【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-110
山     名:西林村・東林村(亡失)
探  検  日:2008年1月27日
標     高:35.8m
三  角  点:一等三角点「西林村」(行政:徳島県保留中)


1.三角点探索
 今は冬、いくら南国四国とはいえ、山は雪が積もってますので、今日は平地の三角点探索。
 それも、以前2回ほどGPS片手に探し回ったが、見つけられなかった「西林村」、「東林村」でも
 確認に行きますか!

 と言うのも、以前のGPSは感度のイマイチであった。(ガーミンのレジェンド日本語版)
 今は、数倍高感度のGPSmap60CSxなのでもしかしたら発見できるかも・・・・

 インターネットで2つの三角点の緯度経度(世界測地系)データーを登録する。
 表示を拡大し、マップポインタをワンステップずつ移動させることで
 、0.1秒表示単位に対し、0.02秒程度の精度で位置決めをする。
 (1秒が30mなので、誤差1m??、無理だろなぁ。まぁディファレンシャルの限界で3mがええとこでしょう!) 

 と言うわけで、まずは西林村!
 阿波市阿波町の端っこまでドライブする。すぐ近くまで到着。
 道路脇の自動販売機の横に駐車する。GPSのナビでは西林村一等三角点まで70m

 GPSに導かれるままにあぜ道を通って2分。以前はその周囲をうろうろして、なかなか見つからず苦労したが
 今回はさすがに高精度!。ありました。たぶんこれでしょう!!

 【70m先に三角点があるはず】                         【溝の横に・・・・】


大きさからして、まず間違いない。位置もぴったり!誤差2m。
一等三角点「西林村」発見!!!????(たぶん・・・)

しかし、そのほとんどが地中に埋まっている。一部が溝のコンクリートにも挟まっている。
うーーん。これはひどい。本当に一等三角点なのだろうか?
これだけしか頭が出ていないので、横の表示が見えません・・・・・

この付近の平地の三角点は、こんもりとした小山を築いて、その上に鎮座しているが、
こんなに位置が低いのは正常だろうか??
もしかすると、位置、高さが変更されているかもしれない。
国土地理院では「西林村」の一等三角点は処分保留となっている。
弱ったもんである。

まぁコレガ当たりかハズレかは別として、3度目にしてやっと念願達成!

【GPSで位置ぴったり】                           【このミゾ横にありました】


さて、不完全燃焼ではあるが、次の「東林村」へ向かいましょう!
こちらは以前から「亡失」となっているので、たぶん無くなっているでしょう!

GPSで方角距離を確認しつつ、車を進めると、吉野川への樋門に到着。
樋門前のポンプ場横に車を止める。
三角点までは50m。位置としては堤防の斜面にあるはず。

【樋門ポンプ場前に駐車】                           【この堤防にあるはず】


うーーん、やっぱりありません。
この斜面にある筈なんだが見つからない。
この場所は位置が低く、昔なら台風、洪水時等は、濁水がたまる場所っぽいので、洪水で流されたか??
悔しいので、10分ほど周辺を歩き回るがやっぱり無い・・・・・

樋門ののり面には間際らしい標柱あり。これで代用してるんでしょうか?(表示は違いますが)
うーーん、無いとは判ってはいたがやっぱり残念!!

【ここにあったはず!!】                            【樋門の標柱】


まぁ今日はちょっとしたお散歩と言うことで、これでおしまい!

今回の散財
登山用飲料水、食料 ¥0 何も買ってません
ガソリン ¥1,000 パジェロ3000
高速代 ¥0  
合   計 ¥1,000   

【やましん探検隊登山編一覧へ戻る】            【やましん探検隊トップページへ】