【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-98
山     名:剣山
探  検  日:2006年12月31日
標     高:1955m
登山標高差:504m
累積  標高:646m
三  角  点:一等三角点「剣山」(行政:徳島県)
登山時間データ 時刻 時間 備考
見ノ越登山口発 9:28 0:00 登り
1:35
西島リフト上駅 10:06 0:38
大剣神社 10:30 1:02
剣山山頂着 11:03 1:35
剣山山頂発 11:38 2:10 下り
1:10
西島リフト駅上駅 11:59 2:31
見ノ越登山口着 12:48 3:20

見ノ越付近より望む。

1.大晦日地元百名山登山
 今年一年は、やましん隊長42才、押しも押されぬ後厄、災い全開モード継続中!
本厄で単身赴任はするわ、後厄で転職するわで散々であった。
それも残すところあと1日!!
と言うことで、今日は厄落とし記念!地元百名山剣山にでものぼって厄落としじゃ!!

朝7時半自宅をパジェロで出発。貞光経由後、標高800m以上はアイスバーン。1000m以上はゲレンデ状態。
スタッドレスタイヤでなんとか進む。9時15分見ノ越到着。空は快晴。ええ天気ですなぁ!

足揃えをし、9時28分登山開始じゃぁ。(雪山初挑戦!)
積雪もたいしたこと無いので、4本爪の軽アイゼンでザックザック登って行く。
【見ノ越】                                      【リフト下をくぐる】


しかし、雪の中でも暑い!。風もない上、この快晴、照り返し!汗が噴き出す。
40分足らずで西島リフト駅に到着。ここまでは快調そのもの。
三嶺、塔の丸の見晴らし絶景!

【左三嶺に右塔の丸】


さて、ここからどのコースで登りましょうか???
見ると、大剣神社へにもはっきりした足跡がある。今回の雪山初挑戦は、この神社経由のコースを進みましょうか!
(これが、大間違い!!!)
うっ!吹きだまりが結構深い。樹氷は綺麗なんだが、なんか不安じゃ。遭難の予感??

【大剣神社までのコース】                            【樹氷】


先人の足跡を忠実にたどり、リフト駅から24分で、なんとか大剣神社まで到着。
山頂までは夏なら15分程度だが、ここから結構やばそうである

【大剣神社】                                   【山頂方向】


やっぱり、不安的中!。雪が深いぞぅ!!
先人の足跡は1人分のみ。これではルートは解るが、足場の足しにはなりまへん(T_T)
さて、ラッセル!ラッセル!腰までの雪をかき分けやけくそで登る。(やはり、遭難の予感??)

20分の死闘の後、山頂直下の尾根に到着!後、もう少しじゃ!
(既に足はヘロヘロ。トレーニング不足でんなぁ〜〜)

【腰まで雪】                                     【山荘直下】


やっと到着。見残しから1時間35分でやっと、やっとこさ剣山山頂(1995m)到着!
ほとんど風もなく、ぐるり360度〜〜♪♪のんびりムード復活!

【山頂部】


【山頂舞台より次郎笈、山嶺、塔の丸】


さてさて、お約束!年越しそばの金ちゃんヌードル!この厳冬下、湯を沸かすが、なかなか沸騰しない!
3分で食い始めるが・・・・・ぬ・ぬるい・・・麺が固い・・・・・・・・

【湯沸かしターイム】                                【ぬるい・・・・・固い・・・・・】


ほなまぁ、そろそろ帰りましょうか。
最後に、山頂の風景をじっくり味わう。

【木道氷結】


下りはメインルートの刀掛けの松コースを降りることにする。
しっかし、登りの神社経由とは違って、このコースは一杯踏まれて、歩きやすい!このコースで往復すべきであった!!

途中、年配の男性と一緒に話しながらゆっくり降りる。
この男性、8本爪のアイゼンが引っかかり、何度も転倒するので、最後まで一緒に降りることにする。
樹氷が綺麗じゃねぇ。ほどなく、刀掛けの松を通過。

【樹氷】                                      【刀掛けの松】


山頂から21分で西島リフト駅到着。
その後もゆっくり降りて、山頂から1時間10分で見ノ越まで下山完了!
再度、神社でお参りし、来年の幸運を祈願する。
これで、これで、後厄落とし完了じゃ!!!!
来年はええ年になりそうじゃ!!

・・・・・・・完了してませんでした・・・・・・・恐るべし厄年の呪い・・・・・・・・・
夫婦池から5分、標高1400m付近で対向車をよけようとして、左両輪、溝に落とし込みました・・・・・・・・
なんとか携帯がつながったので、JAFに救援要請をする。JAFが来るまで2時間30分。傾いた車の中でのんびり過ごす。

その後、JAF到着。あっという間に溝出し完了!さすが本職です。(救出料15000円。)
落ち方が単純だった事もあり、車体サイドに傷も無し。(奇跡じゃぁ!!不幸中の幸い!)
しかしこんな山のてっぺんまでよく来てくれたものである。(雪中一泊覚悟してました・・・)

【中島リフト駅より剣山を望む】                        【溝っ子パジェロくん】


これで、本年、登り納め!
来年は、ええ年になりますように・・・・・

来年は絶対脱輪せぇへんぞ!!(努力目標)

今回の散財
ガソリン代(推定) ¥2400 脱輪、JAF待ち時間アイドリング込み byパジェロ3000
飲料水等 ¥1200 飲料水3本、おにぎり2個、金ちゃんヌードル
JAF ¥15000 左前輪後輪脱輪、脱出不可!!
合   計 ¥18600  

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】