【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-94
山     名:赤帽子山・中尾山
探  検  日:2006年10月8日
標     高:赤帽子山:1611.4m
        中尾山:1330.4m
登山標高差:367m
累積  標高:769m
三  角  点:三等三角点「赤帽子山」(行政:徳島県美馬市)
        :三等三角点「中尾山」(行政:徳島県美馬市)
登山時間データ 時刻 時間 備考
上の登山口駐車場 11:54 0:00 登り
1:09
天望台あずまや 12:09 0:15
赤帽子山山頂着 13:03 1:09
赤帽子山山頂発 13:25 1:31 下り
1:07
天望台あずまや 14:13 2:19
中尾山 14:20 2:26
上の登山口駐車場着 14:32 2:38

天神丸より望む。

1.ひさびさ徳島の登山
 10月に突入、世間は3連休にのんびりムード。
しかし、やましん隊長は連休初日も休日出勤。中日の今日は、一息入れたい。
と言うことで、今回は結構お手軽で静かな山歩きが出来る赤帽子山、中尾山に決定!

朝寝をしてしまったので出発は遅く、9時45分自宅出発。(完全になめている)
11時30分、中尾山高原平成荘に着くが、周辺散策道の案内板を見ると、農園の上の方まで車が乗り入れ可能らしい。
平成荘手前の分岐まで戻り、ビニールハウス方面に右折して細い道をでかいパジェロで登って行く。

舗装道路最終地点に広い駐車場有り。
10台程度は停められそうだが、三連休のこの好天でもだぁーれも先客は居ない。さびしぃー。
まぁ、他の客は平成荘に停めて、グラススキー場横を登るオーソドックスなコースで登っているんでしょう。
足揃えをし、11時54分、登山開始。

広い未舗装の林道を200mほど進むと登山道の案内板有り。ここからやっと山道らしくなる。

【上の駐車場】                                   【登山道案内板】


杉林の中をしばらく登ると、ほんの数分で天望台と呼ばれるあずまやに到着。
このあずまやから西方面への細い道を分け入ると、やっと登山道らしい尾根道となる。

この自然林の尾根道はなかなかのもんですなぁ。気分は森林浴!
しかし、やはり四国のマイナーな山。広い尾根部では踏み跡がはっきりしない箇所が有り、迷いそうになる。
遠くの赤テープを頼りに進むこともしばしば・・・・・

【天望台】                                      【尾根道】


しばらくすると、ルートは尾根筋から西に少し降りた位置で続いている。
ここでやましん隊長、痛恨のミス!
うーーん、久々の徳島の山。百名山に慣れた目が、不明瞭なルートにだまされてしまった。
低い雑草が茂る場所で、踏み跡ばかり追っていたため、違うルートに入ってしまった様である。
(写真は下り時に撮った写真。正しいルートには遠くに赤テープ有り。)

【帰りに撮ったルート間違い箇所】


案の定、踏み跡はすぐになくなり、笹原の中で立ち往生する。これは困った。どうしたものか・・・・
新型GPSと地図を見比べ、尾根まで100mも無いことを確認。
さて!藪漕ぎしましょうか!道なき道をよじ登る。数分で、見晴らしのいい尾根に到着。
やはり、尾根には立派な登山道発見。元のルートに復帰できてほっと一息。

【道なき道】                                     【尾根へ復帰】


ススキが秋風にたなびき、気持ちのいい尾根道である。すでに樹林は少ない。
緩い登りをダラダラ進むと笹山のピークに到着するが、赤帽子山はもう一つ先のピークらしい。
と言うことで、駐車場より1時間9分で赤帽子山山頂到着。
先客が山頂を占拠しているので片隅で金ちゃんヌードルを食す。

【赤帽子山ピーク】                                  【山頂】


噂通りの360度天望の山。
やや雲が多いが、徳島のめぼしい山が見渡せる。

【剣山方面】


【矢筈山方面】


【天神丸方面】


さて、三角点は!????
周辺を探しても見あたらない。地図と三角点情報を引っ張り出すと、ここから100m程北??
それに、国土地理院の地図ではそのピークが赤帽子山になっている。
じゃあこの赤帽子山山頂の標識は・・・・なんなんじゃぁ・・・???

と言うことで、ひとつ手前のピークで見落とした三角点と地図上の山頂に引き返すことにする。

5分も戻れば手前のピークに帰着。ここで三等三角点「赤帽子山」発見!

【赤帽子山山頂標識そばから見る地図上の赤帽子山山頂】       【三角点】


ここから北を見ると、登ってきた緩い尾根筋が見える。
それではそろそろ下山しましょうか・・・・

30分ほど下れば天望台のあずまや帰着。
この東屋の柱には「中尾山」とマジックで書いてあるが、本当の中尾山はもひとつ北のピークである。
このあずまやから北へ下る細い踏み跡に突入する。

【尾根筋】                                      【天望台】


薄い踏み跡を追って行くと、広い遊歩道にでる。この遊歩道を進むと中尾山を右に巻く様にして下って行く。
このままでは下山してしまう・・・・。GPSを確認すると中尾山山頂はすぐ近く・・・・・
仕方ないので、またまた道なき道をピーク目指して駆け上る。

【中尾山への踏み跡】                              【中尾山直下の遊歩道】


ということで、見つけました。
中尾山(1330.4m)山頂到着!
三等三角点「中尾山」も発見!


さて、ほんじゃま帰りましょうか。
再度道なき道を下り、遊歩道(林業用の作業道らしい)を下る。
GPSで確認しつつ、駐車場方面に進むと、駐車場手前で立入禁止になっていたダート道分岐にでる。
そこから1分で駐車場帰着!



その後、ゆっくり帰るつもりであったが・・・・・・
携帯の電波受信エリアに下ってくると、勤務先より電話の着信・・・・・・(冷や汗)
慌てて連絡を取ると、現場が大変とのこと。その後、2時間車を飛ばし、16時30分勤務先到着!
20時45分までお仕事・・・・。疲れ果てました・・・・・

いろいろあったが、赤帽子山自体はルートの斜度も緩く、1時間ほどで登れるお手軽なハイキングコース。
ただし、赤テープを追う視力が必要です・・・(^_^;)

今回の散財
ガソリン代(推定) ¥3000 byパジェロ3000
食料、飲料水、ビール ¥966 飲料水、おにぎり等
合   計 ¥3966  

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】