【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-117

山名:堂ヶ森・二ノ森
探検日:2008年7月20日
標高:堂ヶ森 1689.01m
    二ノ森 1929.24m
登山標高差:1102m
累積標高差:1428m
三等三角点「堂ヶ森」(行政:愛媛県久万高原町)
一等三角点「面河山」(行政:愛媛県西条市)
登山時間データ 時刻 時間  
登山口発 6:58 0:00 登り
3:26
堂ヶ森着 8:54 1:56
二ノ森着 10:24 3:26
二ノ森発 10:31 3:33 下り
昼食
込み
3:34
堂ヶ森着 11:40 4:42
堂ヶ森発 12:00 5:02
登山口着 13:35 6:37

堂ヶ森より二ノ森を望む

クリックで拡大

1.登山開始
 四国も梅雨明け後、うだるような暑さ・・・・。低い山に登る気がしない。
 明日は海の日。じゃぁ今日は山にでも行きましょう。
 目標は、愛媛県第二の高峰「二ノ森」。四国笹をたっぷり堪能するため、「堂ヶ森」ついでに頂きましょう!
 今日は標高差も距離も結構行きまっせ!それも両方、四国百名山!気を引き締めて行きましょうか!
 
 朝3時30分起床。4時自宅出発。外は未だ暗い・・・・眠い・・・・・
 高速を川内ICまで飛ばし、そこからは細い峠越えの山道を進む。20kmほど、くねくねと車を進め、
 到着しました。梅ヶ市集落。ここも道が細い。「分県登山ガイド」に従い、登山口まで行くと・・・・・
 なんと、10台は停められるはずの駐車場は鎖が張られ、草ぼうぼう。これではここには停められません(T_T)
 堂ヶ森方面への林道にも鎖が張られ、鍵が掛かってます。なんじゃこりゃ!

 途中出会った登山客に聞いてみると、林道の管理人と、登山客が車の件でもめたみたいで、今は出入り禁止に
 なっているとのこと。しかし、駐車場まで使用禁止にされるとは・・・・
 なにはともあれ、駐車場入り口脇に1台分の駐車スペースを見つけ、無理矢理駐車。
 準備も早々に、6時58分。登山開始!

 林道を少し歩くと、すぐに山道への取り付きがあると思っていたが、10分ほど歩いてやっと看板発見。
 ここからが本格的な登山となる。
 
【林道:閉鎖】                                   【林道の登山口】


主に杉の植林地の中をくねくねと登って行く。赤テープがあちこちにぶら下がっているし、道は明瞭。
登り一辺倒で、たちまち汗が噴き出す。暑い!

30分も登れば尾根へ出る。(旧道との分岐は結局解らなかった。)
尾根道も緩急あるものの、ずっと登りが続く。でも緩い部分が多いため、なかなか高度が上がらない。
この尾根道では周囲の木々に遮られ、見晴らしはほとんど無い。

【尾根道への登り】                               【やっと尾根に到着】


歩き始めて1時間20分、標高1430m付近?、突然笹原の草原に飛び出す。堂ヶ森が見えた!
いっや〜〜!ええ景色ですなぁ!空は快晴!最高です!
でも・・・・忘れてました・・・・・夏の早朝は・・・・・朝露!
この笹原は太ももぐらいの高さ。無数の水滴が朝日に輝いてますなぁ。
果たして合羽を着るべきか・・・・・。しかし、今までの登りで既にズボンは汗でびっしょり。

ええぃ行ってしまえ!。と言うわけでそのまま笹平原に突入!・・・10秒で後悔するはめ・・・・・・・
すさまじい水滴。つ・冷たい。でももう今更合羽は手遅れ・・・・。失敗したぞ、これは・・・
歩みを進めるたびに、ズボンがびちゃびちゃ、パンツまでびしょびしょ。登山靴の中もぐちょぐちょ・・・
もうやけくそで、足を進める。

【笹原:奥が堂ヶ森】                             【南方面】


進むたびに、ズボン、パンツ、靴下、登山靴がどんどん重くなってくるが、目の前の堂ヶ森の勇姿に吸い寄せられて行く。
この尾根道はさえぎるものがほとんど無いので、ぐるり大展望。最高の気分です。(冷たいのを除けば・・・)

【目前の堂ヶ森】


【南方面のパノラマ】


とはいっても、やっぱり登りはしんどいなぁ。それに靴下、登山靴が浸水状態でがっぽがっぽ言っているし、
やたら重く感じだした。ゼイゼイ言いながら、やっと堂ヶ森の南稜線に到着!

おおっ〜ここで始めて二ノ森が登場!。
(正確には手前の鞍瀬の頭の向こう側で見えないが、小さな事にはこだわらない。)

【堂ヶ森少し南より二ノ森方面の展望】


さて、左を見ると、堂ヶ森の反射板がお待ちかね。
笹をかき分け、やっとこさ来ました。堂ヶ森(1689m)山頂到着!
三等三角点「堂ヶ森」も鎮座しています。
しかしこの反射板、何に使っているのかな?TV用だと、地デジ対応なのだろうかと、いらん心配までしてしまった。

【堂ヶ森反射板】                                【堂ヶ森山頂到着】


さて、堂ヶ森山頂から改めてみると、「五代の別れ」へも、よだれの出そうな笹原大平原が続いている。
だいぶん靴の水分も抜けてきたし、ここはやっぱり初志貫徹!。二ノ森も行きましょう!

でも、この時点でだいぶ疲れが・・・やはり朝露との戦いは厳しかった・・・・(と言うより、完敗??)。
と言うことで、ここでシャケおにぎり1個食べる。塩分、炭水化物で多少体力復活!(したような気がする)

【堂ヶ森山頂より二ノ森方面:これから突入する笹原を望む】


堂ヶ森より、一旦下る。(もったいない。)
鞍部を越え、振り返ると堂ヶ森が見送ってくれる。
ちょっと下に新しい避難小屋が見える。出会った登山客に聞くと、今日12時から、この小屋の落成式らしい。
それで今日はお客さんが多いのか〜。

さて、「五代の別れ」を目指して登りは続く・・・・・。もう既に体力エネルギーはカラータイマー点滅。
チョコレートを4片ほど食べる。
別世界の絶景に精神的にはウハウハ状態なのだが、体がついて行っていない。へろへろ〜〜

【振り返ると堂ヶ森】                               【五代の別れへの登り】


登り始めて、2時間54分で「五代の別れ」に到着。「鞍瀬の頭」、「五代ヶ森」が歓迎してくれているかも?

【五代の別れから鞍瀬の頭方面】                       【五代の別れから五代ヶ森方面】


正直、体がしんどいが、目の前に二ノ森がおいでおいでしている。
ガスが出てきて不気味な雰囲気・・・・・。登りのきつい部分もありそう・・・・
しかし、ここまで来たら行かねばなるまい。更にチョコレートを口に放り込み、最後のスパートをかける。

【二ノ森への稜線】                               【二ノ森間近】


やっと、やっと到着〜。梅ヶ市登山口より3時間28分、「二ノ森」(1929m)山頂到着!
そして一等三角点「面河山」発見!

東には・・・あれは石鎚山!。なつかしい。ここで記念撮影。

【二ノ森山頂】                                    【石鎚山をバックに】


小さい写真では申し訳ないので、はい、どどーーんと西日本最高峰「石鎚山」です。
ガスっぽいのがやや残念ですが、弥山、剣ヶ峰がよく見えます。
でも、いまからあそこまで行く元気は全くない!

【二ノ森より望む石鎚山】


目的は達した・・・。それではとっとと帰りましょう。
五代の別れ付近で、かなりガスが濃くなってきた。避難小屋分岐を過ぎ、堂ヶ森への登りにかかると、
ガスが切れ、パソコンの壁紙にしたくなるような「青い空、白い雲、緑の笹原」。ええ感じです。しかし暑い!

堂ヶ森まで登り直し、後は梅が市登山口まで降りるのみ・・・・・・
しかしこれから長い下りが待っている。ここで最後の塩分補給!「金ちゃんヌードル」のお出ましです。
食っている横を何組かのお客さんが通っていく。12時の落成式への参加者でしょう。

【堂ヶ森笹原の壁紙:クリックでXGA】                   【我が山食の金ちゃんヌードル】


さぁ、食い終わったし、今から下りましょうか。約2時間で登ったので、下りには1時間半以上かかるかも・・・・

左膝をかばいつつ、ながーい下りをひょこひょこ下って行く。
両足と腰はもうガクガクです。(日頃の訓練不足じゃ!ばかもん!)

それでもって、堂ヶ森より1時間35分でやっとこさ登山口到着!。無事帰ってきました。
林道には避難小屋落成式参加者の車が多数。自動車に残っている人に聞くと、林道の管理人さんの許可を得れば
鍵を開けてくれるそうです。

【長い下り】                                    【林道到着。車が多数・・】

 
 しかし、今回の堂ヶ森・二ノ森は登り堪えのある山でした。
 徒歩距離14km、累積標高差1400m。登山時間6時間39分。
 トレーニングをさぼっていたメタボなやましん隊長には、結構きつい山でした!(とにかく暑い!長い!疲れた〜)
 真夏より、秋に登った方がええかもね。

 でもあの広大な笹原は天下一品! いい山でした!

今日の散財   
飲料水・食料 ¥2052 お茶9本、おにぎり3個、金ちゃんヌードル、チョコレート2パック
ガソリン ¥8000 byパジェロ3000
高速代 ¥7400  
合    計 ¥17452 げげ、結構かかってます。


【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】