【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-99
山     名:諭鶴羽山(ゆづるはやま)
探  検  日:2007年2月12日
標     高:607.9m
登山標高差:409m
累積  標高:600m
三  角  点:一等三角点「諭鶴羽山」(行政:兵庫県)
登山時間データ 時刻 時間 備考
ダム駐車場 10:16 0:00 登り
1:25
諭鶴羽山山頂 11:13 0:57
諭鶴羽神社 11:35 1:19
平和塔広場着 11:41 1:25
平和塔広場発 12:01 1:45 下り
0:58
諭鶴羽山山頂 12:13 1:57
ダム駐車場着 12:58 2:43

南あわじ市より望む。(中央奥、無線局が目印)

1.冬の日だまりハイキング
 世の中は三連休・・・・・・・・。2月にしてはぽかぽか陽気が続いてます。
そんなわけで、仕事も崖っぷちの中、久々にストレス発散登山にでも行きましょうか。

今回の目標は、数年前、水仙郷側からのマイカーお手軽登山に失敗(道が工事中だった)であきらめていた山!
淡路島最高峰!諭鶴羽山(とは言っても、標高は608m・・・・)を狙う。

自宅より高速を飛ばし、大鳴門橋を渡ってすぐ、南あわじ市から諭鶴羽ダムを目指す。
天気は快晴。風もなく、本当に2月かと疑いたくなる様な中、自宅より約1時間で諭鶴羽ダム到着。
登山口はダムを渡った先にある。が、既に先客車3台で停められない。
ダム右岸へ引き返し、ほんの少し上流の便所横駐車場に止める。

【ダム少し上の駐車場】                              【諭鶴羽ダム】


ダムを渡って奥の登山口に再度到着。
数分先に3名が出発している。階段を上るとすぐ杉林の急登となるが、
案の定、先客3名の内、おばあさんが1名、坂に手こずって遅れている。
同伴者が対応しているので、横をすり抜け先を行かせてもらう。

【ダム対岸登山口】                                【まずは杉林の急登】


この急登も、ほんの数分。
すぐに超明るい尾根道へ飛び出す。ほんとに明るい。道は明瞭。昔の参道である。
尾根に出てからほんの数分で、神倉(かんのくら)神社へ到着。
10年ほど前までは、講の衆が祭りを開いていたそうだが、今は諭鶴羽神社へ委託されているとのこと。
この先の安全を願い、お参りする。

【明るい尾根筋、道は超明瞭】                         【神倉神社】


この登山道には、計3箇所分岐がある。
それぞれ、しっかりした道標が設置されているので、何ら不安はない。
案内通り、ぐんぐん進む。
尾根に出てからは、本当にゆるゆるした登りで遊歩道の様な明るい尾根道に気が抜ける。
ハイキングコースである。

【数カ所ある分岐】                                【明瞭な尾根道】


ゆるゆる50分登れば、ほぼ山頂域の無線局に到着。
ここからはコンクリートの車道に変わる。南斜面の集落からの道の続きらしい。

【最初の無線局】                                  【コンクリート道】


その先ほんの数分で諭鶴羽山頂(608m)到着。
ひっそりと一等三角点「諭鶴羽山」が鎮座してます。

先客は5名ほど。なんと岐阜から黒岩水仙郷を見に来たお客さん。
山頂は結構広いが、回りの灌木でそれほど見晴らしはよくない。
あずまや展望台に登れば、かろうじて大鳴門橋や、南あわじ市内が一望できる

【諭鶴羽山山頂】                                 【一等三角点】


さて、ここから、2つの無線局を過ぎ、だいぶん林道を下ると・・・・・諭鶴羽神社到着!
一気に生活感が増す。

ここで、山頂神社の賽銭箱横に御札販売コーナーを発見!
山頂神社御札マニアのやましん隊長!間髪入れず「諭鶴羽大神」の御札(800円)をゲット!
お金は賽銭箱へとあるが、なんと財布には小銭がない・・・・・
仕方ないので、御札代800円と、賽銭200円!!で1000円を賽銭箱へねじ込む!大盤振る舞いである。

お参りも早々に切り上げ、神社手前で見つけていた、平和塔の案内へ向かって、進む
「平和塔ってなんじゃ???」・・・・・・・進むこと1分・・・・・

急に視界が広がる。一面の芝生に超目立つモニュメント・・・・人っ子一人いない。
見ると、戦没者の慰霊の塔の様である。

【諭鶴羽神社】                                  【平和塔】


しっかし広大な芝生の公園にたった一人!
あまりに雰囲気が変わったので、面食らってしまった。
この広場からは諭鶴羽山頂方面がよく見える

【平和塔】から山頂を望む】


こうなったら、この広大な芝生で、先人の無念をねぎらうと共に、金ちゃんヌードルで、現人の胃袋も満たすことにする。
お・や・く・そ・く!金ちゃんヌードル登場。
無風状態の広大な芝部!身の置き場に困りながら、プリムスバーナーで湯を沸かし、おにぎりと金ちゃんヌードルで満腹!

【広大な芝生】                                  【待機中の金ちゃんヌードル】


いやー食った食った。
さてそれでは帰りましょう!

ほとんどの客は黒岩水仙郷方面から、登山客で、下りも水仙を楽しむらしいが
やましん隊長は、水仙は便所脇の花のイメージがあり全く興味がない。
とっとと、諭鶴羽ダムへ下ることとする。

途中、通り過ぎた無線局(最大版)を見ると、パラボラアンテナが妙にへこんでいる。
なんでじゃろう????、使う時に空気でも入れて膨らますのだろうか?
それともこのままへしゃげていても、使用には問題ないのか???やましん隊長には全く知識無し!
もし知っている方が居たら教えてください。

その後も、順調に下りを続け、下りには西隣の牛内ダム湖を眺めつつ、快適な尾根をゆるゆる下る。

【へこんでいるパラボラアンテナ】                        【牛内ダム湖】


平和公園から1時間もかからず、諭鶴羽ダムへ帰着完了!
ぽかぽか日だまり、ストレス発散、快適ハイキングでした。
(しかし、大鳴門橋の往復は結構金がかかって痛手であった。)

今回の散財
ガソリン代(推定) ¥2500 by パジェロ3000
高速道路 ¥3900 大鳴門橋経由
飲料水、食料等 ¥950 金ちゃんヌードル、お茶4本、おにぎり2個
御札 ¥1000 諭鶴羽大神
合   計 ¥8350   

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】