【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-102
山     名:津志嶽
探  検  日:2007年5月19日
標     高:1493.5m
登山標高差:950m
累積  標高:1146m
三  角  点:三等三角点「白井」(行政:徳島県美馬郡つるぎ町)
登山時間データ 時刻 時間 備考
久藪登山口 9:50 0:00 登り
2:17
石鉄大権現 10:16 0:26
木の橋 10:22 0:32
稜線分岐 10:56 0:56
津志嶽神社 11:04 1:14
山頂到着 12:07 2:17
山頂出発 12:22 2:32 下り
1:42
稜線分岐 13:11 3:21
登山口着 14:04 4:14

一宇村石鉄山分岐鳥居

1.梅雨前の津志嶽
 まいどまいど、やましん隊長、直近仕事があまりにハードすぎて既に死体状態。(ついに死んだか・・・・)
 今日(土曜日(休日))も会社に行かなければならないが、その前に、津志嶽に登っておくことにする。・・・・・・
 (仕事前の片手間で登る山にも思えないが・・・・とにかく、死体なので正常な判断不能・・・・)

 副隊長の、手弁当をリュックに詰め込み、朝8時自宅出発
 一路高速を飛ばし、美馬で降りて、一宇村を目指す。今回の登山口はオーソドックスな久藪(ひさやぶ)集落。
 山村のくねくね道を登って行くと、「津子嶽神社」の鳥居が見える(津志ではない。なぜか津子)。
 この前の空き地に車を止め、9時50分登山開始。

 鳥居の右に踏み跡発見。最初は沢の左岸(登る場合沢の右側)を進むが、すぐに鉄の橋で右岸に渡る。
 しばらくはこの右岸を沢沿いに進む。神社の参道だけあって、傾斜もそれほどきつくなく、踏み跡も明瞭。

【津子嶽神社鳥居前登山口】                        【沢沿いの緩い登り】


くねくね登って行くが、なかなか高度が上がらない。
しかし約半年ぶりのまともな山登りに、体からは汗とともに変な液体が放出されている気がして気持ちがよい。
30分弱で久藪の南からの登山道(モノレール付)と合流する。近くに水車(休止中)もある。
ここで鉄の橋を左岸に渡り、廃屋をいくつかすぎると、「石鉄大権現」手前に到着する。
お参りは下山時にするとして、廃屋壁の案内板に従い、大権現鳥居手前をを杉林方面へ登って行く。

【モノレールと合流】                                【石鉄大権現前家屋】


神社から5分ほどで妙にアウトドアな木製橋登場。
今までが薄い鉄板の橋だったのになぜここだけ木の橋なのか謎である。

ここからは稜線へ向かって約30分の登りとなる。ほとんど整備された杉林を進む。
ここまでは一貫しての登りなので、体は結構楽である。

【木の橋】                                     【稜線への杉林】


登山開始より約1時間で、稜線到着〜〜♪
ここからは尾根道を南西へ向かう。(右に取れば、十家方面への下山道となるらしい。)

快適な尾根道をゆるゆる登り、2つの鳥居を越えると稜線分岐より約20分で「津子嶽神社」到着!
神社は木の板でふさがれていて、お休み中っぽいです。
この神社の左を通り過ぎ、更に稜線を進む。

【稜線分岐】  


このあたりからは、結構急な登りが出てくる。ロープ有り、鎖もあるが、基本的にはたいしたこと無い。
明瞭な道を、じっくり登って行く。
っと急に送電線鉄塔出現!。標高1200m付近。この塔の右側を巻き、更に進む。
その後も、自然道を十分に堪能しつつ、登って行くが、このあたりから、上り下りがいくつかあり、
高度があまり稼げなくなる。下りでは体が冷えるし、久々の登山でだいぶ体力が落ちているのが解る。

【送電線】                                     【気持ちい自然道】


しかし、この新緑の季節、若葉が目に鮮やかだが、道は明るく、踏み跡も見やすいので歩いていて気持ちがいい。
自然公園の中を歩いている様である。

【新緑公園】


振り返ると、今まで登ってきた尾根が見える。結構登ってきてますなぁ。
後の標高は100m足らず・・・・しかし、ここからが長い。
なんとか山頂間近まで来ると・・・・・。なんと山頂方向から1名登山者が降りてくる!びっくりした。
久藪からは私一人のはず・・・。聞いてみると、南の送電線保守管理道から登ってきたらしい。

【登ってきた尾根方面】                             【山頂間近】


いやー、やっとつきました。登り始めて2時間17分。一昨年の体力ならへっちゃらの筈であったが、
このメタボリックの権化と化した肉体には結構しんどかったですなぁ〜〜。

何はともあれ、津志嶽(1493.5m)山頂到着!
そんでもって三等三角点「白井」発見!

【山頂】                                       【三角点】


空はどんよりとした曇り空。樹木も邪魔して周辺の見晴らしはよくない・・・・
黒笠山がわずかに見えるが、あとはたいしたことはない。
天気予報では昼から晴れではなかったんですかい!!

さすが山頂は風が少しある。汗をかいた体には堪えます・・・寒い・・・)
いつもなら、ここでストーブで湯を沸かし、金ちゃんヌードルと言うところだが
今日は、隊員1号の剣道の練習で弁当が必要だったため、副隊長が持たせてくれた「こどものついで弁当」がある。
コレステロール・尿酸値が高くなりそぅ〜
体が、急速に凍えて行く中、冷えた弁当を、冷たい麦茶で流し込む。(う〜〜寒い〜〜)

【山頂部の樹(これぐらいしか見物がない)】                 【ついで弁当】


さて、慌てて腹ごしらえを済ませ、寒い山頂から急いで下山する。
完全に冷え切った体で足の動きがよくない。注意しつつ降りる。

しかし、やはりこの季節、落ち葉ロードに新緑のカーテンで気持ちがええ出すなぁ

【下山道(尾根道)】


えっちらおっちら1時間も下ってくると、あの「石鉄大権現」に帰着。無事の下山のお礼でもしようか・・・
なんと、鳥居の向こうには鐘突堂???ここは神社か寺か???
見ると、社殿には石鉄山寺、その奥には神社の社みたいな建物もある。神仏共祀のようである。
わずかなお賽銭を入れ、たっぷり願い事をする。

その後、さらに下山すると、沢沿いに登りの時に気になっていた桑野神社御神水に到着。
ありがたい水なのだろうが、水は綺麗だが、いかんせんバケツが汚い。
飲むのはやめておく。



1時間45分で下山完了。
久々の山歩きで、足はがくがく。やっぱり、日々のトレーニングは重要ですなぁ!
(とは言っても、日々の残業、休日出勤で、いつトレーニングするっちゅうねん・・・・(T_T))

その後、疲れた体を引きずり、15時30分、会社到着・・・・お仕事開始・・・・・まいったねこりゃ・・・

あぁ〜今年は百名山に行けるのであろうか???【やましん隊長、心の叫び】

今回の散財
ガソリン代(推定) ¥3000 by パジェロ3000
高速道路代 ¥1300  
飲料水、食料等 ¥990 お茶6本、ポケットティッシュ
合   計 ¥4290   

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】