【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-100
山     名:五剣山(牟岐)
探  検  日:2007年3月4日
標     高:638.2m
登山標高差:494m
累積  標高:793m
三  角  点:三等三角点「五郎ヶ谷」(行政:徳島県牟岐町)
登山時間データ 時刻 時間 備考
ふどの登山口 9:23 0:00 登り
1:57
チョウシノタオ 9:52 0:29
喜来分岐 10:59 1:36
五剣山山頂 11:09 1:46
最左ピーク 11:20 1:57
最左ピーク 11:20 1:57 下り
1:32
昼食
込み
五剣山山頂 11:23 2:00
喜来分岐 11:34 2:11
ふどの登山口 12:52 3:29

辺川より望む。

1.晩冬の県南
 さて、異常気象の3月初旬、ぽかぽか陽気の日曜日。気温はなんと20度オーバー!
ストレス発散には絶好の好天気。とはいっても日曜日なので、県内の里山に登ることにする。
目標は、おなじ県内でも結構遠い〜県南、五剣山!
香川県にもおなじ山名の山があるが、こちらはちょっとマイナーな地元象徴の山。
牟岐から見たら5つのピークが特徴ある結構外見的魅力のある里山です。

五剣山は山頂の南方向の喜来から登るコースが新しい分県登山ガイドに記載されているが、
少し長めの尾根歩きをしたいがために、以前登った鬼ヶ岩屋の登山口であるふどのから登ることにする。

朝7時に自宅出発。約2時間で鬼ヶ岩屋温泉に到着〜♪♪
更に車道を進み、鬼ヶ岩屋登山口手前のとどろの滝分岐部分に駐車する。
懐かしいですなぁ〜♪。さて、昨年の春に登った鬼ヶ岩屋の登山口から9時23分登山開始!
これから歩く五剣山への稜線が青空に映える。

【とどろの滝への分岐】                               【五剣山への稜線】


チョウシノタオ(稜線部分)までの道は、鬼ヶ岩屋への登山のページに記載してあるのですっ飛ばす。
稜線近くなると右手方面に鬼ヶ岩屋の岩山が見えてくる。
登山口より29分でチョウシノタオ峠に到着!

ここから右手に行けば鬼ヶ岩屋だが、五剣山方面は左の尾根へ進む。五剣山山頂までは直線距離で1.9km。
右手の鬼ヶ岩屋への道は明瞭だが、左への登山道は???どこじゃ??
よくわからないが、とりあえず、それらしい踏み跡から取り付く。

【鬼ヶ岩屋が見える】                              【チョウシノタオから五剣山方面への取り付き】


な・なんじゃ!このヤブは・・・・・・
踏み跡も切れ切れ、ほとんど歩かれていない・・・・・。これには参った。
10m進むのにも疲れるぞい!時間がかかる。

【ヤブ漕ぎ】                                     【道はどこ???】


しかしこの苦労もチョウシノタオから200m。
これを越えると、急に道がハッキリする。今までの苦労は何だったんだ !?
急に楽な道になり、スピードアップする。
更に進むと、見晴らしのよい植林部のへりに飛び出す。帰りはここから下りたいくらいである。
(ただし、パジェロ駐車の登山口には、この植林地帯への入山禁止の立て札がありました・・・・・残念)

【ハッキリくっきり尾根道じゃ】                         【植林部のへり】


おおー、我が愛車パジェロが見えるぞ!(画面中央の)
ここからの尾根道は快適そのもの♪♪

【鬼ヶ岩屋登山口、パジェロ駐車場】                      【快適尾根道】


さて、更に進むと喜来からの登山道に合流する
ここまで来れば、山頂までは間近!あとたったの3ピーク
右手を見れば、八郎山が見える。(本当にそうか???多分そうだ!!???)

【喜来からの登山道合流点付近】                       【君は八郎山か】


登り始めて1時間46分、五剣山山頂(638.2m)到着
傍らに三等三角点「五郎ヶ谷」到着!(なんで五郎なんだ!。なんでだ??納得いかんぞ!)

【五剣山山頂】                                  【三角点】


山頂からは東を見れば今まで登ってきた尾根道の奥に鬼ヶ岩屋が見える。
南方面も開けており、牟岐町が丸見えです。
まぁまぁの展望ですなぁ

【東方面】                                     【南方面】


さて、今登っているのは五剣山。
5つのピークがある。
GPSでみると、この山頂は4つめのピーク。これでは五剣山を制覇したことにはなりませんぞ!
ということで、もうちょっとがんばって一番西のピークまで行ってみる。
約3分で最西ピークに到着!思ったより感動の少ない最終ピークでした。

【最左ピークへの尾根道】                            【最左ピーク】


さて、それでは飯でも食おうかと思ったが、今日は午後から天気は下り坂。
だんだん雲も多くなってきている。
食事は少し下山してからにしましょうか。

30分ほど下ると、植林エリアの見晴らしがよい部分に戻ってきた。
少々風がきついが、ここで飯でも食いますか!
先日のニュースで、南阿蘇でもガスコンロの火が枯れ草に燃え移って、大変な火事になった事を思い出し、
転倒しない様、安定する切り株で湯を沸かす。でも風の影響でなかなか沸きませんなぁ。

まぁひさしぶりののんびり登山でまぁまぁですな。(なにがまぁまぁじゃ)
金ちゃんヌードルの3分待ち時間もまったりまったりする。

【湯沸かし中】                                   【3分間待機中】


おにぎり2個と金ちゃんヌードルでほぼ満腹。
さて、それでは下山を急ぎましょう!。

とはいっても、あのチョウシノタオ手前の200mのヤブはもう歩きたくないなぁ〜〜。
と言うことで、最近よくあるパターン。道なき道を下るコースをとることにする。
藪漕ぎ手前の鞍部から、かすかな踏み跡を見つけ、登山口方面に無理矢理下る。

・・・・と、しばらく下ると、シダのバリアーの間に通り道発見!
その先を進むと、ひょっこり道にでる。(この道は旧道か???)
鬼ヶ岩屋への道ほど整備はされていなくて、途中でヤブが数カ所あるが、なんとか道を下って行く。

【鞍部から真下へ下る】                             【旧道?に飛び出す】


結局、このヤブ込みの道を下って行くと、鬼ヶ岩屋への登りで不明瞭な分岐に見えた部分へ出る。
なーんだ、ここに出るんですか・・・・・
せっかくなんで、ここに「左:五剣山、右:鬼ヶ岩屋」の看板でも欲しいですなぁ

ちゅうことで、昼食込み1時間30分で下山完了。
お約束の鬼ヶ岩屋温泉は目の前です。
しっかし、800円の入浴料はちょっと高いんちゃう???

【鬼ヶ岩屋登山道との合流点】                           【鬼ヶ岩屋温泉】


今回の散財
ガソリン代(推定) ¥3400 by パジェロ3000
飲料水、食料等 ¥1200 金ちゃんヌードル、お茶6本、おにぎり2個
風呂代 ¥800 鬼ヶ岩屋温泉
合   計 ¥5400   

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】