【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-114

山名:那岐山
探検日:2008年5月3日
標高:1255m
登山標高差:682m
累積標高差:831m
三等三角点「名義山」(行政:岡山県勝田郡奈義町)
登山時間データ 時刻 時間  
第三駐車場発 6:35 0:00 登り
1:24
大神岩 7:19 0:44
三角点 7:49 1:14
那岐山最高点山頂着 7:59 1:24
那岐山最高点山頂発 8:02 1:27 下り
1:12
稜線道標 8:10 1:35
第三駐車場着 9:14 2:39
※日帰り突貫コース

奈義町高円より那岐山を望む

1.目標決定
 世間はゴールデンウィーク後半戦に突入!。しかしやましん隊長には何の予定もない。
 この4連休も3日間は会社の様子を見に行かねばならない。(ぜんぜんゴールデンではない。)
 これではあまりにも寂しいので、一部仕事の入れ替えをお願いして、5月3日を丸々休みとする事にした。

 さて、時間も出来たし、衰えた登山パワーを復活させるため、そこそこの山に行くか!
 とは言っても、1日だし〜、次の日は休日出勤だし〜(-_-)
 と言うことで、今回は以前からなぜか気になっていた岡山県の那岐山にでも登りましょうか!
 この山は日本三百名山だが、標高も1200m程度、登山標高差も600m程度なのでトレーニングには
 ちょうどよいでしょう!

2.登山開始 
  朝の3時、起床。外は未だ真っ暗。家中寝静まっているので、こそこそと準備をする。
 3時10分、自宅出発。高速道路をかっ飛ばし、瀬戸大橋を渡り、山陽道、岡山道、中国道を進む。
 しかし、眠い・・・・眠い・・・・・。
 朝5時45分、津山IC到着。6時過ぎにに奈義町の登山口第3駐車場に滑り込む。

 結構先客が居ますなぁ。さて、天気も快晴。いっちょがんばりますか!

【中国道での朝日】                               【登山口第3駐車場】


6時35分、登山開始。
伐採跡地の広い作業道を登って行くと登山口への案内有り。
むむっ、!「登山も下山もCコース」???。なんじゃこの看板は!
今回はCコースで登ってBコースで降りる予定だったのに・・・・・・
なにか崩落でもあったのだろうか???
仕方ないので、Cコースを登ることにする。

【登山口案内板】                                【B・Cコース分岐】


しばらく進み、ひらけた斜面ひらけた斜面に来ると、那岐山が姿を現す。まだまだ結構遠い。
登りはそれほどきついところもなく、適度な傾斜をゆるゆると進んで行く。
つづら折れの自然林のしたに笹が出てくると、そろそろ中腹。

【那岐山山頂が見える】                            【中腹の自然林】


登り始めて45分。ひょっこりと大神岩の広場に飛び出す。
見晴らしはいいが、春霞で見通しはよくない。残念!

【大神岩】                                     【大神岩からの眺め】


さて、ここからは三角点へ向かって尾根筋を登る。
このルートは適度な傾斜の登りがずっと続くので、体が冷えずに登りやすい。
気持ちのいい尾根筋登りを堪能する。

【大神岩より三角点を目指す】                        【山頂間近か?】



山頂直下は笹原になっており、登り切るとひろーい広場に到着!。
さすがに見晴らしがよい。でも残念ながらもやっていて大山も霞んでハッキリ見えない。

【三角点広場】


この山頂広場には奥に小屋もあるし、なんか解らん囲いもある。
その横に三等三角点「名義山」発見!
登り始めて1時間14分で到着!

【なんですか?】                                  【三角点】


いままで暑かったのでTシャツでいたが、さすがに山頂は風が強くて寒い!
あわててヤッケを着込む。

さぁそれでは那岐山山頂も目の前!あと一がんばり!
山頂までの途中に避難小屋が見える。
中を覗くと、掃除は出来ているが、あまり綺麗ではないな・・・・




やってきました。那岐山(1255m)山頂到着!
登り始めて1時間24分。足慣らしのつもりで無理せず登った割にはまあまあのタイムでしょうか?

山頂には夫婦らしき先客2名。
ここで気になっていたBコースの通れない理由を聞いてみると、
「3週間前に登ったときは3箇所ほど道が崩れかけている場所があったけと、十分通れたよ」とのこと。
その答えに勇気づけられ、帰りはBコースにしましょう!!
(とはいっても、ほとんどの人は真面目にCで登ってCで下るだろうから、人は少ないはず。
 怪我をしてもなかなか見つけてもらえないだろうから、慎重に行きましょう!)

せっかく登ってきたんだからもっとゆっくりすればいいんだろうが
今はゴールデンウィーク。高速道路の渋滞も気になる。とっとと下ることにする。
山頂滞在時間約1分。山頂を東に下り、稜線の道標に従い登山口方面へ一気に下る。

【つかの間の山頂】                               【稜線上の道標、Bコースへの分岐】


少し下ると、なんと下から登ってくる登山者発見。
道の状況を効いてみると、特に問題ないし、倒木は迂回すればよいとのこと。
あの看板は伐採地の作業に支障が出ないために立てられているのではないかとの話。
これで安心してBコースで下れます。

更に下ると鹿?よけのドアがある。こんなところでも食害がひどいんだろうか。
ドアを通過すれば大規模な伐採地に出る。ほとんど皆伐状態で木がない。
広々とした斜面に作業道が何本も通っているのが、登山道はきちんと表示がしてあるので迷うことはない。

【鹿?よけドア】                               【作業等を横切る登山道の案内】


伐採地から振り返ると穏やかな山容が広がり、まったりーとしてくる。

【那岐山】


伐採地を越えると、杉林の中を下る。
途中でもう一人登ってくる登山者とすれ違う。
最後に急な下りを降りると沢を渡る木橋発見。ここまで来れば登山口ももうすぐ。

【下り道】                                     【分岐直前の橋】


橋から見ると、うーーん日本庭園〜〜。マイナスイオンしてます。
沢の右岸の新緑を楽しみ、B・Cコースの分岐に到着。



と言うわけで1時間12分で駐車場まで下山完了。

Bコース、倒木も、崩落場所も全くありませんでした。やはりあの看板は、杉の伐採作業のためだったようですな。
まぁBもCもいい登山道でした。

最後に、駐車場の横にある「蛇渕の滝」を見学する。名勝であると立派な石柱、鳥居ががんばっている。
さぞや立派な滝だろうと期待したが、実際はたいしたことはない。



久々の県外登山。那岐山は登山道も明瞭。案内板も多数。
登山標高差もそれほどたいしたことなく、登りやすーーい山でした。
(四国の山よりよっぽど整備されてます。)
メタボ親父のリハビリトレーニングにはちょうどよかったかも♪

その後、高速道路の対向車線の大渋滞を楽しみつつ12時に帰宅。

今日の散財   
飲料水 ¥1563 お茶7本、おにぎり2個、カップヌードル、チョコ
ガソリン ¥9000 byパジェロ3000
高速、瀬戸大橋代 ¥13998 早朝割り引き込み
合    計 ¥24561   

げげげ、たった9時間、山ひとつに2万5千円・・・・・。また浪費をしてしまった。
ガソリン代はともかく、本四連絡道を一般高速道路並みにして欲しいです・・・。

【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】