの鋸山】                            【コルからの尾根道:雪じゃぁ!!】


進むことしばし・・・やっと到着しました!!皇海山山頂(2144m)到着!
ど真ん中に二等三角点「皇海山」発見!!

【皇海山山頂】                                     【三角点】


しかし、周囲は・・・・・白銀の世界・・・・。少し寒いものの快晴に太陽がさんさんと輝いてええ気分ですなあ!
展望のないのが残念ですが・・・・・

【雪の山頂広場】                                  【展望??】


やましん隊長の脳神経回路、ここでぷっつん・・・・・ナチュラルハイモード突入。
先客の去った皇海山山頂でひとり雪山踊りに酔いしれる。(完全に壊れているやましん隊長)

しばらく踊っていたが、登ってきた登山者の冷たい視線で我に返る。
さて、そろそろ下りましょうか。あまりに寒いので、金ちゃんヌードルは記念撮影のみ。

【雪じゃ!雪じゃ!】                                【寒いので記念撮影のみ】


アイゼンをつけたまま、がっつんがっつん下って行く。(安心感が違いますなぁ)
下りは精神的に余裕が出てくるので、気のせいか道も広く見えまぁす!

【快調な下山道】


不動沢のコルからの急坂でも問題なく凍結道を下って行く。
途中でアイゼンをはずすが、直後、沢の丸木橋?で足を滑らせ脛まで水の浸かる!!やべぇ!
しかし、すぐに脱出したのと、スパッツをつけていたため、水の侵入なし。よかったぁ〜〜。

【沢沿いの下山道】                                  【足を滑らせたすばらしい丸木橋】


登りと違って下りは登山道の目印が見つけ易い。1時間39分で皇海橋へ下山完了。
(と言っても、実は下山でも1回道に迷って、道なき道をよじ登ること5分ほど有り。この山は本当に道が解りづらい!)

その後、パジェロで林道を40分程度で走り抜け完了。周囲の山は全山紅葉で綺麗ですなぁ!
(皇海山は紅葉ゼロの雪山でしたが・・・・・)

【帰着完了】                                      【栗原川林道入り口部よりの紅葉】

結構、早く下山できたので、近場で霊験あらたかな赤城神社でも行ってみる!?
(次の行動、見え見えですなぁ)

今回の散財
高速道路代 ¥7140 ETC前払い割引前(赤城山と折半で)
ガソリン代(推定) ¥6250 byパジェロ3000(赤城山と折半で)
登山食料 ¥1837 飲料水、ビール他(赤城山と折半で)
合   計 ¥15227  

今回は距離があるので・・・・結構かかってます。(これで、半分です。トホホ・・・・・)

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】