【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-85
山     名:大山(伯耆富士) 日本百名山no,92
探  検  日:2006年6月17日(日帰り)
標     高:1709.43m
登山標高差:932m
累積  標高:1139m
三  角  点:三等三角点「大山」(行政:鳥取県西伯郡大山町)
登山時間データ 時刻 時間 備考
駐車場発 04:52 0:00 登り
1:45
夏山登山道口 04:55 0:03
5合目 05:40 0:48
6合目避難小屋 05:53 1:01
弥山山頂 06:33 1:41
三角点 06:37 1:45
弥山山頂発 07:19 2:27 下り
1:49
行者谷分岐 08:03 3:11
大神山神社 08:41 3:49
大山寺 08:55 4:03
駐車場着 09:08 4:16
※登山口前泊日帰り突貫モード

溝口ICより東(大山方面)へ約1km地点より望む

1.出発
うーーん、もう26日も山に登っていない。既に夏山登山シーズン突入!これは、そろそろ一発行かねば成るまい!
ということで、近場の百名山、鳥取の大山にロックオンじゃぁ〜〜!!

金曜日、19時。お仕事終了!。一路パジェロは鳥取へ〜〜♪♪
瀬戸大橋を渡り、、約3時間で大山直下の溝口ICに到着〜〜。
さて!コンビニを探すぞう!探すぞう!探すぞう〜??
ない?ない!ないっ!!コンビニがない!
とうとう登山口まで来てしまった。この間、民家もほとんど無し。もちろんローソンもない!
げげぇ〜〜(T_T)。今日は晩飯も、晩酌も、翌朝飯も抜きですかい??
それはいかん!特に酒抜きは体に悪い!
ということで、大山登山口より米子市内へ下る下る!!。結局、下界まで下りきってローソン発見。
ビール(500ml×2本)、フランク、からあげクン、飲料水などをしこたま買い込む。

23時30分に再び登山口駐車場に到着。飲んで食って爆睡!!

2.登山開始
なっなんだぁ〜??やたらやかましいぞ!
見ると、学生らしき一団が駐車場に到着している。時刻は3時過ぎ。まだ暗い・・・・・
とにかくやかましい。騒ぎまくっている。山頂でご来光を拝むのだろうか?出発準備をしている。とにかくうるさい。
結局、目が覚めてしまった。この一団は30分ほど騒いだ後、出発したらしい。静寂が戻るが眠れない・・・・
ごぞごぞしていたが結局4時20分に出発準備開始。駐車場横の便所で身軽になった後、足揃えをし、4時52分、出発!

3分も歩けば夏山登山道口へ到着。これからは登り一辺倒の直登が始まる。

【駐車場、便所】                                 【夏山登山道口】


しかしこの道・・・・整備されすぎ!!。登山道ではなく遊歩道ですなぁ。(でも段差は徐々に大きくなる・・・)
30分も登れば体から嫌なにおいの汗(アセトアルデヒドか?)が出尽くし、持久モードに移行。
こうなればこっちのもんじゃぁ。マイペースでぐんぐん高度を上げて行く。
標高差約100m毎に合目の標柱が立っているのでわかりやすい。

5合目をすぎれば行者谷への下りの分岐に到着。帰りはこちらを通りましょうか。

【一合目標識】                                 【行者谷への分岐】


朝早いこともあって、あまり人に会わずにここまで来たが、やたら人声がすると思ったら6合目避難小屋到着。
結構な人数が休憩してます。ここで、たぶん未明に騒いでいた学生集団の一員らしき女の子に写真を撮ってもらう。
根がエロ親父のやましん隊長、若い女の子に写真を撮ってもらっただけで妙にうれしい。

しばらく先を進むと、周囲の樹木も背丈が低くなってくる。視界が広がりだしたぞ!だんだん雲も晴れてきてええ感じですなぁ!!

【6合目避難小屋】                                【7合目付近】


8合目付近からは木道が出現!環境省と鳥取県はいったいいくら金をかけているのか。
登山口からの階段と言い、この木道と言い立派すぎ!(でもこのダイセンキャラボクもなかなかのもんです!)

【キャラボク、木道1】


【キャラボク、木道2】


さぁ、山頂避難小屋も見えてきたぞ!その奥の石碑が山頂か!!??

登り始めて1時間45分!だーれもいない大山(弥山)山頂(1709m)到着!!

【山頂付近】                                   【弥山山頂】


さてさて、やましん隊長の目的はここだけではない!やっぱり三角点は見たいぞ!!
ということで、通行止めのロープはあるもののほんのちょっとだけ先に行かせてもらう。

ロープを乗り越え100m足らず進むと・・・ありました・・・三角点!
三等三角点「大山」発見!

【三角点へのルート】                              【三等三角点】


この三角点までは、あまり危険な部分はない。
しかし、この先は・・・・・
剣ヶ峰がおいでおいでしているが・・・・・・ルートを見ると・・・・・ダメだこりゃ(-_-)
やましん隊長、命が惜しいっす。というわけで、素直に引き返します。

【三角点より剣ヶ峰を望む】                           【痩せ尾根・・・怖いぞう・・・】


お・や・く・そ・く!金ちゃんヌードルターイム!
風が強いのでなかなかお湯が沸かないが、ここで食わないわけにはいかない!!
やましん隊長!大山山頂で金ちゃんヌードルを食ったぞぉー!(いつも通り、ひんしゅく買ってます・・・)

【金ちゃんヌードル3分間待機台】                       【食う隊長】


でも、この景色はなかなかのもんです!中国地方の名峰!標高の割には高度感もあり、見晴らしも最高。
あと少し、もやが晴れてくれれば、日本海も堪能できたんですが・・・・・・残念!

【山頂パノラマ】


下りは石室ルートを通る。ええ気持ちですなぁ!!

【石室ルート】


6合目まで下ると、その先で行者谷へルートをとる。
このルートも綺麗に整備されてます。このルートでこの時間帯に登ってくる人は見あたらず、静かなブナ林を堪能する。
樹林を抜ければ元谷の河原を横切る。

【行者谷下山道】                                 【元谷河原】


この谷から大山を見ると・・・・・ででぇーーんと広がる稜線に感動。
(かなり崩れてきているのが気になりますが・・・・)

【元谷よりの眺め】


谷を渡り、林道を下っていると、左下の林の中に大神山神社奥宮発見。
本来のこの下山道はこの奥宮を通過するはずだが、間違って車も通れそうな林道に迷い込んだらしい。
仕方ないので、林道から奥宮まで道なき道を下る。

やましん隊長は意外に信心深い。
この大神山神社、その下の大山寺では、拝みまくりの、賽銭入れまくりである。
いままでいろんな事やってきていますが、どうかバチが当たりません様に・・・・(^_^;)

その後、橋を渡り、9時8分、駐車場帰着!
おおーーっ!車が増殖している!さすが百名山!!

【大神山神社奥宮】                              【満杯の駐車場】


これなら、昼過ぎには徳島まで帰り着けそう。思ったよりもお手軽な山でした。

今回の散財
食料、飲料水、ビール ¥4100 前日夕食、夜一人宴会のビール、あて、翌日朝食、昼食、飲料水他
高速道路代 ¥9800 ETC
瀬戸大橋通行料 ¥8200  
ガソリン代(推定) ¥8000 byパジェロ3000
合   計 ¥30100  
げげっ!、結構かかってますなぁ。
瀬戸大橋の通行料がボディーブローのように効いてます・・・・・・(T_T)


【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】