【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-67
山     名:赤城山(黒檜山、駒ヶ岳) 日本百名山no,40
探  検  日:2005年11月13日(日帰り)
標     高:1827.57m
登山標高差: 457m
累積  標高: 544m
三  角  点: 三等三角点「黒桧山」(行政:群馬県沼田市)
登山時間データ 時刻 時間 備考
黒桧山登山口出発 11:40 0:00 登り
0:52
黒桧山山頂到着 12:32 0:52
黒桧山山頂出発 12:40 1:00 下り
1:36
駒ヶ岳山頂通過 13:16 1:36
大洞 13:48 2:08
赤城神社 13:59 2:19
黒桧登山口帰着 14:16 2:36

1.出発
さて、10時前に下山完了の皇海山。後かたづけもあわただしく早々に撤退開始。
悪路で名高い栗原川林道も、数台の対向で少し難儀はしたものの、40分ほどで通過完了。
この林道の入口は利根村役場のすぐ横から始まっており、すぐ近隣に吹割の滝という景勝地がある。
とりあえず見ておこうかと寄ってみるが・・・・・。
しかし、周囲の山が全山紅葉時期の日曜日・・・・。さすがに滝周辺の道路は渋滞中。駐車場も満杯状態である。
滝は残りの人生で観光するチャンスもあるだろうし、時間がもったいない。
今回は見物をあきらめ、赤城山へ向かうことにする。

赤城北面道路の快適な観光道路を経由し、11時38分、赤城山(黒檜山)登山道横の駐車場へ到着!
皇海山登山口から赤城山登山口まで約1時間半か・・・・。
時刻はまだ昼前!。天気は快晴!ということで、本日2山目、赤城山ターゲットロックオンじゃ!!

2.登山開始
隣に駐車し、登山準備をするご夫婦に、赤城山の黒檜山から駒ヶ岳までの尾根道は気持ちがよいとの情報を得る。
さて、どうしたものか・・・・・。まぁ黒檜山山頂で考えることにしましょうか。
11時40分、黒檜山登山口より登山開始。

【黒桧山登山口】


この登山口からの尾根道は基本的に直登で結構急な登りが続く。まだ霜柱があちこちに残っており
今朝はここも寒かったのかのぉと思いつつ登る。しかし快晴の昼間。やはり汗が噴き出る。
途中、猫岩と呼ばれる岩場から大沼が見渡せる。こりゃええ景色ですなぁ。

【急な登り】                                   【猫岩よりの眺め】


下山してくる多数の登山者(観光者?)と道を譲り合いつつ、だんだん緊張感が無くなってきてだらだら登る。
12時30分、黒檜山と駒ヶ岳の尾根に到着する。このあたりは登山道が水たまり?でぐちゃぐちゃのドロドロである。
ここを左手に進み、2分も進めば赤城山(黒檜山)(1827.6m)山頂到着!!
広間の中ほどに三等三角点「黒桧山」発見!!
【結構広い山頂】                                 【三角点】


登山口より52分で山頂到着か・・・・・本日2山目としてはまぁまぁのペースですな。

周囲を見ると・・・・あれが皇海山かぁ。左に日光白根山、右に男体山もよく見える。
皇海山では全く見晴らしがよくなかった分、赤城山でのこの展望はうれしい。

【北西方面の展望:皇海山、男体山など】


さて、時刻はまだ12時台。真っ昼間である。今から同じ道を下ると1時過ぎには帰ることになる。
せっかく群馬まで来て皇海山も赤城山もピストンは・・・・悲しい・・・・・。
ということでピストンはレイザーラモンに任せ、やましん隊長は駒ヶ岳へ尾根道散策に出発!!フォーーー!

しかしこの道・・・・・・昨日は雪だったのかのぉ???もうぐちゃぐちゃドロドロが延々と続く。
この道は「関東ふれあいの道」と言うらしい。ふれあうというよりは観光登山客のどろんこ競技場ですなぁ。

【ぐちゃぐちゃ登山道】


3分で赤い鳥居の黒桧山大神を通過する。ここでも多くの登山者がお食事中。
さて、この先はどんな道だったかな??んっ????地図がない・・・・・
これはしまった。本日2山目の楽勝赤城山と言うことで気が抜けたか、うっかり地図を車に忘れてきてしまった。
近くの登山者にこの先のルートを聞きまくるが、皆さんもお気楽観光モードなのでいまいちはっきりしない。
「とにかく1本道だから降りればいいのよっ!!」との声に押されとにかく尾根道を進む。
おっと、すぐに分岐登場!おいおい一本道じゃなかったんかい!!(地図を忘れた自分が悪いのだが・・・・)
とりあえず尾根に沿って、遠目には綺麗なぐちゃぐちゃ登山道を進む。

【黒桧山大神】                                    【駒ヶ岳への尾根道】


ぐっちゃぐっちゃどっろどっろらんらんらん♪♪やましん隊長、皇海山雪山の緊張の反動で脳みそ発酵状態か?
さて黒檜山から25分、一旦下って、少し登り返すと、駒ヶ岳(1685m)到着!
さて、山頂の標識はと・・・・・・。見ると標識の真ん前でおばさんがたばこを吹かしている。
写真が撮れないので、一時的に移動してもらったが、そのときのおばさんの一言!
「モデルはいらないのね・・・・・」
・・・・・・やましん隊長・・・答えに困って絶句。
心の中で「絶対いりません!」と叫びつつ、早々に退散する。
このおばさんの一言でどっとテンションが下がる。不必要なふれあいであった。恐るべし関東ふれあいの道!

【駒ヶ岳の登り返し】                               【駒ヶ岳山頂】


さて、ここから300m下るわけだが、しばらくは尾根道をさらに進み、湖の端あたりで急激に下って行く。
階段が綺麗に整備されているが、長い下りが足に答える。膝が痛いよぉ

駒ヶ岳から32分で国道の大洞へ下山完了。ここにも立派な駐車場がある。

【大洞への急な下り】                                 【下山完了:大洞】


ここからはこの車道脇を歩いて行く。
同じようにリュックを背負った人も数名歩いているが、他の観光客からは完全に浮いている。
10分も歩けば赤城神社に到着。湖に架かる橋を渡って境内に着くと、本殿は改装中。とりあえず御札を買う。
この神社からはご神体に当たる黒桧山や歩いた尾根が綺麗に見える。

【湖に浮かぶ赤城神社】                               【ただいま改装中】


【赤城神社から望む】


さて、祭りは終わった。それでは帰りましょうか!
赤城山から車での下山途中でゴルフ場の施設???「太陽殿」で薬草湯に浸かる。1000円也

【黒桧山登山口駐車場】                              【太陽殿】


その後、前橋市内で渋滞に捕まり、東京方面の高速大渋滞の表示に恐れをなし、
かなり遠回りになるが、なんと長野周りで富士の裾野まで帰る。21時帰宅。うーーん、今日も疲れたぞい!

今回の散財
高速道路代 ¥7140 ETC前払い割引前(皇海山と折半で)
ガソリン代(推定) ¥6250 byパジェロ3000(皇海山と折半で)
登山食料 ¥1837 飲料水、ビール他(皇海山と折半で)
風呂代 ¥1000 太陽殿 
合   計 ¥16227  

皇海山と会わせると今回の山行、¥31,454円なり。浪費はとどまることを知らずじゃ!

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】