【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-69
山     名:丹沢山(蛭ヶ岳) 日本百名山no,71
探  検  日:2005年11月22日(日帰り)
標     高:1673m
登山標高差:1257m
累積  標高:1989m
三  角  点:蛭ヶ岳 亡失
        丹沢山 一等三角点「丹沢山」(行政:神奈川県山北町)
登山時間データ 時刻 時間 備考
塩水橋ゲート出発 6:08 0:00 登り
3:59
天王寺尾根登山口 6:30 0:22
堂平分岐 8:05 1:57
丹沢山 8:37 2:29
蛭ヶ岳到着 10:07 3:59
蛭ヶ岳出発 10:41 4:33 下り
3:14
丹沢山 11:46 5:38
堂平分岐 12:17 6:09
塩水林道終点 12:53 6:45
塩水橋ゲート帰着 13:55 7:47

1.目標決定
やましん隊長は先日の日曜日が休日出勤だったので、代わりに有給休暇を取得。翌日は勤労感謝の日で連休となる!
と言うことで、天気予報晴れマークの平日に、まだ雪の心配のない丹沢山にでも登りましょうか!!
丹沢山塊では、百名山ピークが蛭ヶ岳か丹沢山かはっきりしていないようなので、この際、両方行くぞ!!

丹沢山はなぜか人気がない。標高が低い割には歩行時間が長いのと、あまり展望がよろしくないためらしい。
丹沢山だけならまだしも蛭ヶ岳・・・・遠いですなぁ・・・・累積標高差も結構行きまっせこりゃ!
本年最後になってもいい覚悟で気合い入れていきましょう!!

2.出発
さて、この丹沢山、やましん隊長の三島ベースキャンプからほど近い。(車で2時間)
いつもの登山口前泊はやめて、当日未明起床で行くべ!行くべ!

草木も眠る午前3時、目が覚める。静かに単身寮を出て出発!
裾野から秦野中井までは東名高速を使い、そこから一般道をヤツビ峠経由で塩水橋ゲートへ向かう。

5時30分、ゲート到着。ゲート手前に7台ほど、橋の両側にも3台ほど駐車できそうなスペースがある。
こんな山道でも通行車両は結構あるが、駐車している先客なし。とっても寂しい・・・・・(平日やもんなぁ)
しかし・・・・・眠いぞう!!!。体調もいまいち。それに外は未だ真っ暗!。仕方ないので15分ほど寝る。

3.登山開始
6時も過ぎ、空も白んできたので出発するか!(6時8分塩水橋ゲート出発)
20分ほど本谷川沿いの舗装道を歩き、天王寺尾根への登山口に到着。
そこから薄暗く、百名山らしからぬ荒れて急な登山道を尾根方向へ登る。

20分登ると、天王寺峠へ到着。何もない寂しい峠である。ここからは天王寺尾根を直登することになる。
このあたりでやっと太陽の光が周囲に差し込み始め、明るくなってくる。俄然、やる気が出てくる!
この天王寺尾根ルートは樹林で見晴らしはいまいちだが、この時期は葉が落ちてルートも明るく快適!!
(その分、落ち葉でルートが隠され、悩むこと数回・・・・・案内テープも少なめ・・・・・。とにかく尾根を進む!)
標高900mまでは結構きつい登りだが、尾根中間部では緩やかなとなる。

【未明の塩水橋ゲート】                               【結構明るい天王寺尾根】


塩水橋ゲートより1時間57分で堂平からのルートの合流点に到着。
さらに尾根をオネオネ登る。登りはまた若干きつくなってくる。
山頂間近で尾根の両側が崩れている場所に到着。見ると、頻繁に小岩がガラガラと落下していく。これは怖い。
もうすぐこのやせ尾根は崩れ去ってしまうかも・・・・・

【堂平分岐点】                                    【両側崩落のやせ尾根】


山頂直下に来ると、丹沢山名物、木製階段のお出まし。
すぐに丹沢山から北へ延びる尾根にでる。そこを南に進むと・・・・・山小屋「みやま荘」が見えてくる。丹沢山山頂部である!!

【山頂直下の木道】                                  【みやま荘】


みやま荘前を通り過ぎ、奥へ進むと・・・・・到着しました。
塩水橋ゲートから2時間29分で丹沢山(1567.1m)山頂到着!!
雲ひとつ無い快晴に富士山が映えます!!
近くに一等三角点「丹沢山」発見!!

うーーん、確かに周囲の樹木が少し邪魔で、それほど見晴らしはよくありませんなぁ。
しかし、結構広い山頂部で空が広い。のんびりした雰囲気が漂ってます。

【丹沢山山頂】                                   【一等三角点】


4.蛭ヶ岳へ
さて、この丹沢山から今回の最終目標である蛭ヶ岳へ向かいましょうか!!
蛭ヶ岳は丹沢山より100mほど標高が高く、西北へのびる尾根道の先に結構近く見える。(実際は遠いが・・・)
これからいくつかのピークを越えていくことになる。
丹沢山からは、まず急な坂をかなり下る。(うーーん、もったいない)。

【蛭ヶ岳への尾根道】                                 【丹沢山からの下り】


ここからである!!!
どどーーん!来ました!!超快適な笹原の尾根道じゃぁ!!
な・懐かしい感じ・・・・こんな景色を見ると、徳島の牛ノ背土佐矢筈山綱附森を思い出すぞぅ!!
このやまは四国の山に似てる!

【快適な笹原遊歩道!!】


振り返ると、丹沢山から塔ノ岳への尾根がビロローーンと連なっている。
いつかは大倉から塔ノ岳に登ってみたいものである。(この全ルートを日帰りで歩こうとは思わないが・・・・・)

【塔ノ岳への尾根〜〜】


不動の峰をすぎると、休憩用のテーブルがあるが、ここから見る富士山の大パノラマは文句のつけようがない!!
まさに快晴の絶景かな!絶景かな!!
丹沢山は見晴らしが悪いって噂は撤回せなあきまへんな!

天城山、箱根の山々、愛鷹山も揃い踏み!!
絶景が続く笹原尾根道を進みつつ、ピークを越えて蛭ヶ岳に近づいてゆく・・・・。あぁええ気持ちじゃぁ

【至福の笹原道から望む絶景パノラマ!!】


っと、そこへ同年代の登山者に追いつかれる。
この人。ヤツビ峠から登ってきたとのこと。なんか勢いがすごい。駆け足している。
少し話すと、そのままジョギング状態で追い抜いていった。世の中にはすごい人がいるもんである。
やましん隊長、全然かないましぇん。

快適な尾根をさらに進むと、異常にねじ曲がった樹木発見!やましん隊長の性格と同じである。

【追い抜いて行ったジョギング登山者】                     【やましん隊長の性格】 


最後のピークには「鬼が岩」と呼ばれている岩がある。蛭ヶ岳からは鬼の角に見えるらしい。
とりあえず記念撮影・・・
そして、眼前に蛭ヶ岳。あともうすこしじゃ!

【鬼が岩で・・・】                                   【蛭ヶ岳】


10時7分!!やっと、やっと到着しました。塩水橋ゲートから3時間59分
蛭ヶ岳(1673m)山頂到着!!
先客は3名。一人は先ほどのジョギング豪傑。後2人は相模湖から登ってきたというカップル。
さすがに平日。少ないですなぁ・・・・。この3人もすぐにいなくなり広い山頂はやましん隊長独り占め!!

ふぅーーーーしかし疲れたぞい・・・・・腹も減ったし飯にすっか!
今日は残念ながら金ちゃんヌードルじゃありません。(入った店屋で売ってなかった。)
「池袋豚骨醤油ラーメン」なるもんです。(うっ・・・・・・・これも結構うまい・・・・・・)

【蛭ヶ岳山頂】                                   【喰う隊長】


さて、山頂をうろうろすると・・・・・三等三角点「蛭ヶ岳」発見!!
んっ???三角点???
おかしい、蛭ヶ岳の三角点は亡失して現況不明のはず!これはいったい何だろう???
げげっ!!さわっていたら三角点がもげてしまった!!
これはやばい!どうしよう・・・・・
・・・・・しかしおかしい。三角点がころころ動くか???よく見ると少し違うようだし・・・・・
山頂標識すぐ横に偉そう鎮座しているこの石柱。いったいなんでしょうか??
解る方、教えてください。

【三角点に見える石柱】                               【石柱の文字】


さて、山頂脇には、ででーーんと蛭ヶ岳山荘が控えている。
先ほどのカップルが中で話して居る模様。
近寄ると・・・・・わんわんわん!!
やたらいきのいい犬が吠えまくって挑発してくる。
これが蛭ヶ岳山荘名物「吠える犬」かぁ。とりあえず1枚写真を撮る。

【蛭ヶ岳山荘】                                     【吠えてます】


この犬のすぐ横から、これまた広がる大パノラマ!関東平野がどどーーん

【蛭ヶ岳山頂から北東方面】


5.下山
さて、それでは下りも長いことだし、そろそろ帰りましょうか。
カップルが後からついてくるので、追いつかれないように気合いを入れて丹沢山への尾根を帰る。
1時間5分で丹沢山到着。ゼィゼィゼィ!疲れた体で大人げない無理をしてしまった。

再度、写真を撮って、早々に塩水橋へ下ることにする。
帰りは天王寺尾根ではなく、堂平から林道経由で帰ることにする。

堂平分岐までは登りと同じ道。分岐から堂平へ一気に谷へ下って行く。
しかしこの道・・・・落ち葉で踏み跡がはっきりしない。標識も案内テープも異常に少ない。
これでも百名山か疑いなくなるような不親切な道である。

なんとか下って行くと、樹木を囲むように建設現場の足場が組まれている。なんじゃこりゃ???
見ると「ブナ生理生態等調査のためのツリータワー」とのこと。ご苦労さんですなぁ

【はっきりしない堂平への下山道】                       【ブナ調査の足場】


ほどなく堂平まで下ってくるが、何の看板もなく、傾斜の緩い、貧乏くさい杉林が広がっているだけである。
いったい堂平ってなんなんでしょう?(ただの地名か??)

丹沢山山頂から1時間7分で塩水林道終点へ到着。ここからは舗装道路をえっちらおっちら帰ることになる。

【堂平の杉林】                                    【塩水林道終点登山口】


その後の林道歩きはほぼ1時間。紅葉もいまいちぱっとしないが、快晴なので気分がいい!
テクテクテクテク下る下る。しかし、長い林道やねぇ。

13時55分、蛭ヶ岳から3時間14分でやっとこさ塩水橋ゲートへ無事下山完了!!
車が7台ほどに増えているが、周辺の紅葉散策の人もいるようである。

【塩水林道からの紅葉】                              【塩水橋ゲート帰着】


しかしこの丹沢山。累積標高(+)1989m。歩行距離22.3km
帰ってGPSデータを見てびっくり!!疲れるはずじゃ・・・・・
あの八ヶ岳空木岳を越えるとは・・・。恐れ入ったぞ丹沢山蛭ヶ岳!!

それはそれとして、帰って焼肉じゃ。

今回の散財
高速道路代 ¥2200 ETC前払い割引前
ガソリン代(推定) ¥4000 byパジェロ3000
登山食料 ¥1064 飲料水、ビール他
合   計 ¥7264 今回風呂抜き。臭いぞ!

雪も怖いし、仕事も詰まってきたし・・・・・
これが2005年最終登山かなぁ????

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】