【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-68
山     名:両神山 日本百名山no,65
探  検  日:2005年11月19日(日帰り)
標     高:1723.01m
登山標高差:1123m
累積  標高:1412m
三  角  点: 二等三角点「両神山」(行政:埼玉県大滝村)
登山時間データ 時刻 時間 備考
日向大谷登山口出発 6:23 0:00 登り
2:34
清滝小屋七滝沢分岐 6:52 0:29
清滝小屋 7:55 1:32
両神山山頂到着 8:57 2:34
両神山山頂出発 9:40 3:17 下り
2:17
日向大谷登山口着 11:57 5:34
※登山口前泊日帰り突貫モード

1.出発
冬だぁー。寒いぞぉー。雪のないところはどこだぁー???。
と言うことで、流れ流れてたどり着いたのは標高1700m台の秩父の名山、両神山!
ここなら11月中旬でも雪はないでしょう!!やましん隊長、今週日曜日は煮詰まってきた仕事のため休日出勤!
そのため今回の目標は土曜日半日でとっとと帰れる、この両神山に決定!!
(とはいうものの、歩行距離12km以上、標高差も1100m以上ありますが・・・・・)

この山は、やましん隊長ベースキャンプである単身寮(静岡の三島)から結構近い。
今回は費用節約のため一般道を行くことにする。
夜19時、出発。山中湖畔、河口湖畔、一般道をぐんぐん進み、雁坂トンネルを通って、両神山登山口に夜23時に到着!!。
駐車代無料の第1駐車場に先行車1台あり。
ビールとソーセージおつまみでほろ酔い気分になり24時就寝!!あぁー犬が吠えまくってうるさいぞう!!

2.登山開始
朝5時40分、プロトレックのアラームに起こされる。外の気温は4度。先週の皇海山登山口が0度だったので
結構暖かく感じる。ユニフレームの寝袋2枚重ねから抜け出で、足揃えを済ませ6時23分出発!!
すぐ上の両神山荘前を通り、登山道へ突入して行く。

【無料の第1駐車場】                                 【第1駐車場横の登山口】


と、すぐに行者像のある鳥居をくぐる。ここからなだらかな沢沿いの道をゆるゆると進む。
空は快晴!。気持ちええぞぅ!!
しかし・・・・しかしなかなか高度が上がらない・・・・・ちっとも上がらない!!!
清滝小屋へのコースと七滝沢コースの分岐に着いても、登山口とほとんど高度が変わらない!!
なんじゃこりゃ!!と言うことは後でえげつない登りが待っているのか???

【鳥居】                                   【ほとんど登らない登山道】


来ました・・・えげつない登り・・・・・
清滝小屋分岐より小屋まで半ほど来た頃から、急坂の連続。つづら折れが続く。
ゼィゼィ!しんどいぞこらぁ!
コース分岐から1時間ほど登ってやっと清滝小屋到着!
結構立派な建物でんなぁ!とりあえず素通りする。(だって、小屋内の休憩は有料って張り紙してるし・・・)

ここからも、しんどいつづら折れの登りが続く。ゼイゼイゼイ!
この晩秋でも結構汗が出る。しかし、リュックサイドに刺したペットボトルのお茶は冷たい!!
(冷たすぎてなかなか飲めまへん)

ほどなく産体尾根について、両神山頂が姿を現すが、まだまだ急坂は続く。
ミニ鎖場の登場。3〜4カ所ほどある。どうってことないが、だんだん疲れてきたぞぃ!

【清滝小屋】                                     【鎖場】


おおぉーーー鳥居じゃぁ!
これは地図にも載っている両神神社本殿か??
すぐ奥に御岳神社も併設。何で二つもあるの???

そこから山頂まではもう少し・・・・
少しくだって尾根道をゆるゆる進む。雪はまったくない。安心安心。

【両神神社】                                     【山頂近い尾根道】


おーーっと、最後の鎖場を登ると。到着じゃぁ!!
登り始めて2時間34分、両神山(1723.10m)山頂到着!!
山頂すぐ横に、二等三角点「両神山」発見!!
【両神山山頂】                                     【三角点】】


山頂からの展望は北方向に数本の樹木があるものの、
筑波山、雲取山、富士山、金峰山、南アルプス、八ヶ岳、浅間山・・・・・
たくさん見えすぎて同定に疲れた。もう好きにしてくれ!!

【超横長スクロール】→→→右スクロールしてね


先客はやましん隊長よりかなり若い青年1名。写真を頼む。山頂で雄叫びじゃぁ!!
その後、お・や・く・そ・く・・・・・金ちゃんヌードル!!
両神山の超狭い山頂に陣取り、金ちゃんヌードルをむさぼり食うやましん隊長!!久しぶりじゃぁ!!

【両神山山頂ピークにて】                            【ピークにて金ちゃんヌードルを喰う】


40分ほど飯喰ったり、うだうだしたが9時40分、下山開始。
両神神社まで下ってくると、かの有名な民宿両神山荘のポチ発見!!
今日もおつとめご苦労様です!!

【ポチです】


さて、産体尾根より同じ道を帰っても仕方ない。
山頂で写真を撮ってもらった青年が、七滝沢コースはきついと言っていたな・・・・
きついの結構!!気をつけていきましょう!!
と言うことで、産体尾根よりは清滝小屋へ降りずに、七滝沢コースへ突入!

最初はなだらかな下りだが、すぐにえげつない下りが始まる。
結構びびりながら下って行くと長ぁーーい、細ーーーい養老の滝到着!!長いです。
(実物は写真よりもずぅーーーっと長い感じです。)

【養老の滝:縦四枚合成】


しかし、この七滝沢コースの最初の下り・・・・さすがにきついですなぁ!!
鎖場が何カ所かあります。この道・・・下るにはいいが絶対登りたくない!
登りはやはり清滝小屋経由のコースをお奨めします。

このコース、さすがに登山客が少ないようで、落ち葉が結構降り積もっている。
カサカサかき分けながら下って行くが、案内板が少ない代わりに、異常に多いピンクのテープに助けられる。
15歩あるくと次の目印に到着するほど、むちゃくちゃ案内してくれる。
いったいだれがこの膨大なピンクテープをつけてくれたか知らないが、先人の努力に感謝感激!!ありがとうございます!

七滝沢コースも半分をすぎると登山口と同じ標高になり、その後は小さく登ったり下ったりで沢沿いの紅葉散策道を
だらだら進む。

【異常に多いピンクテープの目印】                    【七滝沢コース後半の紅葉】


山頂より2時間17分で、日向大谷登山口へ下山完了!!
その後、パジェロにて細い舗装道を下り、両神温泉、薬師の湯で汗を流す。露天はないが清潔感あるお風呂で600円なり。

【下山完了】                                    【薬師の湯】


両神山は、甲武信岳雲取山を足して2で割ったような奥深い里山。
前半ほとんど標高が稼げず、後半のえげつない登り・・・・均等になりまへんかねぇ?

今回の散財
高速道路代 ¥1040 ETC前払い割引前
有料トンネル代 ¥1420 雁坂トンネル往復
ガソリン代(推定) ¥5000 byパジェロ3000
登山食料 ¥596 飲料水、ビール他
風呂代 ¥600 両神温泉薬師の湯 
合   計 ¥8656  

今回は近場だったので、高速を使わないつもりだったが、帰り道、河口湖畔の渋滞から逃げるため、一部使用。
ちょっと安くあげてます。(ビールとアテも、半分は持って行ったし・・・・・)地道な努力じゃ。

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】