【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-81
山     名:鬼ヶ岩屋
探  検  日:2006年4月14日
標     高:450m
登山標高差:384m
累積  標高:516m
三  角  点:なし
登山時間データ 時刻 時間 備考
鬼ヶ岩屋温泉発 10:43 0:00 登り
0:50
間違い発覚引き返し点 10:55 0:12
鬼ヶ岩屋温泉再出発 11:04 0:00
登山口 11:10 0:06
チョウシノタオ尾根 11:39 0:35
鬼ヶ岩屋頂上着 11:54 0:50
鬼ヶ岩屋頂上発 12:17 1:13 下り
1:00
登山口着 12:48 1:44
とどろの滝 13:03 1:59
鬼ヶ岩屋温泉着 13:17 2:13

中央奥(見づらいが頂上の岩が目印)

1.出発
さてさて、人生の充電期間中のやましん隊長。今日も暇なので山へ行くべ!
といっても今週は天気がいまいち(最近大雨が続いている)。今日は雨のやみ間だが雲が晴れそうにはない。
と言うことで、本日は短時間で簡単に登れそうな鬼ヶ岩屋に決定!
朝8時に自宅を出発。一般道をちんたらちんたらパジェロ3000は進む。2時間40分かけて美波町の鬼ヶ岩屋温泉に到着。
平日だから駐車場はガラガラ。下山後、どうせこの風呂に入るつもりなので車を止めさせてもらう。

今日は新しい登山靴の足慣らしも兼ねている。やましん隊長の足は幅広短め。以前から愛用していたGTホーキンスの
ソールが痛んでから新しい靴を何足か購入しては見たものの、いざ使ってみると指が痛かったり、毎回かかとに豆が
できたりと調子のよくないものばかり。結局新規購入の3足(計7万円)の登山靴はお蔵入り決定!
(もったいないが背に腹は替えられない。不安のある靴では安心して登れませんから・・・)
ということで、結局、息子用に買っていた未使用のGTホーキンス(同型、同サイズ、超ド派手カラー)を譲り受け
使用することになった。靴は難しいなぁ

2.登山開始
上空の雲は重たいものの、雨は降りそうにない。さて行くかぁ!
10時43分、鬼ヶ岩屋温泉駐車場出発!温泉下の小川沿いに舗装道路を上っていく。
農作業のおじいさんが怪訝そうにこちらを眺めている。まぁ平日にこの格好では目立つわなぁ。
更に先を進んで行くと数軒の家屋がある。こんな奥でも生活してる人がおるんやな。

・・・・しかし、登山口はどこ???もうそろそろ登山口の看板が見えてもいい筈なんだが・・・・????
さて、新しい登山ガイドを確認してと・・・・・
んっ!!んっんん〜!!!なんじゃぁ!!全く違う方向に登ってきとるやないですかぁ!!
あほや・・・・・・。Uターンして鬼ヶ岩屋温泉まで引き返します。(時間ロス21分。精神的ロス甚大・・・)
農作業のじいさんが怪訝そうな顔をしたはずやね・・・

【鬼ヶ岩屋温泉】                                 【間違い発覚地点】


改めて、鬼ヶ岩屋温泉から更に上奥に伸びる道路へ進む。
しかし、新分県登山ガイド「徳島県の山」の地形図の道路の位置がどうもGPSで確認したのと違うぞ???
(最後にも書きますが、この新刊の「徳島県の山」の鬼ヶ岩屋の地形図のデータは実際と違うようです。)
本当にこの道であっているのか不安を覚えつつ先へ進むと、ガイドに載っていたとどろの滝と登山口の分岐に到着。
一安心である。さて、右の道を30m進むとここから登山道に突入じゃ!

【とどろの滝分岐点】                                【登山口】


うーーん、四国の低山ですなぁ。踏み跡はしっかりしているものの、道幅は狭くウラジロが登山道を見えにくくしている。
所々にあるブリキの登山道の案内板が非常に心強い。地元の有志の方に感謝である。

【登山道1】                                       【登山道2】


途中2・3カ所迷う箇所があるものの、赤テープとより明瞭な踏み跡をたどり、ブリキの案内板で
確認しつつ登山口より30分登ると、チョウシノタオ(峠)に到着する。さすが尾根に出ると風がすごい。
尾根には椿が多く見られるが、時期も遅くほとんど花が落ちている。残念。

山頂へ向けて、かなりの急坂を登ると、でかい岩が見えてきた。頂上はもうすぐ!

【チョウシノタオ】                                   【山頂付近の大岩】


山頂付近の大岩群の間をすり抜け、北へぐるーっと巻いて大岩群の東まで来るとはしご発見!
よじ登れば鬼ヶ岩屋(450m)山頂到着!



風が強いので、転げ落ちない様に気をつけなければ・・・・・やばいやばい。
しかし、頂上部の岩山の上なのでぐるり視界をさえぎるものがない。これで天気が良ければ最高なのだが・・・・
五剣山、紀伊水道がよく見える。

【鬼ヶ岩屋 頂上より】


気を抜くと風で吹き飛ばされそうなので、早々に岩山下へ降りる。
しかし、登るより降りるのが怖いはしごですなぁ。
それでは、お約束の昼食タイム。巨石の陰で風を避けつつの金ちゃんヌードルです。うまうま。

【上から見たはしご】                                 【昼食タイム】


腹もふくれたし、下山するとしましょうか。
山頂より31分で登山口まで下山完了。せっかくこんな県南まで来たのだから、ついでにとどろの滝も見ておくか!。
分岐を滝方面に進むと整備された遊歩道になり・・・・・
げげっ!遊歩道が水没している!
昨日までの雨で増水したか・・・・
やましん隊長、以前、百名山の甲武信岳登山で濡れた岩で滑り、痛い思いをした記憶がよみがえる。
濡れた岩には近づきたくないが・・・・・
ごくごく慎重にストックを利用しつつ、岩を踏んでみる。意外にグリップが得られる。常は水上に頭が出ている
石なのかもしれない。冷や冷やしながらこの水場を乗り越える。
ふーーっと一安心と思いきや、この後、2箇所の水没箇所有り。なんちゅう遊歩道を造ってんねん。
もっと安全な道に改造して欲しいもんです。

【とどろの滝遊歩道】                               【水没遊歩道】


ぶつぶつ文句を言いながらも、とどろの滝に来てみると
おーーっ、来てみるもんですなぁ!
写真ではよく分からないが、岩の上を滑らかに水が滑り、結構見応えがあります。
やっぱ来て正解。ほな、帰りましょうか。

【とどろの滝】


当然最後は、鬼ヶ岩屋温泉!
しかし入場料800円は高いんとちゃいますか!(タオル1枚貸してくれるけど持って行ってるって!)
とはいえ、平日の真っ昼間。ガラガラの貸し切り状態。めちゃ広い湯船にサウナ、露天風呂も独り占めでは文句も言えないか?

【今回のルートについて】
*******************************************************************************
うーーん。日頃お世話になっている新・分県登山ガイド「徳島県の山」にケチをつける様で申し訳ないんですが、
今回は「徳島県の山」P109の鬼ヶ岩屋地形図に惑わされてしまった。
私のGPSの軌跡と実際歩いた地形からみて、食い違う点は以下の通りです。

ガイドと比較して
1.まず、鬼ヶ岩屋温泉温泉は実際は小川のすぐそばにありガイドに較べ300m程南に位置する。
2.登山口と、とどろの滝の分岐点は鬼ヶ岩屋の西の399mピークから南へ降りる尾根の西側になり、
  ガイドに較べ尾根をひとつ西へ越えた200m西に位置している。
3.私がブリキ案内板で確認しつつ歩いた明瞭なコースは、鬼ヶ岩屋の直南の349mピークの西の谷を登る。
  (ガイドの様に349mピークを東に巻くルートは実在するのかもしれませんが見つけられませんでした。)
4.とどろの滝はもう2つ西の谷にあり400mほど南西である。

もし、新分県登山ガイド「徳島県の山」をお持ちでしたら、このページ上部のGPS軌跡マップと較べてみてください。
(鬼ヶ岩屋の位置が合致しているのでGPSは壊れてい無いと思いますが・・・・)
尾根ひとつ分、東に勘違いして記載されているようです。

もし私の方が間違っている様でしたら、連絡をお願いします。(トップページにメールリンクがあります。)
*******************************************************************************

今回の散財
飲料水 ¥450 500ml×3本
昼食 ¥270 金ちゃんヌードル+おにぎり
風呂代 ¥800 鬼ヶ岩屋温泉
ガソリン代(推定) ¥3000 byパジェロ3000
合   計 ¥4520  

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】