【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-109
山     名:東赤石山
探  検  日:2007年11月24日
標     高:1706.0m
登山標高差:1043m
累積  標高:1212m
三  角  点:三等三角点「赤石」(行政:愛媛県新居浜市)
登山時間データ 時刻 時間 備考
筏津登山口発 7:45 0:00 登り
2:46
瀬場谷分岐 8:28 0:43
東赤石山山頂着 10:31 2:46
東赤石山山頂発 11:09 3:24 下り
2:51
赤石小屋分岐 11:43 3:58
瀬場谷分岐 13:17 5:32
筏津登山口着 14:00 6:15

平家平より望む(中央台形のピーク)

1.今年最後のつもりで東赤石山
 もう月日は11月末、冬一歩手前です。もうこの三連休が、高い山の今年登り納めになりそうです。
 というわけで、日本二百名山にも名を連ねる東赤石山へでも行きましょうか!!

 秋の日はつるべ落とし。東赤石山は四国の山でも結構歩行時間が長い方なので
 やはり早朝から行動を開始したい。三連休中日、惰眠をむさぼる副隊長を尻目にこそこそと出発準備。
 朝5時、自宅出発。当然まだ外は真っ暗。新居浜ICを降りて、大永山トンネルへ向かう手前で
 朝日に輝く笹ヶ峰に感動・・・・・。んっ!!??雪????げげぇ〜〜。山肌に雪が見える。
 やましん隊長は雪山大嫌い。寒いの嫌い。滑るの怖い。
 一応ザックには軽アイゼンを忍ばせてはあるが、出来れば使わないことを望む。

 【未明の徳島道】                                【朝日に輝く笹ヶ峰】
 

7時20分、筏津登山口到着。この快晴の三連休、他にもちらほら車が山荘駐車場へ入って行く。
20分で足揃えを完了し、7時45分、登山開始!。
入り口の看板には「ゆっくり登って4時間」とあるな・・・・。とりあえず3時間を目標にがんばりましょう!

【登山届けボックス】                               【登山道取り付き】


適度な登りを進むと道は東へ巻き、谷へと入って行く。おおっ〜〜。道は霜でびっしり。上は雪かも・・・・
しかし、山の南斜面にはそれらしき白い物は見あたらない。(後で調べると、中央奥の岩山は八巻山でした。)

【霜びっしり】                                    【快晴、八巻山】


沢に沿って谷の奥に進んで行くと、周囲の自然林が最後の紅葉してます。
道はくねくね、緩い登り。沢を右下に見つつ、紅葉ハイキングもええもんです。

【紅葉1】                                     【紅葉2】


登り始めて35分。いかにも不安全そうな橋を渡って対岸へ・・・
(とはいっても、この後、もっとぼろっちい橋を何本も渡ることになる。)
その後8分で瀬場谷の分岐に到着。

さてここから左股を進み赤石山荘へ進むか・・・
でも、その道は分県登山ガイドにも載っているメイン道。
このルートは下りにとっておいて、今日は右股ルートを進むことにする。

【沢の橋】                                     【瀬場谷分岐】


おおーっと、いきなりまた木道!
その後は結構な急坂をつづら折れでぐいぐい登って行く。
小さな沢を左岸へ渡り、杉林へ突入。ここもしんどい登りが続く。
ここで先客2名発見。30代?の2人組。ひと休みしているらしく、挨拶だけして先行する。

【木道】                                       【杉林の登り】


杉林を越え、再度右岸へ渡り、後はこの斜面を登るのみ。
植生も一変し、落葉樹林の葉も完全に落ちて異様に明るい林である。
この林には幾筋もの沢跡?の岩ごろごろ筋が縦に走っている。登山道はこの岩ゴロ道を登っていく。
この登りにくい岩に手こずり、息も絶え絶え、足は疲労困憊。なんじゃこの急坂は!!!

とみると、自分の登っている道の左手に登山道らしき道が・・・・・・
なんと、そちらが登山道!知らない間に道を見失っていたらしい。
その後は赤テープに注意しつつ進むが、ハッキリ言ってこの道は判りにくい!
幾筋もある岩礫道を部分的に登りつつ、斜面を西へ渡って行くので、気を抜いてまっすぐ登っているとルートをはずれる。
ただでさえ登りにくい岩の急登。赤テープ発見に神経も使いよけいに疲れますな。

最後に岩に書かれた赤石の矢印に一安心。二百名山にしては案内板が少ないぞぅ。

【迷いやすい岩ゴロ道】                              【岩に書かれた案内】


岩の案内の後はさほど迷うことなく、山頂下の水平道にやっと到着。
ここで先ほど別れた2人組の1名が追いつく。もう一人が遅れているため、ここで待つとのこと。
あの迷い道を1人で大丈夫だろうか??(と言う私もずーっと一人ですが・・・)

さてここは案内板に従い左に進む。3分もすれば山頂への直登の分岐へ到着。

【山頂直下水平道の分岐】                            【山頂直登への分岐】


南を見れば東三森山、三ツ森山、平家平、冠山、笹ヶ峰が揃い踏み〜

【南方面】


あとは稜線に向かっての登りのみ、最後の力を使い果たす。
あーしんどいよう・・。足のふくらはぎはつるし、トレーニング不足を痛感します。

【稜線までもう少し】                               【最後の直登】


長く感じた割には10分ちょっとで稜線到着・・・・、不親切にも看板ひとつ無い・・・・
と思っていたが、東の山頂方面を1分進むとそこに直登道の分岐がありました。
またまた、途中の岩ゴロの登りで道を見失っていたようです。(この迷い道は手強い)

山頂まで稜線づたいで残りもうわずか!しかしここで結構雪が多くなる。
これは参った。しばらくは我慢していろんな物にしがみつきながら登っていたが、
せっかくここまで軽アイゼンを担いできたんだから、無理せずこれを使いましょう!

アイゼンをつけるため、前にかがむと・・・・・腹筋がつりました・・・イテテテテ
アイゼンを締め付けるためひもを引っ張ると・・・・肩がつりました・・・・・イテテテテ
ふくらはぎはつるし、もう体ボロボロです。

アイゼン装着後は、もう安心。雪残る岩石をガシガシ登ること数分、山頂の岩塊が見えてきた

【稜線の分岐】                                  【雪が・・・・・】


快晴の中、雪かぶる岩山もなかなかおつなもんです。
風もほとんど無く、ぽかぽか。ここで年配の二人連れとすれ違う。
「こんな日は自分たち以外登る人やおらんと思う取った。」とおっしゃいましたが
世の中、同類のバカは五万とおりまっせ。

【山頂部岩山】                                   【山頂部岩山2】


やっと到着!登り始めて2時間46分、東赤石山(1706m)山頂到着!!
西へ続く稜線には八巻山がででーーんと控えております。

【東赤石山山頂】                                 【西方面稜線】


さてさてお約束、金ちゃんヌードルタイム♪♪
ほとんど無風だが、やはり気温は低い。なかなかお湯が沸きません。
途中追い越した2人連れも遅れて到着。広島から来たという。
こちらは金ちゃんヌードルだが、向こうはチャーシューまで持参の本格ラーメンを作っています。
いやはやまいりました。

【山頂の金ちゃんヌードル様】                         【お湯がなかなか沸きまへん】


30分も山頂でうだうだしたが、さて、帰りも長いことですし、そろそろ下山することにしましょうか!

 ※やましん隊長、この時点では三角点のことをすっかり忘れておりました・・・(T_T)

雪の張り付く岩もアイゼンでガシガシ降りて行く。快適快適。
あっという間に稜線分岐、直登道を下り、赤石山荘方面への巻き道を西へ進む。
蛇紋岩があちこちに点在してます。

【山頂直下】                                    【蛇紋岩】


山頂から33分で赤石山荘近くの分岐に到着。奥に山荘が見えますが、下山を急ぐため今回はパスです。

【赤石山荘手前分岐】                              【赤石山荘:屋根が見えています】


山荘分岐から数分下って振り返ると八巻山をはじめ、岩山が結構な迫力でお見送りです。

【赤石山系お見送り】


下りのコースもやはり初めは岩ゴロ道。くたびれ果てた体に堪えますなぁ。
ここも沢跡?の岩道を下っていると、いつのまにかルートをはずれている。
迷いやすいなぁ!ここは!

しかし岩道をすぎればあとは明瞭な一本道。のんびり自然林を下る。

【岩道の下山道】                                【下り道:ハイキング道】


沢を渡ると日陰の斜面。やっぱり雪が結構残ってます。

【沢を右岸へ渡る】                                【下り道:残雪有り】


しかし・・・この下り道・・・・結構長いです。
沢沿いの細い道で気を遣うし、つづら折れの急な下り坂が多いし・・・・ヒザがガクガクです。

【濡れた岩は嫌いです。滑るから】                     【こんな橋は嫌いです。折れるから】


とはいえ、変化に富んだこのメインルートはなかなか見ごたえ有りです!
距離もそこそこ有り、季節毎でいろんな表情を見せてくれそうな楽しい道ですな。
ただし、結構距離と標高差があるんで、体力入りまっせ!!

【石楠花トンネル?】                              【谷向かいの斜面のい紅葉】


山頂から下り始めて2時間51分、やっと、やっと下りてきました。
たぶん明日、明後日は筋肉痛でよたよた状態でしょう。

【下山完了】


ここで、やっと気が付いた!!

持って行ってた地図に三角点情報も一緒に綴じていたことに・・・・・
がーーーん!!。見ていない・・・・。もう降りてきてしまったよ・・・・・・がっくり。

更に追い打ちをかけることが・・・・
あの岩山の山頂は分県登山ガイドでは山頂とされているが、
国土地理院の地図では、山頂は三角点のある場所。(水平に50mほど東に行った場所。)
やましん隊長!山頂に行っていない!!!

・・・・・・こんなに体をボロボロに酷使して、あと真横に50mたらず先の山頂に行かずに戻ってきたとは・・・・・

ゲロゲロゲロゲロゲロ・・・・・・・これは、もういっぺん、行かなあきまへんな・・・・・

今回の散財
登山用飲料水、食料 ¥2,000 お茶、金ちゃんヌードル、おにぎり4個、チョコレート等
ガソリン ¥5,000 パジェロ3000
高速代 ¥5,000  
合   計 ¥12,000   

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】