【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-96
山     名:旭ヶ丸・高鉾山
探  検  日:2006年12月3日
標     高:旭ヶ丸:1019.5m
        高鉾山:984m
登山標高差:134m
累積  標高:610m
三  角  点:一等三角点「旭ノ丸山」(行政:徳島県上勝町)
登山時間データ 時刻 時間 備考
駐車場発 11:06 0:00 登り
0:56
展望台 11:20 0:14
旭ヶ丸山頂 11:25 0:19
ニセ高鉾山 11:47 0:41
高鉾山山頂着 12:02 0:56
高鉾山山頂発 12:04 0:58 下り
1:00
駐車場着 13:04 1:58

轆轤山より望む。

1.12月、初冬の一等三角点
 12月に入りました。さっぶ〜〜ぃ。か・風が強い・・・・・。やましん隊長はさぶいの嫌い。
でも、登山依存症は一向に改善せず。仕事も山場だが、実際の山場も行きたい!
ということで、近場でささっと登ってこれる一等三角点、旭ヶ丸にでもいきましょか!!

自宅を出て、倉羅峠を越え、神山経由で大川原高原に到着。う〜〜〜っ寒い。風が強い。
昨年買ったダウンを着込む。
今日はとてもお手軽登山そうだから、登山靴じゃなくて、ウォーキングシューズで出発!

見ると、風力発電の・・・・・羽がない・・・・・。ただの串になってます。何でじゃぁ??(壊れたか???)

まずは、柵で車両進入禁止の道に進む。

【駐車場から旭ヶ丸方面】                             【登山口】


アスファルトの道をしばらく進むと・・・脇道に生活環境保全林入り口の柵が・・・・・
ここが山道の始まりか??

とりあえず、突入するが、道はアスファルトの道と垣根1本隔てただけで並んで登って行く。
なんじゃこりゃ??

【山道入り口】                                   【山道はアスファルト道横を進む・・・・】


羽のない風力発電設備を越えると、やっと山道オンリーになる。
ここで分岐・・・さて、どっちに進めばええんじゃろか???
とりあえず、尾根に忠実に右に進む。

・・・と、すぐに展望台到着!!登山口より15分足らず。お手軽じゃぁ!!

【分岐】                                       【展望台】


展望台からは、ほとんど登りらしい登りもなく、5分足らずで・・・旭ヶ丸山頂(1019.5m)到着!!
そして、一等三角点「旭の丸山」様、ご登場!!

【旭ヶ丸山頂】                                   【一等三角点】


さて、今日はカップラーメンは買っていない。副隊長お手製弁当を食うべきか迷うが、寒いので車に帰って食うことにする。
来た道を引き返すのは、あまりに短すぎるということで、地図を確認すると・・・・・・・・、
更に西に進み、南に下ると巻き道経由で駐車場まで帰れそうである。

ということで、GPS頼りに西に進むと、柴小屋方面という交差点に出くわす。ここを南へ下って行く。

【GPS頼りに西へ】                                【柴小屋方面へ南下】


どんどん南へ下って行くと、目の前に登りがいのありそうな、ぽっこりした山が見える。
GPSで見ると、高鉾山はあの山の向こうである。あの山はいったい何だろう??

更に下ると、コルに到着。ここで石碑発見。「お文の墓」と書いてある木の杭もある。
ここには駐車場へ戻る巻き道もある。さて、どうしたものか・・・・このまま帰るか????

【ひとつ先のピーク】                                【コル】


やっぱり気になるもう一つ先のピークを確認することにする。高鉾山も気になるし、もうひとがんばりしましょうか!

コルをすぎると、えげつない登り・・・・1ヶ月以上トレーニングをさぼっているので、息が上がる。しんどいなぁ
10分ほどがんばると、やっとこさピークに到着!!
んっ!?。高鉾山の標識????ここは高鉾山か???

GPSで見ると、やはり高鉾山はもう一つ先の低いピーク。ここじゃない。

【えげつない登り】                                【高鉾山????】


こうなると、本物の高鉾山に行かねば収まりませんぞ!!
更に南下し、下って行くと、ひょっこりダートの林道に飛び出す。軽自動車が1台止まっている。
中におばさん1名。たぶん旦那の高鉾山登山の帰りを待っているのか??

【更に南下】                                    【林道】


林道を横切り、更に南下。一旦下って、登り返すと・・・・・高鉾山山頂(984m)到着!
三角点は無し・・・・
東方面の見晴らしがいい。海が見える。

【高鉾山山頂】                                   【東方面展望】


やはり山頂で、さっきのおばさんの旦那らしき人が写真を撮りまくっている。
話しかけるが、無愛想な人で返事無し・・・・・。

長居は無用。とっとと引き返す。
林道まで戻ると、さっきのおばさんとはち合わせ。びっくりさせてしまった。
このおばさん、やたら話しかけてくる。旦那とは正反対である。

再度、ニセの高鉾山ピークを越えると、旭ヶ丸がのっぺりと横たわっている。
コルまでえげつない下りを降りて、右の巻き道へ突入する。

【旭ヶ丸(ニセ高鉾山すぐ北斜面より)】                   【コルからの巻き道】


この巻き道は綺麗に整備されており、明るい!
10分も進むと、生活環境保全林の柵に到着!。ここでアスファルト道に出れば駐車場はもうすぐ・・・・

しかし、山道がまだ真っ直ぐ続いている。気になる!ということで、駐車場近くの車道につながっていることを期待して直進する。

しばらくすると、道は右へカーブし、大岩に出くわす。駐車場とは違う方向に道は続いている・・・。
どうする??引き返すか??。しかし、このまま南下できれば、そのうち先ほどの高鉾山北の林道の続きに出るはず!。
その林道を歩けば駐車場へは帰れる!!

ということで、意地になって更に南下するが・・・・・今度はぐるっと西に廻って、ますます駐車場から遠ざかる・・・・。
やばい!やばいです!

【巻き道】                                      【山道の大岩】


あ・あかん・・・・
どんどん西へ離れて行く・・・・・帰れまへん・・・・

ということは、いつものごとく「道なき道を進む」モードへ突入。林道めがけて、南へ直下する。
案の定、3分ほどで林道へ飛び出す。ほっと一息・・・・。

10分ほど林道を歩けば、やっと駐車場に帰着!。少し車が増えている。

【林道へ飛び出す】                               【駐車場帰着】


無事、帰ってきました。
久しぶりの山歩きで、体がなまっていることを実感する。
さて、副隊長手作り弁当でも食うか!!
ええ景色です!

【大川原高原駐車よりの展望】


このあと、下山時、東方面によく見えていた轆轤山にでもよって見ましょうか!!!

今回の散財
ガソリン代(推定) ¥600 片道 byパジェロ3000
飲料水 ¥450 お茶3本
合   計 ¥1050  
※ガソリン代は轆轤山と半分ずつです。

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】