【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-101
山     名:袴腰山
探  検  日:2007年4月15日
標     高:264.8m
登山標高差:230m
累積  標高:440m
三  角  点:四等三角点「袴越」(行政:徳島県鳴門市)
登山時間データ 時刻 時間 備考
変電設備駐車場 11:58 0:00 登り
0:39
日開谷ダム 12:10 0:12
袴腰山山頂着 12:37 0:39
袴腰山山頂発 13:04 1:06 下り
1:00
昼食
込み
歓喜天神社 13:43 1:45
古墳 13:55 1:57
変電設備駐車場 14:04 2:06

鳴門市大津の田園より望む。

1.春の里山
 さて、やましん隊長、最近仕事があまりに忙しすぎてグロッキー状態。
昨日の土曜も、今日の日曜もご出勤。
う〜〜〜、このままでは心が病んでしまう・・・・・・・・
それに最近、足の筋肉も落ちてきている。体重も増加傾向・・・・。
いかん!このままでは不健康中年街道まっしぐらじゃ!

と言うわけで、仕事は短時間で切り上げ、ストレス発散リハビリ登山にでも行きましょう!
とは言っても、いつ職場から呼び出しが掛かるかわからないし、時は既に11時。
てなわけで、今回の目標は超近場の鳴門の大津富士と呼ばれる袴腰山に決定!

2.登山開始
 さて、どこから登るかな?っと、いつもお世話になっている「徳島145山」を参考に、高速道側道の変電施設前の
空きスペースに駐車する。ここから日開谷の左岸(東)を進む。とりあえず民家の間を北へ進む。

 舗装道路はすぐに日開谷右岸へ渡り、道なりに進むと、またまた左岸へ渡る。基本的には谷に沿って登って行く。

【変電施設】                                    【谷沿いの道】


12分で左手に池が見える。日開谷ダムである。たぶん農業用水ダム???。かなり濁っている。
そこからは案内板に従って谷沿いをぐんぐん進む。奥まで来たかなと思ったところで、小さな鉄製の橋を渡る。
ここからは袴腰山の山頂直下。結構きつい登りが待っている。

【日開谷ダム】                                   【日開谷奥鉄橋?】


急な登りに苦労しつつも、なんとかよじ登って行く。しばらく汗をかけば見晴らしのよい尾根道となる。
広大な採石場が丸見えになるポイントや徳島平野が一望できる尾根道に結構いい気分〜〜♪♪

【快適尾根道】                                  【徳島平野の大展望】


見晴らしよい尾根道から一旦、林に入り、再度登りに掛かれば数分で袴腰山山頂(264.8m)到着!
そして四等三角点「袴越」発見!
ここは愛宕神社の裏(北)になる。すぐ南西に愛宕神社の社と鳥居も発見!

【山頂】                                       【愛宕神社】


この山頂は結構見晴らしがいい!。南西の神社方面は木が繁っているものの他方向はぐるり見渡せる。
空気が澄んでいれば鳴門方面の見晴らしが良さそうです。

【鳴門方面の展望】


ここで金ちゃんヌードルとおにぎり2個を食す。満腹満腹!

さて、それでは下りましょう。といってもおなじ道を下るのは芸がない。
谷筋を登ってきたので、一本西の尾根道を下りましょう。
愛宕神社へ真正面に登ってくる道を南西方面に逆に下ることにする。

し、しっかしこの下りはきついですなぁ!!
木にしがみつきながらえげつない下りを降りる。

【愛宕神社正面参道を下る。】                        【急な下り】


下りきれば道は緩やかになる。
いくつかのピークを越えるが忠実に尾根を下ってゆく。部分的にシダがかなり育ってます。でも道は明瞭。問題なし!

山頂から40分。この道をおねおね下れば歓喜天神社へ到着!!

【シダ繁る尾根道】                                【歓喜天神社】


神社から南へは蛍光灯付きの道となり、すぐに高速道へ下る階段となる。
はて、ここは駐車した変電施設とは古墳を挟んで反対側??

これはあきまへん。トンネル上の古墳を乗り越えねば!
階段を下りきり、古墳の真下まで行くと・・・・・・・・・・・道は行き止まり!!(がーーん!)
「関係者以外立入禁止」の看板が行く手を阻む・・・・・。

やむを得ないので、柵が無くなるまで茂みをかき分け進み、道なき斜面のヤブを古墳方面へよじ登る!!
(こんちきしょ〜)

【高速道側道へ下る階段】                            【古墳直下の柵とその左のヤブ斜面】


シダやイバラの斜面をよじ登るが、2分も登れば・・・あれ??山道と合流。
もう少し茂みを奥まで進めば道があったようです。
なにはともあれ、なんとか古墳の上まで到着したゾウ!!(ええ見晴らしです)

【古墳上から高速道鳴門方面】                          【トンネル上古墳】


一休みしてから、車の方向へ進むと、階段発見。そこを下ると・・・・・なんとまたまた「関係者以外立入禁止」の看板が・・・

この古墳は立入禁止なの???
(とりあえず、やましん隊長は柵越えはしていません!!柵が切れた斜面をよじ登っただけですぞ!)

さすがにこの柵は横をすり抜け、やっとこさ駐車場所へ帰着完了!

【古墳への立入禁止の柵】                           【駐車場所の変電施設へ】


里山2時間の散策ながら、なかなかたのしいハイキングでした♪♪
近場なので費用も格安でした。

今回の散財
ガソリン代(推定) ¥230 by パジェロ3000
飲料水、食料等 ¥1200 金ちゃんヌードル、お茶6本、おにぎり2個
合   計 ¥1430   

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】