【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-103
山     名:黒笠山
探  検  日:2007年5月27日
標     高:1703m
登山標高差:992m
累積  標高:1151m
三  角  点:なし
登山時間データ 時刻 時間 備考
白井登山口 9:25 0:00 登り
2:08
黒笠神社鳥居 9:57 0:32
黒笠神社 11:03 1:38
稜線 11:12 1:47
黒笠山山頂着 11:33 2:08
黒笠山山頂発 11:42 2:17 下り
1:54
昼食
込み
黒笠神社 12:07 2:42
黒笠神社鳥居 13:16 3:51
白井登山口 13:36 4:11

山頂手前のピークより

1.阿波のまったーほるん??
 さて、今日の目標は、先日の津志嶽のお隣さん。黒笠山に登ることにする.
 別名、阿波のマッターホルンと呼ばれているらしい。さて、どのくらいマッターホルンなのか楽しみである。

 しかし昨日(土曜)は黄砂がひどかった。周囲の山並みがほとんど見えなかった。
 今日もほぼ同様で、ほとんど見通しがきかないが、天気は晴れの様である。
 こりゃ暑くなりそうである。美馬ICを降りた後、コンビニでお茶を6本購入する。
 (今日も金ちゃんヌードルは無し。副隊長お手製の、隊員1号の「ついで弁当」である。)

 美馬から一宇を目指し、通常の剣山へのルートからはずれ、白井方面へ車を進める。
 パジェロロングには狭い道〜。なんとか、ガイドブックにある登山口まで到着する。
 先客は香川ナンバーが3台。さて追いかけますか!

 足揃えも終了し、9時25分、登山口開始!。しばらく杉林を進む。
 数分進めば、1個目の鉄橋を通過。こんな奥にも集落がある。2つめの鉄橋も通過し、沢の右側へ渡る。
 しかし、これが間違い!!
 実際のルートはこの2つめの鉄橋手前を左手(家屋方面)へ入る。
 やましん隊長はこの小さな沢を右へ渡ってしまったため、更に奥の家屋へ迷い込んでしまった。
 
【白井登山口】                                   【2つめの鉄橋:間違いポイント】


最奥の家屋でルートが解らなくなり、住民に訊ねると、こっちじゃないけど、この道でも黒笠山へ行けるとのこと。
ラッキーと思い、最奥の家屋の中を通らせてもらい、更に奥に進むが、沢に出たところで道がまた解らなくなってしまった。
仕方ないので、再度、さっきのお宅まで引き返し、もう一回訊ねる。
よく聞くと、この小さな沢は、地形図には載っていない小さな沢で、黒笠山へは、この沢を右岸側へ渡り、大きな沢の
左岸を上って行くとのこと。

教えられたとおり、沢を渡り、対岸の杉林の中を登って行く。少し上で本来のルートと合流する。一安心である。
石積みのある廃屋脇を過ぎ、しばらく登って行くと、黒笠神社の鳥居がある。
奥には神社らしい建物もある。ここは帰りのお参りすることにしよう。

【杉林廃屋】                                    【黒笠神社鳥居】


ここからはメインの沢の左岸をえっちらおっちら登って行く。
黒笠山は、徳島県内の山では結構奥深い山。同じような景色の中を約1時間登って行く。
緩急はあるものの、この山は登り一辺倒で体が冷えないので結構登りやすい。
沢の音を聞きつつ、新緑のトンネルをガンガン登って行く。

【新緑ロード】


沢から離れ、稜線方面への斜面をつづら折れで更に進む。
登山開始から1時38分でやっとこさ黒笠神社に到着!(さっきの鳥居のあった場所の社はなんなんだろう?)
ここで、先客の香川の5人組を追い越す。

【稜線へのつづら折れ】                             【黒笠神社】


登山開始より1時間47分で稜線へ到着!ふーっ〜〜♪後もう少し。
明瞭な尾根道を気持ちよく進んで行く。
途中、ざれた場所と、鎖場があるが、たいしたことはない。
黒笠岳は山頂直下が険しいと聞いていたが、案外たいしたことはない。
(むしろ、長距離の下山道の方が、足が滑って尻餅ついてよっぽど危険じゃなかろうか?)

【稜線尾根道】                                   【鎖場】


到着したぞ!登山開始より2時間8分で黒笠山山頂(1703m)到着!
やっぱり先週の津志嶽よりはかなり楽ですな。

【黒笠山山頂】                                   【隊長ご満悦】


山頂から西を見ると、矢筈山が見える。この狭い山頂の南西方面は崖になっており、これがマッターホルンのいわれか?

【矢筈山方面】                                 【南西の崖】


南方面を見ると、本来なら大展望となる剣山山地が黄砂にまみれてかすかに見える。
たぶん・・・・丸笹、剣山、次郎笈、塔の丸、三嶺、天狗塚、牛の背がぼんやり見える。(チクショー)

         【剣山方面】                                     【三嶺方面】


もうそろそろ、香川の5人組が登ってくるはず。それとは別に、南の尾根を登ってくる一団も見える。
大きな声で話しながら登ってきている。
あの人数だと、この狭い山頂では芋漕ぎ状態で大混雑するのは確実なので、
昼飯は稜線下の黒笠神社まで下ってから食べることにする。(山頂滞在時間8分)

山頂より25分で黒笠神社到着。ここで副隊長のついで弁当オープン。
時刻もちょうど12時。それではいっただっきまーす。

あっという間に食事も終わり、早々に下山再開。
やはり急な下りに2回ほど尻餅をつきながらぼとぼと下る。長いぞ〜〜

【ついで弁当】                                  【急な長い下り】


黒笠山の魅力は、山頂直下の急峻な形と言われているが、
やましん隊長は、この山の魅力として、奥深い沢沿いの登山道がお気に入り。(ええかんじです!)

【気持ちええ下山道】


とはいいつつ、長い下り1時間50分で膝ががくがく。
やっと鉄橋そばの民家まで降りてきた。沢の淵がめちゃめちゃ綺麗です。夏なら泳ぐぞ!

【淵】                                         【登山口駐車場】


昼食込みで1時間54分。登山口まで無事下山完了!

まったーほるん?かどうかは別として、いい山でした!

今回の散財
ガソリン代(推定) ¥3000 by パジェロ3000
高速道路代 ¥500  
飲料水 ¥900 お茶6本
合   計 ¥4400   

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】