【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】
DATA No.tz-118

山名:丸石
探検日:2008年10月12日
標高:1684.75m
登山標高差:304m
累積標高差:982m
三等三角点「丸石」(行政:徳島県三好市)
登山時間データ 時刻 時間  
見ノ越 9:47 0:00 登り
2:12
西島リフト駅 10:24 0:37
剣山・次郎笈コル 11:10 1:23
丸石山頂着 11:59 2:12
丸石山頂発 12:00 2:13 下り
昼食
込み
2:20
西島リフト駅 13:57 4:10
見ノ越 14:30 4:43
※単独登山:日帰りモード

奥中央のピーク

1.久しぶりの山歩き
世の中はさわやかな秋の行楽3連休。一方やましん隊長は県外へのお出かけなど無理な状況。
ストレスたまる〜〜!!!。なんとか1日だけでも山に登りましょうか!
・・・・・とは言っても、やましん隊長はもう3ヶ月近くどこにも登っていない!トレーニングも全くしていない!
体重も順調にリバウンド中。生活習慣病は境界域!こんな状態で大丈夫か 

それではということで、あまり標高差のない「丸石」に目標決定!
(だが標高差がないので楽と思っていたのは大きな誤りであった。気付くのが遅かった・・・後の祭り・・)

今回はあくまで「丸石」が目標なので「剣山」「次郎笈」はトラバースする。
しかし、これではあまりに情けないので、リフトは使わず見ノ越、剣神社より登山道を登る事にする!(これが敗因)

7時30分に自宅を出発。高速道を「美馬IC」で降りる。9時30分に見ノ越しに着くも既に駐車場はほとんど満杯。
昨日の徳島新聞で剣山の紅葉が写真入りで報道されたため、異常に混んでいる。
なんとか最後の空きスペースに駐車し、そそくさと足揃えを済ませ、9時47分登山開始。

【駐車場ほぼ満杯】                               【剣神社登山口】


2.すさまじき体力の衰え
気温は約10℃。いつもの長袖のジャージっぽい上着にジーパンを選んだが、やはり登り始めると暑い。
10分で既に汗だく。20分で暖機終了。無理をせずダラダラ登って行く。

37分でリフト西島駅に到着。Tシャツはぐっしょり。早くも足がだるい。なまっとるなぁ〜
さすが今日はお客さんが多い!。大勢が写真を撮りまくっている。
丸石まではまだ先が長いので、休憩無しで次郎笈峠へ向けて進む。

この道中でも結構、綺麗に紅葉している樹木が楽しめる。

【西島リフト駅到着】                               【剣山下の紅葉道】


途中、見晴らしのよい展望台付近からは次郎笈が見えるが、広葉樹林の紅葉は峠より下になる。
もっと日が照っていたら、より鮮やかだろうが、薄曇りでイマイチですな。

【次郎笈峠の紅葉】


さて見ノ越より1時間20分ほどで剣山と次郎笈のコル(次郎笈峠)に到着。
振り返ると剣山のお見送り。こちらからは紅葉はほとんど見えない。

小さなコブを越えて行くと、次郎笈への直登道と、トラバース道への分岐点に到着。ここは丸石へ向けてトラバースする。

【振り返ると剣山】                                【次郎笈トラバース道入り口】


やましん隊長、ここから先はまだ行ったことがなかったが、想像以上の景観に感動!
しっかりした水平の巻道に、鮮やかな紅葉樹木がぽつんと見え、パソコンの壁紙にでもしたい風景です。
(ということで、画像サイズはXGAにしてあります。)

【次郎笈トラバース道(壁紙モード1024×768)】


気持ちよかったトラバース道をすぎると、次郎笈山頂から西へ下る道と合流する。
この先も快適な尾根道が続く。ええ気持ちやぁ〜♪

【トラバース道終了】                               【丸石への稜線】


・・・・と、気分は非常にハイになっているが、既に結構疲れが来てますなぁ・・・・・
リフトを使わずに登った体は既に冷えてしまった。さらに丸石までは一旦下らなければならない。
道はどんどん下る・・・ああ、もったいない。
振り返ると次郎笈の西斜面が結構いい山容でがんばってます。(紅葉もなかなかじゃ)

【振り返ると次郎笈西斜面(壁紙モード1024×768)】


下ってしまった・・・・・。登り始めて1時間半。
快適な笹の稜線なのだが、丸石への登り返しに喘ぐ。ここ最近、全く運動をしていない結果がこれである。
一旦冷えてしまった体が重い。足がなかなか前に進まない。
剣山スーパー林道からの登山道と合流するコルを越え、「丸石」はもう目の前!でもしんどい〜
20歩歩いてはひと休みを繰り返す。

【次郎笈〜丸石のコル(登山道合流)】                   【近くに見えるのだが・・・】


や・やっと来た〜!
見ノ越、剣神社より2時間12分で「丸石」山頂1684.75m到着。
三等三角点「丸石」も健在!

しかし・・・しかし何でこんなに人が多いの???
聞くと、高ノ瀬からスーパー林道経由で小学生の子供会らしき団体が来ているそうで、せまーい山頂は超満員!
やましん隊長、ヘロヘロ状態ではあったが、座る場所もないので速攻で下ることにする。

【丸石山頂】                                   【団体さんで超満員〜】


とは言っても、既にカラータイマーは点滅を通り越して、ほとんど消えかかっている。
早くエネルギーを補給せねば!

よたよたと今来た道をとって返し、コル西のピークから少し降りた斜面にへたり込む。
今日は副隊長が作ってくれた「ついで弁当」(別のイベントで弁当を作るとき、ついでに作ってくれる事がたまにある。)
塩分とカロリー補給じゃぁ〜〜

【丸石から見る剣山、次郎笈。左下の小ピークで弁当食う】        【ついで弁当】


さてさて、飯は食った。これで少しは元気になったはず・・・・そのはずであったのだが・・・・・
次郎笈トラバースまでの登り返しでまたまたへろへろ〜〜バテバテ〜〜。

やっとこさトラバース道と同じ標高まで登り返すと、だいぶ日差しも良くなり、次郎笈の紅葉を楽しむ余裕が出てきた。

【帰り道、次郎笈西斜面の紅葉を楽しむ(壁紙モード1024×768)】


・・・・あとはほとんど水平の道を西島リフト駅まで帰り、その後下るだけ・・・・・・のはずであったが、
剣山・次郎笈のコルにある小ピークのアップダウンを通過中、急に太ももがつりそうになり、足を押さえてぐっとこらえる。

その時、目の前を歩いていた80才ぐらいのご老人が、太ももがつったと言って急に道脇に横たわった。(びっくり!)
一緒に来ているらしい3人が面倒を見ている・・・。

・・・・やましん隊長44才。「わしゃこのおじいさんと同レベルか・・・」と、あまりの情けなさに暫し落ち込む(T_T)
しかし、この場で一緒に座り込むことは意地でも避けたい。30m先の岩までなんとかたどり着き、写真を撮るふりをして5分ほど休憩。
その後、なんとか復活!。西島リフト駅直下の幕営地から剣山の紅葉を堪能する。

【剣山紅葉(壁紙モード1024×768)】


無事下山したものの、なんだこの醜態は・・・・・(T_T)
こりゃ急に百名山に登るチャンスが来ても行けまへん。
たぶんやましん隊長の足の筋肉は霜降り、肝臓はフォアグラ状態でしょう!。
3000m級に登るため、いちから鍛え直すぞぅ!

それはそれとして、今日は帰って中華料理で生ビールと来たもんだ!
(トレーニングは明日から・・・。ダメだなこりゃ〜)

 でも累積標高982m。このルートはちょっとしんどかった〜!

今日の散財   
朝食・飲料水・食料 ¥1345 お茶6本、サンドイッチ、金ちゃんヌードル、カフェオーレ
ガソリン ¥2200 byパジェロ3000
高速代 ¥500  
合    計 ¥4045  


【やましん探検隊登山編一覧へ】               【やましん探検隊トップページへ】