【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-86
山     名:大峰山(八剣山) 日本百名山no,91
探  検  日:2006年7月16日(日帰り)
標     高:1914.64m
登山標高差: 761m
累積  標高:1117m
三  角  点:二等三角点「弥仙山」(行政:奈良県吉野郡天川村)
        三等三角点「聖宝大山」(行政:奈良県吉野郡天川村)        
登山時間データ 時刻 時間 備考
行者還トンネル西登山口 04:48 0:00 登り
2:30
奥駆道出合(稜線) 05:30 0:42
弥山小屋 06:48 2:00
弥山山頂 06:52 2:04
八剣山山頂着 07:18 2:30
八剣山山頂発 07:30 2:42 下り
2:30
朝食
込み
弥山小屋着 07:48 3:00
弥山小屋発 08:17 3:29
奥駆道出合(尾根) 09:17 4:29
行者還トンネル西登山口 10:00 5:12
※1日2山、登山口前泊日帰り突貫モード

日出ヶ岳よりみる大峰山(中央、雲の中・・・)

1.登山開始
さて、季節は未だ梅雨・・・・・。しかし、日本列島南半分はなんとか天気が持ちそうなこの三連休♪♪
奈良県南部は晴れのち曇り!。前回の大山登山より1ヶ月。そろそろ行かねば成るまい!
ということで、土曜日休日出勤も早めに切り上げ、15時、徳島を出発。淡路島を通過し、阪神高速を乗り継ぎいざ奈良県へ!!

途中渋滞に捕まりつつも、20時前には登山口となる行者還トンネル西口に到着。
既に車が5台以上駐車している。山小屋で泊まっている人もいるのだろうか。空の車も多い。
さて、こちらはいつものごとく、これから一人宴会である。
サンクスで買ったブロック氷で冷やしてきたビールとチーズちくわ、唐揚げ、ハンバーグでご機嫌じゃ。
3本飲んだところで22時に就寝・・・・・・。風の音がすごいぞ。

翌朝は4時起床。夜の間に周りの車が10台以上増えている。
月が見える。予報通り晴れか??
準備を進める間にだいぶん明るくなってきたので、4時48分登山開始。

【一人宴会準備】                                 【翌朝のトンネル西口】


トンネルから50mほど西の橋横の木製はしごからスタートする。
ほとんど水平の道を数分進むと、かわいらしい木の橋の登場。対岸へ渡り、本格的な登りが始まる。

【登山口】                                     【橋】


この登り、結構な急坂だが、木の根っこがむき出しているところが多く、捕まるところが多くあるため、すいすい登れる。
自然林の尾根道をよじ登るのは気持ちええですなぁ!。
ぐんぐん高度が上がる。しかしいくら早朝とはいえ、梅雨のこの時期。蒸し暑い!!。10分で汗ボトである。

【むき出し根っこ】                                  【尾根の直登】


この気持ちの良い尾根道登りをこなせば、奥駈道合流の稜線へ到着。ここまで登山開始から42分。
ここまでは楽勝!快調である。
しかし天気がいまいち・・・。雨は降りそうにないが、上空の雲が重たい!。くっそ〜〜。

ここからは稜線をダラダラ進む。のんびりハイキングコースですな。
20分ほど進んだ1600mピークが弁天の森。ここで三等三角点「聖宝」発見!

【奥駈道合流】                                  【弁天の森】


のんびり歩いていると・・・・ぎょえっ!でかい蛙!びっくりした。気持ち悪い・・・・
しばらく進むと、また同様の巨大ガエル・・・・。雨の多い大峰山の守り神かもしれまへん。
毒液を吹き掛けられたら困るので、静かに逃げる。

おっと、登山開始より1時間20分で聖宝の宿跡の行者像に到着。
無事下山を祈願する。

【でっかい蛙】                                   【行者像】


このあたりから、急にガスが立ちこめる。
うーーん、この分では山頂の景色は望めまへんな。

再度、急な登りを越えると、登山開始からちょうど2時間で、弥山小屋到着!!

【ガ、ガスが・・・・】                                【弥山小屋】


さて、弥山山頂は・・・っと。
小屋を越え、更に西へ枯れ木の間を進むと、数分で弥山山頂の神社到着!
なんか広々していて、山頂の雰囲気もなく、ちょっとがっかりである。

【弥山山頂直前】                                  【弥山山頂】


さぁ、それでは八剣山へ向かいましょうか!
弥山山頂から弥山小屋までとって返し、南へ一旦下る。(もったいない〜〜)
途中、鹿よけ、熊よけドアを4回くぐる。なぜかこの付近だけ小雨が降っている。
登り返せば、大峰山(八剣山)1914.64m山頂到着!!
登山開始より2時間30分。まぁまぁのペースですな。

【熊鹿よけドア】                                  【八剣山山頂】


だーれもいない。一人きりである。それにしても寒い!!強風に濡れたTシャツでは凍えてしまう。
大急ぎで下山したいが、本来ならあるはずの二等三角点「弥仙山」が見あたらない。
うーーん、石積みに埋もれているのか???

結局三角点は発見できず下山。弥山小屋の横で風を避けながら、お約束の金ちゃんヌードルタイム!
暖か〜〜い。おにぎり2個も食す。

【朝から金ちゃんヌードル!】


さて、そろそろ下山しましょうか。(次も待っていることだし!)
下りつつ、大峰山の自然林を堪能する。うーーん、ネイチャーじゃ!!

【ええ雰囲気の下山道】


弥山小屋より1時間で奥駈道分岐。ここから急な尾根道を下る。
い、いかん!右膝が痛くなってきた!最近トレーニングをさぼっとったからなぁ・・・
右足をかばいつつ、快適な尾根道を下る。

10時ちょうど、登山開始より5時間12分で下山完了。
下山途中、数十人とすれ違ったが、案の定、車が増殖している。さすが百名山!百名山亡者がうようよしてます。

【尾根道下山道】                                  【登山口駐車場】


さて、まだ10時!それでは計画通り、次の大台ヶ原山へ向かいましょか!!

今回の散財
食料、飲料水、ビール ¥3500 前日夕食、夜一人宴会のビール、あて、翌日朝食、昼食、飲料水他
高速道路代 ¥5570 ETC
明石大橋、大鳴門橋通行料 ¥10400  
ガソリン代(推定) ¥10000 byパジェロ3000
合   計 ¥29470  
大峰山と大台ヶ原山のセット。2山で割れば、まぁまぁです。

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】