【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-107
山     名:三嶺(2回目)
探  検  日:2007年9月23日
標     高:1893.44m
登山標高差:1095m
累積  標高:1273m
三  角  点:二等三角点「三嶺」(行政:高知県)
登山時間データ 時刻 時間 備考
いやしの温泉郷 9:28 0:00 登り
2:44
営林署跡 10:28 1:00
1578mのピーク 11:00 1:32
1791mのピーク 11:35 2:07
山頂池の外輪 11:57 2:29
三嶺山頂着 12:12 2:44
山頂池の外輪発 13:02 3:34 下り
1:59
旧営林署 14:12 4:44
いやしの温泉郷 15:01 5:33

2007-08-11塔丸より望む。(左奥)

クリックで拡大

1.残暑厳しい三嶺
 しかし、いつまで経っても暑いですなぁ!!。くっそ暑い!!
本来ならそろそろ涼しくなってもええンとちゃう??
平地では今日の最高気温も30度を超える様なので、少しでも涼しい三嶺にでも久しぶりに行きましょうか!!

さて、三嶺は三年ぶり。(以前は2004年11月に名頃ルートで登っています。
同じルートではおもしろくないので、菅生(すげおい)の「いやしの温泉郷」から登ることにする。

いやしの温泉郷の端の方の駐車場に停めさせてもらい、登山開始。
駐車場から、ミニチュアのかずら橋の前を斜めに登り、すぐに旧日本家屋の前へ折り返すと、広場があって、
その奥に登山口がある。
さて、標高差1100m、鈍りきった体を鍛え直すために、気合い入れていきましょうか!!

【いやしの温泉郷駐車場端っこ】                        【旧家屋奥広場の登山口】


ススキの原を横切り、民家脇を抜けると山道へ突入する。
この登りの最初は自然林。道はつづら折れで適度な登り。ええ気持ちです。
とはいっても鈍りきったこの体。あっと言う間に汗だく。先が思いやられる。

しばらく登るとモノレールを4回くぐる。
山登りとは縁のなさそうなヤンママや幼児が乗っている。じいさんばあさんも乗っている。
みんな楽しそうじゃないのはなぜなんだろう?レールと言い、貨車と言い、ちょっと貧相じゃな。

【最初の自然林】                                【モノレール】


登り始めて1時間で旧営林署跡に到着。
いわゆる廃屋ですな。
その後も登りは続き、尾根に出る。

【営林署跡】                                    【尾根道の登り】


登りは更に続く・・・・
ガスが出てきましたぞ〜。

おっと、笹が深く、左に切れ落ちている場所を通過。ここを越えれば後はたいしたことなさそうである。
山頂手前のピーク付近は笹原が広がり、晴れていたらさぞ景色もええんやろーなー

【笹深し斜面】                                    【気持ちよさそうな笹原】


さて、山頂直下手前の下りから登り返すと・・・・着きました。三嶺の池の畔。
あーしんどかった。

【山頂直下の最後の登り】                            【三嶺池の畔に到着】


ここまでは、モノレールに乗っている人以外、誰ともと会わなかったが、さすがにここには人が多い。
水場はないかと聞かれるが、やましん隊長はペットボトル持参派なので、「知りません」としか答えようがない。

とりあえず、山頂を急ぐが・・・・・やはり出発が遅かった分、(時間帯もちょうどお昼)、
山頂はまさにただの食堂と化しておりました。
急いで三角点の証拠写真を撮り、10秒で下山開始。

【三嶺山頂、大混雑】                               【三角点】


山頂より下り、池との中間点ぐらいに、何カ所か座れる場所があるので、ここで副隊長が作ってくれた弁当を
食す。汗のかきすぎで、脱水症状気味になっていたので、梅干し5個の塩分で生き返るぞ。

ここでGPSの確認!!
2007年9月27日よりMSAS(運輸多目的衛星航法補強システム)が正式運用になるが今日も試験電波が出ている。
(要は今までのGPS衛星信号に加え、平成17年に打ち上げた2個の静止衛星の情報によりGPS精度が向上するという物)
GARMINのGPS、MAP−60CSxもこのMSAS(アメリカ版で言うWAAS)に対応している。
今まではこの信号受信設定を無効にしていたが、今日からは有効に切り替えてある。

さて受信状態は良好!。誤差精度も±3mの表示になっています!
(と言ってももともとMAP60CSxは受信感度が高いため、±4mは出ていましたが・・・)。
各衛星信号の受信強度棒グラフの下に精度アップを示すディファレンシャルの「D」の文字が輝いています!

詳しくは国土交通省大阪航空局神戸航空衛星センターのホームページを見てください。http://www.kasc.go.jp/mission/msas.htm

とにかく、GPSマニアのやましん隊長はなんかうれしいです。(*^_^*)

【塩分たっぷり】                                  【MSAS受信中】


飯食って、GPS見て、三嶺の景色を堪能して、
傍らを見るとリンドウもけなげに咲いてます。

【リンドウ】


お約束の三嶺山頂付近池の写真!
今日はガスって剣山は見えません!!(でも、三嶺に集中できるので、これはこれで満足)

【三嶺池、避難小屋、便所】


名頃からの登山道も相変わらずです。

【名頃方面下山道】


30分以上、山頂付近でうだうだしていたが、そろそろ降りることにしましょうか。
やっと天空が晴れてきました。

【残夏の三嶺】


13時2分、池の外輪よりいやしの温泉郷へ下山開始。
相互リンクを張らして頂いている「倶楽部まーくつう」さんのホームページに1791mのピークに本来の巻き道が
あるかもしれないという情報を確認すべく、ピーク前コルの分岐を西へ巻いてみる。

・・・・たしかに踏み跡はありますが・・・・消えかかってますなぁ・・・・・・
斜面の笹はかなり復活!笹にしがみつきながらでも滑る滑る。こりゃピークを登り返した方がよっぽど楽・・・・・。
ただし、この巻き道の斜面から西熊山方面の景色はよろしいなぁ。(唯一の歓び)

結局直道の倍の距離をへとへとになって元に道の復帰する。
ハッキリ言って、この旧道は玄人好みと言っておきましょう。(^_^;)

【巻き道斜面】                                    【巻き道から西熊山方面を望む】


ふー、元の道に帰って一安心。青空が気持ちええです。
暑い中にも、秋の紅葉の気配が少し・・・・・

【笹原と青空】                                    【紅葉の走り】


おっと、これは雲早山で見たトリカブト!見た目は綺麗なんやけどね。
そんなこんなで1時間59分で下山完了。
やっぱり下は暑い〜〜m(_ _)m



今回は風呂代節約のため直帰。
(駐車場だけ使って、いやしの温泉郷から怒られますな。すんまへん)

今回の散財
飲料水、カロリーメイト、飴 ¥1,250 お茶7本、非常食
ガソリン ¥3,500 パジェロ3000
高速代 ¥1,000
合   計 ¥5,750   

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】